1
/
5

自分が等身大でいられる環境で、夢中になれる仕事を。【社員インタビューvol.1】今村 光一郎

プラスディー広報担当、新卒の岡です!(岡の自己紹介はこちらの記事で

これから定期的にプラスディーの社員たちを紹介していこうと思います。
今回はその第1弾として、2020年にプラスディーにジョインした、プランナー・ディレクターの今村さんをご紹介します。発想力と他人と距離を詰めるスピード感が圧倒的で、憧れる新卒も多くいます。フレンドリーなキャラクターで、たまにいじられもしていますが。(笑)
そんな今村さんに入社までの経緯や、現在の業務内容についてお聞きしました!

PROFILE

今村 光一郎:ディレクター/プランナー「Creative Designer」
アクセンチュアグループのIMJに新卒で入社。ディレクターとしてキャリアをスタートした後、デザイナー職に従事。キャンペーンサイトディレクションの他、SNS投稿画像や動画の制作を行う。よりクライアントと近い距離で企画コンセプトから制作まで一気通貫して関わる経験をしたいと思いプラスディーにジョイン。現在は、デジタル領域を中心とした企画制作業務に携わる。
ig:https://www.instagram.com/koichiro_____021/

――プラスディーで担当した仕事で印象強いプロジェクトを教えてください

レシート買取アプリ『ONE(ワン)』のプロジェクトです。
テレビCMが放映されることが決まっていて、それに合わせて公開するにふさわしいWebサイトとはどんなものなのかを考え、toC、toB向けにサイトのディレクションを行いました。


――toC、toB向けのサイトということで、それぞれ重視した部分を教えてもらえますか?

toCサイトでは、とにかく分かりやすさを重視しました。CMを見て来る人はスマホやアプリの操作に慣れている人ばかりではありません。若者から主婦層まで幅広く「レシートをお金に変える」という体験をしてもらうためにも、どんな人でも直感的にサービスを理解し、すぐにダウンロードして使ってもらえることが必須の要件でした。そのため、文字要素は少なめにビジュアルなどの視覚要素を多くし、スクロール連動で使い方のフローを簡潔に理解してもらいやすいよう設計しました。



toB向けサイトでは、ビジネスユーザー(ONEをマーケティングに活用したい人)に向けてリサーチ会社から購入するデータとは違い、レシートから生の購買データを収集することで得られるONEならではのデータの有用性を理解していただく必要がありました。忙しい方がサービス概要を直感的に理解するにはシンプルである必要がありますが、「うちの会社でも使えるかも?」と興味を持ってもらうためにサイトで伝えるべき情報量とビジュアル面で見やすさとのバランスを探ることに苦労しました。



――今村さんがこだわった要素がクライアントに届いた実感はありましたか?

公開時は社内で拍手喝采だったみたいです!(笑)

――それは嬉しいですね!特に印象に残っているプロセスはありますか?

クライアントメンバーにUI/UXディレクターがいらっしゃって、その方と常に議論しながら一緒にXDを作り込む作業をしたのが思い出深いです。当然その方のほうがプロダクトに関する理解は高いのですが、こちらからも初見ユーザーの感覚やUIの引き出しの面でサイトの使い勝手はもちろん、メインコピーの分かりやすさなど実際ONEを使うユーザーの視点とディレクターの視点を行き来しながらいろいろと提案させていただきました。得意な部分を出し合ってつくり上げていくのが楽しかったです。

――一緒につくり上げてくのが好きなんですね

自分だけで考えたものを一人でつくり上げるよりも、自分なりのアイディアや考え方を持っている人とぶつけ合って、「確かにそれ、やばいっすね!」とかって、話し合ってつくっていくほうが好きですね。自分の考えの外側からアイデアが出てきてその方向もあるんだと発見しながら、議論できるのが企画の面白さだと思います。



――前職でもディレクターとして活躍されていたとお聞きしましたが、業務内容を教えてください

前職は新卒で入社した大きめの制作会社で、ディレクターという肩書きをいただいていました。もともとは企画や設計がやりたかったんですが、任される仕事は膨大なページのサイトの誤字脱字チェックやデバック作業で。ナショナルクライアントの大規模サイトをつくる会社だったので、そういう仕事があるのは当たり前だし、新人の僕がそれを担当することにも納得してはいたんです。任された仕事をしっかりこなして信用を得たら、やりたい仕事も任されるようになると考えていました。

――なかなかそのチャンスが巡って来なかったということですか?

運が悪いことに、僕が入社した年に会社がコンサルティング会社に買収されてしまって。やりたかった上流工程は、親会社のコンサルタントか、買収前からその業務を担当していた一部のエース社員だけが携われる領域になってしまったことで、若手がステップアップすることが難しくなっちゃったんです。

それでも自主的にデザインや写真を学んで少しでもやりたいことに近い仕事ができるよう努力を続けていたのですが、コロナ禍でリモートワークになって時間ができ、自身のやりたいことに立ち返ったとき、「やっぱり企画だよな」と改めて気付いたんです。

――プラスディーとの出会いは?

偶然でしかないのですが、転職活動中にWantedlyに載っていた『3分でPLUS-Dをわかった気持ちになれる話』を読みました。シャンディガフを飲んでそうっていう、事業と全く関係ないまとめ方をしていることや、会社を擬人化していること自体がちょっと変で、ユーモアのある会社だなと思いました。(笑)
平和主義者タイプが多いというところも自身の特性に合っていると感じたのを覚えています。

――今村さんからみたプラスディーの魅力を教えてください

目的に合わせて自由に手段を選べる柔軟性や、人の力を借りる懐の深さが魅力だと感じています。
また、決められた企画をなぞるだけではなく、上流のプランニングから携われるプロジェクトがあることも自分にとって大きな魅力です。

――今後はどういったことをやっていきたいと考えていますか?

SNSでバズらせたいとか、商品の特徴を端的に説明するLPをつくりたいとか、具体的なタスクになった依頼じゃなく、相談から入れる仕事が増えればいいなと思います。例えば、「うちの町、なんか若者の活気がないんだよね」みたいな、ふわっとした相談をいただいて、企画力やクリエイティブの力で解決するためのあらゆる手段を考えるような。地域に根ざした問題やシェアハウスなどのコミュニティ作りなど、自分が生み出したものによって人の生活や感性を豊かにする仕事をやれるように頑張りたいと思っています。


株式会社プラスディー's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more