1
/
5

福利厚生「書籍購入制度」のご紹介


ポートでは、そのような自己研鑽に励む社員をサポートするための福利厚生として、「書籍購入制度」をご用意しています。今回は、本制度についてご紹介いたします!

新卒総合職|
|22卒・総合職|事業拡大に伴い採用継続中!まずは説明会へお越しください
「あったらいいな」ではなく、「なくてはならない」を創造し、世の中の全ての人々に幸せを届けること。 市場競争のなかで、単に会社を拡大させたり、誰かの真似事をしたりするのではなく、 私たちが「解決したい社会課題」に対して、あるべき未来を描き、 様々な障壁を乗り越え、事業を創り上げていくこと。 「世界中に、アタリマエとシアワセを。」 これが、PORTのミッションであり、大切にしている価値観です。 PORTでは、数多くある社会課題の中でも、人生の中で体験回数が少ない領域を「非日常領域」と定義し、当該領域が抱える社会課題に対して重点的にアプローチしています。 人生での体験回数が少ない領域は、ユーザーにとってノウハウが溜まりづらく、意思決定をするにあたって不透明性の高い領域です。 そのため、ユーザーの意思決定そのものが社会課題に発展していることが多い領域であると考えています。 そこで、当社は、それらのマーケットに最適解となるソリューションを創出することで、構造的な社会課題の解決を目指しています。 私たちと一緒に、「社会を動かす仕事」をしませんか?
ポート株式会社

書籍購入制度とは

「書籍購入制度」とは、業務上必要な書類の購入を会社がサポートする制度です。
未経験の業務をする際に本を読みながら理解を深めたり、業務を行う中での課題感に応じて書籍を購入するなど、様々な目的に活用することができます!

書籍購入制度のメリット

☆自分では買えない専門的な書籍を購入できる(教科書、専門誌など)
☆書籍代を負担してもらうことで、本以外の自己研鑽にお金をかけることができる。


事務職
事業の拡大を支える!事務サポート担当を募集!
「あったらいいな」ではなく、「なくてはならない」を創造し、世の中の全ての人々に幸せを届けること。 市場競争のなかで、単に会社を拡大させたり、誰かの真似事をしたりするのではなく、 私たちが「解決したい社会課題」に対して、あるべき未来を描き、 様々な障壁を乗り越え、事業を創り上げていくこと。 「世界中に、アタリマエとシアワセを。」 これが、PORTのミッションであり、大切にしている価値観です。 PORTでは、数多くある社会課題の中でも、人生の中で体験回数が少ない領域を「非日常領域」と定義し、当該領域が抱える社会課題に対して重点的にアプローチしています。 人生での体験回数が少ない領域は、ユーザーにとってノウハウが溜まりづらく、意思決定をするにあたって不透明性の高い領域です。 そのため、ユーザーの意思決定そのものが社会課題に発展していることが多い領域であると考えています。 そこで、当社は、それらのマーケットに最適解となるソリューションを創出することで、構造的な社会課題の解決を目指しています。 私たちと一緒に、「社会を動かす仕事」をしませんか?
ポート株式会社


▼購入制度を活用している社員に制度の活用方法をインタビューいたしました!


Q1:書籍購入制度をどのように役立てていますか?

A:法務部の業務と社内報の業務を行う中で以下の目的で活用しています。
・法務実務の参考にするため
・資格試験勉強のため(ビジネス法務検定、IPO実務士、個人情報保護士)
・社内報の参考にするため

Q2:これまでどんな書籍を購入しましたか?

A:一例ですが、こんな本を読みました。
他にも色々と仕事に関わる本を読んでいます!
・ここだけ押さえる! 会社法のきほん 第2版
・ビジネス実務法務検定試験Ⓡ2級公式問題集〈2021年度版〉
・広報会議2020年8月号 従業員エンゲージメント・テレワーク

Q3:書籍を購入して、どのように仕事で役立ちましたか?
法学部やロースクールを出ていないので、法務に関わる専門的な知識を勉強するために、役立てています。
たとえば、
・契約に関わる業務
・株主総会や取締役会などの機関運営
・M&Aやアライアンスにおける登記等の事務手続き
・コーポレートガバナンス
について学び、日常業務の背景の理解に役立てています。

Q4:書籍購入の申請は大変ではないですか…?

A:簡単に注文できます。
必要な時に欲しい知識を吸収するのに有効活用しています!


インサイドセールス
インサイドセールス|就活前に差をつける_成長支援型の学生インターン大募集!
「あったらいいな」ではなく、「なくてはならない」を創造し、世の中の全ての人々に幸せを届けること。 市場競争のなかで、単に会社を拡大させたり、誰かの真似事をしたりするのではなく、 私たちが「解決したい社会課題」に対して、あるべき未来を描き、 様々な障壁を乗り越え、事業を創り上げていくこと。 「世界中に、アタリマエとシアワセを。」 これが、PORTのミッションであり、大切にしている価値観です。 PORTでは、数多くある社会課題の中でも、人生の中で体験回数が少ない領域を「非日常領域」と定義し、当該領域が抱える社会課題に対して重点的にアプローチしています。 人生での体験回数が少ない領域は、ユーザーにとってノウハウが溜まりづらく、意思決定をするにあたって不透明性の高い領域です。 そのため、ユーザーの意思決定そのものが社会課題に発展していることが多い領域であると考えています。 そこで、当社は、それらのマーケットに最適解となるソリューションを創出することで、構造的な社会課題の解決を目指しています。 私たちと一緒に、「社会を動かす仕事」をしませんか?
ポート株式会社

<利用方法>

書籍購入までのステップはとっても簡単です!
①購入したい本を決める
自分にどんな知識があれば、業務に役に立つのか考えます。

②購入申請を出す
総務宛に、書籍発注依頼フォームを入力し、書籍注文のための申請を出します。

③本が届く
会社の予算で購入した本なので、会社の書籍になります。
他の人が使うこともあるので、従業員全員で書き込みなどせず大切に使っています。

あとがき(執筆:間宮)

今回は、スキルアップに役立つ制度を紹介しました!
私も本の出費が多くなってきたので、書籍購入制度を利用して仕事に役立つスキルを身につけていけるように頑張りたいと思います!

ポート株式会社's job postings
6 Likes
6 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more