This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

2ヵ月で私の人生が変わった。期間限定のインターンから新卒社員になった理由とは!?

2019年度の新卒社員として入社した高橋あやさん(ニックネーム:あやぱん)は、もともとは内定先が決定している“期間限定のインターン生”でした。しかし、約2ヵ月間の業務を経て、最終的に彼女が選んだ就職先はなんとPOL。当初の予定とは違う形で社会人スタートを切ったのは、本人も想定外だったようです。

なぜ、高橋さんは大手企業からの内定を辞退してまでPOLを選んだのでしょうか?短期間のうちに心をゆさぶられた出来事とは?詳しく聞いてみました!

BUMP FRIDAY、全国合宿 etc “エモい組織”の魅力にグッと引き込まれた

――高橋さんは、インターン初日から“あやぱん”と呼ばれ、すぐに会社に馴染んでいた印象でしたが、他社の内定を辞退してPOLに正式入社するとは!本当に驚きました!!

自分でもビックリしています(笑)。

内定企業への入社までの間に「1年目で新人賞を取るためのスキルを身につけたい」と思ってPOLへジョインしたので、まさか社員になるとは夢にも思わず。

当初は「勢いのあるスタートアップのベンチャー企業」というくらいの認識しかありませんでした。私自身が文系出身なので、POLの事業領域である理系学生の課題も深くは知らなかったですし。

――最初に「POLっていいな」と思った出来事は何でしたか?

毎週金曜日に全社が集まって、お互いの頑張りを称え合う「BUMP FRIDAY」です。2月末に初めて参加して、そのエモーショナルな雰囲気に触れた時「なんて素敵な会社なんだろう!」と感激しました。

こういう場を創出できること自体が素晴らしいですし、そのプロセスも唯一無二。登壇する1人ひとりが自らの頑張りを“伝わる言葉”で発表し、聞き手はそれを真摯に受け止め、称えるんですが、当時入って間もない私にもとびきりのBUMPをしてくれて。本当に嬉しかったし、翌週もっと頑張ろうと思えました。

でもその時は入社するとは考えず、「すごくいい会社だな。2、3年後の転職先になればいいなあ」と妄想する程度でした。今振り返ると、すごく傲慢な考えですが(笑)。


――その次に、高橋さんの心を動かしたタイミングは?

3月初旬に行われた全国合宿です。社員だけでなく、全国のインターン生も集合し、各々のマインドセットやキャリアの考え方を発表・共有する場なのですが。そのタイムテーブルの中に「淡々と日常生活を営む“動物園”と、困難の多い環境下でチャレンジし続ける“ジャングル”、どちらの環境がいいか」をテーマにディベートするワークがあって。

これを自分の進路に置き換えると、動物園は大手である内定企業、ジャングルはPOLのようなスタートアップのベンチャー企業。そう捉えてみて初めて「私、本当はどっちの方向に進みたいんだろう?」と深く考えるようになりました。一瞬「もしかしたら、POLにこのまま進んだ方がいいのかも?」と思い、そのまま突っ走りそうになったのですが(笑)、合宿の“熱い雰囲気”に飲まれている自分にも気づいていたので、一度冷静になろうと持ち帰りました。

「成長って何だと思う?」その問いかけが、POL入社への決め手に

――とはいえ、内定企業への入社日も差し迫っていたのでは?

はい。なので自分で「3月15日まで」と期限を決めて、検討しました。でも、考えても考えても自分の心が定まらず、結局内定を辞退しました。ゼロベースで“働くこと”ともう一度向き合おうと思ったんです。

将来目指しているのは「その人にしか出せない価値」がある女性です。結婚して仕事と家庭の両立を考えた時に、例え時短勤務であってもその価値があれば、成果は出せるんじゃないか、と。「スピード感をもって成長できる企業に行きたい」、その一心で就活を再開しました。

自分が思い描く成長環境とは、フィードバックをたくさんもらえる、大きな裁量権を持たせてくれるというイメージ。でも結局、自分の力では探し当てることができなかった。そこで、POLのメンバーに相談したんです。

――誰に、どのような相談をしたんですか?

「どんな成長環境がある企業だと、なりたい自分に近づけるのか」をテーマに、代表の加茂さん、所属先の上長の宮崎さん、LabBase事業責任者の松崎さんにミーティングをしてもらって。

加茂さん、宮崎さんは「あやぱんはどんな環境でも頑張っていけると思うから、一緒に就職先を探していこう」と親身になって相談に乗ってくれました。でも松崎さんからは「あやぱんにとって成長って何だと思う?」と逆に問いかけられて。私が言葉に詰まってしまったところで、POLのバリューの1つである『Iceberg Mind』の話をしてくれたんです。

※POLのバリューについてはこちら


↑ POLの共同創業者・取締役である吉田行宏の著書『成長マインドセット』より


「成果の下には、“能力・スキル”“ふるまい・習慣・行動”があるけれど、POLが大切にしているのは“想い”。ここを強くしていくことが、アイスバーグそのものを大きくし、成長につながるんだよ」。……一通り説明し終えた松崎さんは「じゃあ、続きは次回に!」と言って、会議室を出てしまいました。残された私は、呆然。しばらく思考停止状態に陥りました。

「なぜ、私の質問に答えてくれなかったんだろう?」「今の話が一体何につながっているんだろう?」「なぜ私は、思考停止しているんだろう??」――しばらく経って、それは「私が“想い”ではなく、“スキル”や“ふるまい”だけをクローズアップして、成長を語っていたからだ!」と分かったんです。

――その後の行動に変化はありましたか?

「自らのマインドを大切にできる企業」を軸に就職先を探し始めました。でも、POL以外に見つけることはできなかった。そこで、ようやくPOLに入社する覚悟が決まりました。

実は心のどこかでは「POLに入りたい」という気持ちはずっとあって、それに自分も気づいていたはずなのに、怖くてなかなか踏み出せなかった。その理由は、優秀なメンバーたちについていける自信が持てなかったから。他社と検討しているふりをしながら、実は逃げていたんですよね。でも、松崎さんからの問いかけによって、決心がついたんです。

単なる一員ではなく「会社をつくる側」として。社会貢献度の高い事業に全力で取り組む

――入社したいという意向はいつ伝えたんですか?

3月28日です。本当にギリギリのタイミングでした。
加茂さんに「メンバーや環境がすごく好きだから、メンバーの一員になりたい」と話したところ、「スタートアップのフェーズでジョインしたんだから、一員ではなく、一緒に会社をつくっていくという気概でやっていこう」と言われて。本当にその通りだな、と腹落ちしました。今は一日中、POLのことで頭がいっぱいです。

――インターン開始から今月までの所属はカスタマーサクセスでしたが、来月から営業に異動するそうですね。今後やっていきたいことはありますか?

4ヵ月間在籍したカスタマーサクセスでは、「システムを活用できていない既存顧客」へのヒアリングを50社ほど行いました。異動する前に、個社ごとのまとめを抽象化して、企業ごとのアプローチ方法に関する提言を現場に伝えたいと考えています。

今後、営業チームではゼロから何かをつくる、仕組み化する、というプロジェクトに携わりたいです。そしていつかその知見を活かし、開発途上国の課題解決にも取り組みたいと考えています。母親のルーツがタイということもあり、ライフワークにしていきたい領域なんです。

紆余曲折ありましたが(笑)、こうしてPOLで社会貢献度の高い事業に関われることを光栄に思っています!


――高橋さん、ありがとうございました!これからも一緒にがんばりましょう!!

多様性あるフラットな組織で、共に成長できる仲間を募集中!

POLにはカルチャーに共感する仲間が集まり、常に高い目標を掲げて成長を続けています。現在、複数の職種にて、共に働く仲間を募集中!少しでも興味を持ってくださった方、まずは1度気軽にお話してみませんか?

新規開拓営業
理系学生の実りある就職活動を支援!自社開発プロダクトのセールス担当を募集!
【研究者の可能性を最大化するプラットフォームを創造する】 株式会社POLは、理系の研究生を対象にした人材紹介サービス、研究者向けのメディア運営などを展開している企業です。2016年に設立されたベンチャー企業ですが、既に複数の事業を走らせています。 《提供中のサービス》 ◆LabBase(ラボベース) 全国の理系学生にアプローチできるダイレクトリクルーティングサービス https://labbase.jp/ ◆LabBase X(ラボベース クロス) 共同研究者を大学問わず検索し、コンタクトが取れるデータベース https://material.labbase.jp/x/business/ ◆Lab-On(ラボオン) 研究に関わるすべての人を対象にした、研究の未来をデザインするコミュニティメディア https://lab-on.jp/ 【お客様は大手からベンチャーまで多岐にわたる】 サービスが好評をいただき、着実にお客様を増やしてきました。2019年現在で、キヤノン、パナソニック、本田技研工業(敬称略)をはじめとした約140社の企業様にご利用いただいています。また、サービスに登録している学生は15,000人を超えました。 *株式会社POL 公式サイト https://pol.co.jp/ *Forbes Under 30 Asia 2019のHealthcare & Science部門に、注目の若手30名のうちの1名として選出されました。 https://www.forbes.com/under30/list/2019/asia/healthcare-science/#36908dc96c98 *弊社代表加茂がTechCrunch Tokyo 2018 スタートアップバトルにて、バンダイナムコ賞とさくらインターネット賞をダブル受賞した際のプレゼンをご覧ください。 https://www.youtube.com/watch?v=LeCFJYE-ldQ
株式会社POL
経営企画
代表直下のポジションで活躍できるポジション|一人目の経営企画メンバー募集!
【研究者の可能性を最大化するプラットフォームを創造する】 株式会社POLは、理系の研究生を対象にした人材紹介サービス、研究者向けのメディア運営などを展開している企業です。2016年に設立されたベンチャー企業ですが、既に複数の事業を走らせています。 《提供中のサービス》 ◆LabBase(ラボベース) 全国の理系学生にアプローチできるダイレクトリクルーティングサービス https://labbase.jp/ ◆LabBase X(ラボベース クロス) 共同研究者を大学問わず検索し、コンタクトが取れるデータベース https://material.labbase.jp/x/business/ ◆Lab-On(ラボオン) 研究に関わるすべての人を対象にした、研究の未来をデザインするコミュニティメディア https://lab-on.jp/ 【お客様は大手からベンチャーまで多岐にわたる】 サービスが好評をいただき、着実にお客様を増やしてきました。2019年現在で、キヤノン、パナソニック、本田技研工業(敬称略)をはじめとした約140社の企業様にご利用いただいています。また、サービスに登録している学生は15,000人を超えました。 *株式会社POL 公式サイト https://pol.co.jp/ *Forbes Under 30 Asia 2019のHealthcare & Science部門に、注目の若手30名のうちの1名として選出されました。 https://www.forbes.com/under30/list/2019/asia/healthcare-science/#36908dc96c98 *弊社代表加茂がTechCrunch Tokyo 2018 スタートアップバトルにて、バンダイナムコ賞とさくらインターネット賞をダブル受賞した際のプレゼンをご覧ください。 https://www.youtube.com/watch?v=LeCFJYE-ldQ
株式会社POL
バックエンドエンジニア
アカデミアの課題を解決するインパクト大のサービス開発!エンジニア募集
【研究者の可能性を最大化するプラットフォームを創造する】 株式会社POLは、理系の研究生を対象にした人材紹介サービス、研究者向けのメディア運営などを展開している企業です。2016年に設立されたベンチャー企業ですが、既に複数の事業を走らせています。 《提供中のサービス》 ◆LabBase(ラボベース) 全国の理系学生にアプローチできるダイレクトリクルーティングサービス https://labbase.jp/ ◆LabBase X(ラボベース クロス) 共同研究者を大学問わず検索し、コンタクトが取れるデータベース https://material.labbase.jp/x/business/ ◆Lab-On(ラボオン) 研究に関わるすべての人を対象にした、研究の未来をデザインするコミュニティメディア https://lab-on.jp/ 【お客様は大手からベンチャーまで多岐にわたる】 サービスが好評をいただき、着実にお客様を増やしてきました。2019年現在で、キヤノン、パナソニック、本田技研工業(敬称略)をはじめとした約140社の企業様にご利用いただいています。また、サービスに登録している学生は15,000人を超えました。 *株式会社POL 公式サイト https://pol.co.jp/ *Forbes Under 30 Asia 2019のHealthcare & Science部門に、注目の若手30名のうちの1名として選出されました。 https://www.forbes.com/under30/list/2019/asia/healthcare-science/#36908dc96c98 *弊社代表加茂がTechCrunch Tokyo 2018 スタートアップバトルにて、バンダイナムコ賞とさくらインターネット賞をダブル受賞した際のプレゼンをご覧ください。 https://www.youtube.com/watch?v=LeCFJYE-ldQ
株式会社POL
新規事業営業
産学連携を加速させるプラットフォームを開発!新規顧客獲得を担う営業を募集
【研究者の可能性を最大化するプラットフォームを創造する】 株式会社POLは、理系の研究生を対象にした人材紹介サービス、研究者向けのメディア運営などを展開している企業です。2016年に設立されたベンチャー企業ですが、既に複数の事業を走らせています。 《提供中のサービス》 ◆LabBase(ラボベース) 全国の理系学生にアプローチできるダイレクトリクルーティングサービス https://labbase.jp/ ◆LabBase X(ラボベース クロス) 共同研究者を大学問わず検索し、コンタクトが取れるデータベース https://material.labbase.jp/x/business/ ◆Lab-On(ラボオン) 研究に関わるすべての人を対象にした、研究の未来をデザインするコミュニティメディア https://lab-on.jp/ 【お客様は大手からベンチャーまで多岐にわたる】 サービスが好評をいただき、着実にお客様を増やしてきました。2019年現在で、キヤノン、パナソニック、本田技研工業(敬称略)をはじめとした約140社の企業様にご利用いただいています。また、サービスに登録している学生は15,000人を超えました。 *株式会社POL 公式サイト https://pol.co.jp/ *Forbes Under 30 Asia 2019のHealthcare & Science部門に、注目の若手30名のうちの1名として選出されました。 https://www.forbes.com/under30/list/2019/asia/healthcare-science/#36908dc96c98 *弊社代表加茂がTechCrunch Tokyo 2018 スタートアップバトルにて、バンダイナムコ賞とさくらインターネット賞をダブル受賞した際のプレゼンをご覧ください。 https://www.youtube.com/watch?v=LeCFJYE-ldQ
株式会社POL
UI/UX designer
急成長スタートアップで活躍したいUI/UXデザイナー募集!
【研究の可能性を最大化するプラットフォームを創造する】 株式会社POLは、理系の研究生を対象にした人材紹介サービス、研究者向けのメディア運営などを展開している企業です。2016年に設立されたベンチャー企業ですが、既に複数の事業を走らせています。 《提供中のサービス》 ◆LabBase(ラボベース) 全国の理系学生にアプローチできるダイレクトリクルーティングサービス https://labbase.jp/ ◆LabBase X(ラボベース クロス) 共同研究者を大学問わず検索し、コンタクトが取れるデータベースhttps://material.labbase.jp/x/business/ ◆Lab-On(ラボオン) 研究に関わるすべての人を対象にした、研究の未来をデザインするコミュニティメディア https://lab-on.jp/ 【お客様は大手からベンチャーまで多岐にわたる】 サービスが好評をいただき、着実にお客様を増やしてきました。2019年現在で、三菱重工、Amazon Web Services、パナソニック、本田技研工業(敬称略)をはじめとした約120社の企業様にご利用いただいています。また、サービスに登録している研究生は10000人を超えました。 *株式会社POL 公式サイト https://pol.co.jp/ *Forbes Under 30 Asia 2019のHealthcare & Science部門に、注目の若手30名のうちの1名として選出されました。 https://www.forbes.com/under30/list/2019/asia/healthcare-science/#36908dc96c98 *弊社代表加茂がTechCrunch Tokyo 2018 スタートアップバトルにて、バンダイナムコ賞とさくらインターネット賞をダブル受賞した際のプレゼンをご覧ください。 https://www.youtube.com/watch?v=LeCFJYE-ldQ
株式会社POL
株式会社POL's job postings
7 Likes
7 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more