1
/
5

フリーライターから編集長に抜擢!入社の決め手は「何か面白いことができそう」

こんにちは。Wantedlyにおけるバヅクリのストーリー執筆を担当する、ライターの渡辺です。

今回は、入社5年目の近藤頼人さんにインタビューしました。

―― これまでの経歴を教えてください

自分はバヅクリに入社するまで、ずっとフリーランスとしてウェブデザイナー、コーダー、ライターなどの仕事をしていました。どこかに所属することが苦手だったので、正社員にはなりませんでした。融通の利く働き方で、好きな活動をしていたかったんですよね

―― バヅクリとの出会いについて教えてください

バヅクリはもともとPLAYLIFEという社名で、同名のウェブメディアの運営をメインとしていました。その頃にライターを募集していたのを、代表の太一さんと共通の知り合いから聞き、太一さんと食事に行かせてもらったのがきっかけです。

―― 入社の決め手について教えてください

太一さんの人間性に惚れましたね。自分にないものを持っていて、この人といたら何か面白いことができそうだなと。「飲み会が苦手だけどアソビが好き」というところにも共感できました。

最初はライターとして仕事をさせてもらっていて、自分はSEOを意識したライティングが得意だったので、当時、僕の書いた記事のPV数が一番良かったんです。あるとき、太一さんから学生インターンに向けたライティング講習を頼まれたのですが、その講習を結構評価してもらえまして。それがきっかけとなり、PLAYLIFEの編集長に抜擢されたんです。編集長業務は未経験だったので、何もかもが手探りでのスタートでした。本を読んだり、学生インターン全員に「どうしたらもっとメディアが良くなると思うか?」といったアンケートを定期的に実施したり。太一さん目線の意見をもらい、時にはこちらの意見もぶつけ、上からも下からも揉まれながら常に試行錯誤を繰り返していました。

―― 現在の主な仕事内容を教えてください

バヅクリではマーケティングを担当しています。売る仕事ではなく、売りやすくする仕事ですね。市場調査や営業戦略を考えるほか、編集・ライターの経験を生かしてHR研究所というオウンドメディアの運営も行っています。

―― バヅクリでやりがいを感じる瞬間について教えてください

2つあって、1つは数値改善です。LPのCVやメルマガの反応を見つつ、毎週色んな施策を打ってテストを繰り返しているのですが、それらが成果として数字に表れたときは嬉しいですね。もう1つは、お客様から「バヅクリを利用して良かったです」と言っていただいたときです。バヅクリを使っていただいたお客様には毎回ヒアリングを実施しているのですが、ポジティブな反応をもらえたときに「ちゃんと良いものを売れていたんだな」と実感することができます。

―― バヅクリのプログラムで気に入っているものを教えてください

「感謝感激雨あられ」「育児対話ワークショップ」です。「感謝感激雨あられ」は、Zoomを繋ぎながらチャット機能を使い、普段なかなか言う機会がないような、ちょっとした感謝をメンバーに対して伝えるプログラムです。「そんなふうに思ってくれていたんだ」と嬉しくなり、ウルッときますね。「育児対話ワークショップ」では、パパママが普段打ち明けられない悩みや、うちの子自慢などをざっくばらんに話し合います。仕事の場では家庭の話をほとんどしないので、メンバーの違った一面が見られたり、吐き出すことで気持ちが楽になったり。自分にも子どもがいるのですが、共感してもらえることで心が軽くなった気がします。

―― 今後の目標や意気込みについて教えてください

営業の人が、もっと売りやすくなるような仕組みを作っていきたいです。自分は営業の人をすごく尊敬しているので、ツールの整備や数値改善で彼らをサポートしていけたらと思っています。一方で、開発やマーケティングは成果が見えづらいので、そこを数字などで可視化できるようにもしていきたいですね。

バヅクリ株式会社's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
Invitation from バヅクリ株式会社
If this story triggered your interest, have a chat with the team?