This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

「マーケティング思考×デザイン力」で企業価値向上を目指す――元SansanデザイナーがPOLへ入社を決めた理由

2018年10月にデザイナー第1号として入社した米田万悠里(よねだ・まゆり)さん。Sansanでデザイナーをしていた米田さんが、スタートアップ企業かつデザイナーの基盤が整っていないPOLへ入社を決めたのはいったいなぜなのでしょうか?今回は、POLへの転職理由やデザイナーとして成し遂げたいことを中心にお話を伺います。

会社をまるごとデザインしたい!責任と裁量権を求めて転職

ーPOLに入社する以前の経歴を教えてください。

名刺アプリ「Eight」などで知られるSansanでデザイナーとして働いていました。Sansanに入社したのは、働く社員さんに惹かれたからです。面接時に自分でデザインした履歴書を持っていったら驚かれていて、熱心に「うちに来なよ」って言ってくださったんです。正直他社のグラフィックデザイナー職と迷っていたのですが、「絶対うちに入ったら楽しめるよ」とおっしゃってくださったのが心強くて(笑)。

入社後は、アプリや販促物、サイトデザインなど会社全体のデザインに関する業務を全て担っていました。1つの業務だけでなく、幅広く携わることができたのは大変良い経験だったなと振り返ります。

ー転職しようと思ったのはなぜですか?

他の会社でもデザイナーとして通用するのか、自分を試したくなったからです。スタートアップ企業・中堅企業・大手企業の3つの軸で、Sansanと同じように広範囲でデザイン業務に携われる企業を探していました。その中で何社かから内定をもらえたのですが、最終的にはどれくらいの責任や裁量を与えてもらえるかを重視していましたね。

ーPOLを選んだ決め手はなんだったのですか?

2次面接の時に、加茂さんと渡辺さんが、「今のPOLがデザイナーに求めていること」「POLにおけるデザイナーの存在意義」について話してくださったことです。上長が、デザイナーの業務や役割に理解がある企業って魅力的だなと思いました。

ーとは言え、スタートアップ企業に転職することに不安はありませんでしたか?

不安がなかったと言えば嘘になりますが、一度デザイナーとして自分のことを死ぬほど追い詰めてみたいなと思っていたので(笑)。そういう点でも、デザイナー組織が整っていないPOLで仕事をすることは、むしろ面白そうだなと思ったんですよね。

マーケティング思考でデザインすることが求められる

ー実際POLに入社してみて、どのように感じていますか?

デザイナーの業務領域が広いこと、デザイナー同士だけでなく、デザイナー以外のメンバーとも業務を進める上でのやり取りが多いことが楽しいですね。例えば、今は春にリリース予定の画面デザインをしているのですが、自分でマーケティングデータを基にデザインしていく経験って今までなかったので、毎日が刺激的ですし、デザイナーとしての知見を深めているなと感じています。

ーマーケティング思考を求められることに抵抗はなかったのでしょうか?

むしろ「やってみたい!」と思っていたので、大歓迎でしたね(笑)。面接時に「数字的なところも見てほしい」ということを聞いていて、私のやりたいことと会社から求められていることが一致しているなと思っていました。

というのも前職の時、マーケティング部と手を組んで、Facebookバナー広告のABテストをやったことがありました。その時に、デザインが違うだけでユーザーに伝わる効果がくっきり分かれたのを見て、「こんなに変わるのか」と感動したんです。それ以来、何かをデザインする時に、より効果が高いものを作るためにはということを意識するようになりました。

だから、数字に触れながらデザインができるというのは、POLに入社するにあたり挑戦したいこと、期待していたことの1つでしたね。

「やりきる力」と「スピード」を求められたことで、自分の潜在能力に気付いた

ー他には、入社してみて気付いたことはありますか?

スピード感がすごいなと思います。スタートアップ企業だからある程度は覚悟していたのですが、入社してすぐに「このアプリを1ヵ月で作って」と言われた時はびっくりしましたね(笑)。まだ何もない状態でしたし、当時デザイナーはインターン生1人と私だけで。間に合うかどうかよりも「間に合わせるしかない」と、とにかくやり切りました。

ー1ヵ月でゼロからとは…すごいですね。

やり切った時は、本当に嬉しかったですね。と言うのも、正直、これまでの人生を振り返って、自分がこんなにガッツのある人間なんだと思っていなかったので。「あ!私こんなにやり切れる人間なんだ!」って思いました!

POLに入る前は、デザイナーって労働環境がハードになりがちで嫌だなと思っていたのですが、今は多少大変でも会社の価値を上げるために頑張るって悪くないなって思うんです。

ーそう言えば、デザイナーの社員がいない状態での入社は怖くなかったですか?

インターン生が既にいましたし、特に怖くありませんでした。POLは年齢や社歴問わず、お互いに意見を伝えあえる社風があります。だから、私の入社前からインターン生が「デザイナーの仕事は、依頼されてからすぐにできるものではない」ということを、社内にきちんと啓もうしてくれていて。そのおかげもあって、無茶ぶりされることもないですし、お互いへのリスペクトを持って仕事ができることはありがたいですね。

LabBaseを社会的ステータスのあるサービスに。デザインの力でPOLの企業価値を底上げしたい

ー入社して4ヵ月ほど経ちましたが、POLで働く魅力って何だと思いますか?

やることがたくさんあって、責任範囲が大きいところですかね。やりたいと手を挙げればやらせてもらえるので、「会社をまるごとデザインしたい」と飛び込んできた私にはぴったりだなと思います。

あと、社員だけでなくインターン生含めて全員が、自分の業務に全力で取り組んで努力しているので、負けてられないなって思えます!一緒に働く仲間が、それぞれ目標に向かって志高く仕事しているって、自分を高めるのに大切なことだなと。

ー最後に、今後POLで成し遂げたいことを教えてください。

LabBaseを使うこと自体が、ステータスになる社会にしていけたらいいなと思います。そのためにデザインの力で、POLという会社の価値観をアップできるように頑張りたいですね。細かいところで言うと、改修しきれていないデザイン領域がまだまだあるなと思っているので、徐々に現行のデザインからトンマナをそろえていきたいなと思います。

ー米田さん、ありがとうございました!

知見をシェアし合いながら、共に成長・挑戦できる仲間を募集中!

POLにはカルチャーに共感する仲間が集まり、常に高い目標を掲げて成長を続けています。現在、複数の職種にて、共に働く仲間を募集中!少しでも興味を持ってくださった方、まずは1度気軽にお話してみませんか?

フロントエンドエンジニア
研究課題を解決するプロダクトづくりに挑む!フロントエンドエンジニア募集
【研究者の可能性を最大化するプラットフォームを創造する】 株式会社POLは、理系の研究生を対象にした人材紹介サービス、研究者向けのメディア運営などを展開している企業です。2016年に設立されたベンチャー企業ですが、既に複数の事業を走らせています。 《提供中のサービス》 ◆LabBase(ラボベース) 全国の理系学生にアプローチできるダイレクトリクルーティングサービス https://labbase.jp/ ◆LabBase X(ラボベース クロス) 共同研究者を大学問わず検索し、コンタクトが取れるデータベース https://material.labbase.jp/x/business/ ◆Lab-On(ラボオン) 研究に関わるすべての人を対象にした、研究の未来をデザインするコミュニティメディア https://lab-on.jp/ 【お客様は大手からベンチャーまで多岐にわたる】 サービスが好評をいただき、着実にお客様を増やしてきました。2019年現在で、キヤノン、パナソニック、本田技研工業(敬称略)をはじめとした約140社の企業様にご利用いただいています。また、サービスに登録している学生は15,000人を超えました。 *株式会社POL 公式サイト https://pol.co.jp/ *Forbes Under 30 Asia 2019のHealthcare & Science部門に、注目の若手30名のうちの1名として選出されました。 https://www.forbes.com/under30/list/2019/asia/healthcare-science/#36908dc96c98 *弊社代表加茂がTechCrunch Tokyo 2018 スタートアップバトルにて、バンダイナムコ賞とさくらインターネット賞をダブル受賞した際のプレゼンをご覧ください。 https://www.youtube.com/watch?v=LeCFJYE-ldQ
株式会社POL
オープンポジション/幹部候補
巨大潜在市場・アカデミア領域を変革するPOLで、各領域のコアメンバーを募集
【研究者の可能性を最大化するプラットフォームを創造する】 株式会社POLは、理系の研究生を対象にした人材紹介サービス、研究者向けのメディア運営などを展開している企業です。2016年に設立されたベンチャー企業ですが、既に複数の事業を走らせています。 《提供中のサービス》 ◆LabBase(ラボベース) 全国の理系学生にアプローチできるダイレクトリクルーティングサービス https://labbase.jp/ ◆LabBase X(ラボベース クロス) 共同研究者を大学問わず検索し、コンタクトが取れるデータベース https://material.labbase.jp/x/business/ ◆Lab-On(ラボオン) 研究に関わるすべての人を対象にした、研究の未来をデザインするコミュニティメディア https://lab-on.jp/ 【お客様は大手からベンチャーまで多岐にわたる】 サービスが好評をいただき、着実にお客様を増やしてきました。2019年現在で、キヤノン、パナソニック、本田技研工業(敬称略)をはじめとした約140社の企業様にご利用いただいています。また、サービスに登録している学生は15,000人を超えました。 *株式会社POL 公式サイト https://pol.co.jp/ *Forbes Under 30 Asia 2019のHealthcare & Science部門に、注目の若手30名のうちの1名として選出されました。 https://www.forbes.com/under30/list/2019/asia/healthcare-science/#36908dc96c98 *弊社代表加茂がTechCrunch Tokyo 2018 スタートアップバトルにて、バンダイナムコ賞とさくらインターネット賞をダブル受賞した際のプレゼンをご覧ください。 https://www.youtube.com/watch?v=LeCFJYE-ldQ
株式会社POL
採用セールスコンサルタント
上位校70%の理学生8000人利用のLabBaseにて採用コンサル大募集!
【研究者の可能性を最大化するプラットフォームを創造する】 株式会社POLは、理系の研究生を対象にした人材紹介サービス、研究者向けのメディア運営などを展開している企業です。2016年に設立されたベンチャー企業ですが、既に複数の事業を走らせています。 《提供中のサービス》 ◆LabBase(ラボベース) 全国の理系学生にアプローチできるダイレクトリクルーティングサービス https://labbase.jp/ ◆LabBase X(ラボベース クロス) 共同研究者を大学問わず検索し、コンタクトが取れるデータベース https://material.labbase.jp/x/business/ ◆Lab-On(ラボオン) 研究に関わるすべての人を対象にした、研究の未来をデザインするコミュニティメディア https://lab-on.jp/ 【お客様は大手からベンチャーまで多岐にわたる】 サービスが好評をいただき、着実にお客様を増やしてきました。2019年現在で、キヤノン、パナソニック、本田技研工業(敬称略)をはじめとした約140社の企業様にご利用いただいています。また、サービスに登録している学生は15,000人を超えました。 *株式会社POL 公式サイト https://pol.co.jp/ *Forbes Under 30 Asia 2019のHealthcare & Science部門に、注目の若手30名のうちの1名として選出されました。 https://www.forbes.com/under30/list/2019/asia/healthcare-science/#36908dc96c98 *弊社代表加茂がTechCrunch Tokyo 2018 スタートアップバトルにて、バンダイナムコ賞とさくらインターネット賞をダブル受賞した際のプレゼンをご覧ください。 https://www.youtube.com/watch?v=LeCFJYE-ldQ
株式会社POL
カスタマーサクセス
クライアントの課題を本質的に解決!理系採用を変えるカスタマーサクセス募集!
【研究者の可能性を最大化するプラットフォームを創造する】 株式会社POLは、理系の研究生を対象にした人材紹介サービス、研究者向けのメディア運営などを展開している企業です。2016年に設立されたベンチャー企業ですが、既に複数の事業を走らせています。 《提供中のサービス》 ◆LabBase(ラボベース) 全国の理系学生にアプローチできるダイレクトリクルーティングサービス https://labbase.jp/ ◆LabBase X(ラボベース クロス) 共同研究者を大学問わず検索し、コンタクトが取れるデータベース https://material.labbase.jp/x/business/ ◆Lab-On(ラボオン) 研究に関わるすべての人を対象にした、研究の未来をデザインするコミュニティメディア https://lab-on.jp/ 【お客様は大手からベンチャーまで多岐にわたる】 サービスが好評をいただき、着実にお客様を増やしてきました。2019年現在で、キヤノン、パナソニック、本田技研工業(敬称略)をはじめとした約140社の企業様にご利用いただいています。また、サービスに登録している学生は15,000人を超えました。 *株式会社POL 公式サイト https://pol.co.jp/ *Forbes Under 30 Asia 2019のHealthcare & Science部門に、注目の若手30名のうちの1名として選出されました。 https://www.forbes.com/under30/list/2019/asia/healthcare-science/#36908dc96c98 *弊社代表加茂がTechCrunch Tokyo 2018 スタートアップバトルにて、バンダイナムコ賞とさくらインターネット賞をダブル受賞した際のプレゼンをご覧ください。 https://www.youtube.com/watch?v=LeCFJYE-ldQ
株式会社POL
新規事業開発
研究環境が変われば社会が変わる。研究者としても携われる新規事業開発担当!
【研究者の可能性を最大化するプラットフォームを創造する】 株式会社POLは、理系の研究生を対象にした人材紹介サービス、研究者向けのメディア運営などを展開している企業です。2016年に設立されたベンチャー企業ですが、既に複数の事業を走らせています。 《提供中のサービス》 ◆LabBase(ラボベース) 全国の理系学生にアプローチできるダイレクトリクルーティングサービス https://labbase.jp/ ◆LabBase X(ラボベース クロス) 共同研究者を大学問わず検索し、コンタクトが取れるデータベース https://material.labbase.jp/x/business/ ◆Lab-On(ラボオン) 研究に関わるすべての人を対象にした、研究の未来をデザインするコミュニティメディア https://lab-on.jp/ 【お客様は大手からベンチャーまで多岐にわたる】 サービスが好評をいただき、着実にお客様を増やしてきました。2019年現在で、キヤノン、パナソニック、本田技研工業(敬称略)をはじめとした約140社の企業様にご利用いただいています。また、サービスに登録している学生は15,000人を超えました。 *株式会社POL 公式サイト https://pol.co.jp/ *Forbes Under 30 Asia 2019のHealthcare & Science部門に、注目の若手30名のうちの1名として選出されました。 https://www.forbes.com/under30/list/2019/asia/healthcare-science/#36908dc96c98 *弊社代表加茂がTechCrunch Tokyo 2018 スタートアップバトルにて、バンダイナムコ賞とさくらインターネット賞をダブル受賞した際のプレゼンをご覧ください。 https://www.youtube.com/watch?v=LeCFJYE-ldQ
株式会社POL
株式会社POL's job postings
12 Likes
12 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more