1
/
5

デザイナーとしてスキルアップできる場所。数社渡り歩いたデザイナーが、ORGANIC GROUPで働く理由

こんにちは、ORGANIC GROUP採用担当です。ORGANIC GROUPでは現在積極的に採用活動をしています。今回は2021年3月に入社したデザイナーの諏訪さんにインタビュー。メンズスキンケアブランド「THE FUTURE」のパッケージデザインやLP制作など、Web領域のデザインから紙媒体のデザインまで幅広い領域を担っている諏訪さんに、ORGANIC GROUPでデザイナーとして働く面白さを伺いました。

デザイン事務所~一部上場のインハウスデザイナーを経験

これまでのご経歴を教えてください。

美大を卒業してからデザイン事務所を2社経験しています。その後、香水やフレグランスを取り扱っている商社兼メーカーにインハウスデザイナーとして転職をしました。渡辺さん(現ORGANIC GROUP執行役員、STORiiY株式会社代表)と出会ったのもその時です。商品デザインや広告デザイン、店頭販促物など、幅広くデザイナーとして経験値を積ませてもらいました。

結果的には7年勤めていたのですが、年次を重ねるうちにデザインチームのマネジメントも任されるようになりまして。まだ自分のアウトプットを極め切っていない、もっと現場で手を動かしたいという気持ちが次第に強くなり、一部上場企業のインハウスデザイナーを2社経験しました。大きい会社で安定して働くのは可もなく不可もなく、それなりに満足でした。ただ、今度は「自分がやりたいことを出来ていない」感覚が生まれてしまって。

今、僕は32歳。30代半ばで「何をするか」って非常に大事だと思うんです。本当にやりたいことを常識に縛られずに成し遂げたいと思っていた時に、渡辺さんからお声掛けいただいて、2021年3月にORGANIC GROUPに入社しました。

諏訪さんがデザイナーを目指したきっかけは何ですか?

広告が好きだったことですかね。幼いころから新聞広告や駅ビルの広告などの商業的な広告デザイン、面白いクリエイティブにずっと惹かれていたんです。それを為す職業がデザイナーだと知り、高校3年生に部活を引退してから画塾に通い始めました。それからデザイナーになるために美大に入学したんです。

ロジカルな商品開発、人間味があるプロフェッショナル達

ORGANIC GROUPに入社を決めた理由を教えてください。

一言で言うなら「人」が決め手でした。

まずは尊敬している渡辺さんに誘ってもらえたことが大きかったです。前職に大きな不満があったわけではない中、ビジネスマンとして高いスキルと経験がある渡辺さんに誘ってもらえたこと、尊敬できる人がいる会社で働けることが非常に魅力的でした。

また、かおるさん(ORGANIC GROUP代表)とのディスカッションも決め手になりましたね。元々渡辺さんから「かおるさんはすごい」という話を聞いていて、自分が尊敬する人が「すごい」という人はどんな人なんだろうと思っていて。実際にお会いしたとき、ビジネスマンとして高い視座でディスカッションをできたことが印象的でした。本当にリスペクトできる人達と働けることが、自分にとって大きな決め手になったんです。

入社前、ORGANIC GROUPにどんな印象を持っていましたか?

商売上手な会社というイメージがありました。市場をよく見てニーズを深掘って、需要があるところに深く刺すことができる商品開発をしているといいますか。ただ売り上げを立てる・利益を作るだけでなく、ロジカルに商品やブランドを開発していく社風があり、尚且つスピード感を大事にしている印象でしたね。

入社前後でギャップはありましたか?

ギラギラした人たちで構成されているのかと思っていたんですが(笑)。実際は人間味がある人ばかりだったことですね。各専門分野のプロフェッショナルが集まっているにも関わらず、同僚を大事にしていて、優しくて、でも仕事は誇りを持って一生懸命にこなす。コミュニケーションを大事にしている人が多く、非常に働きやすい環境でした。

とはいえ、ベンチャー企業ということで、組織としてまだまだ発展途上な部分は多いですね。チーム体制やマネジメントにはまだまだ改善できる部分があると思います。未完成なところも含めて、この環境を楽しめるかどうかはORGANIC GROUPで働く上で重要な観点だと思います。

ウェブからリアルまで幅広い領域のデザインを担当できる

現在の役割や業務内容を教えてください。

ORGANIC GROUP全体のデザイン業務を担当しています。パッケージやメインビジュアルを含む商品デザイン全般、商品のLPやバナー制作、同梱物デザイン、店頭販促ツール(POPや什器)など、ウェブから紙まで「デザイン」が必要なところにはすべて携わっています。

ORGANIC GROUPのデザイナーチームは、現在、僕と薬師寺さんの2名体制です。(※2021年6月時点)
社歴が長い薬師寺さんから事業や文化を教わったり、デザインに関してはお互いの強みを理解して共有しあったり、切磋琢磨しながら、デザイナーチームとしての在り方を日々考えています。

入社して3ヶ月が経ちましたが、ORGANIC GROUPで働く魅力は何だと思いますか?

一番の魅力は、デザイナーとしての経験を積むのに非常に適した環境だということです。

一概に「デザイナー」と言ってもデザインの領域はとても幅広いです。ウェブデザイナー、グラフィックデザイナー、プロダクトデザイナーはそれぞれ別物。役割が細分化されているのが現状です。その中でどれだけ自分が扱えるデザイン領域の幅を広げるかでデザイナーの市場価値は変わります。僕の専門分野はグラフィックデザイン(キービジュアル、エディトリアル、店頭販促など)ですが、デジタルの部分、例えばウェブデザインは実務としての経験がまだまだ少ないです。オンライン上でのコミュニケーションが増えている昨今、通販事業を理解した上でLPやバナー制作に携わるスキルは、今後必ず自分のために活きるだろうと考えています。

ORGANIC GROUPのようにオンライン、オフライン共に強い会社で、すべての領域の「デザイン」を担当できるのは、デザイナーとして素晴らしい環境なのではないでしょうか。

僕自身、今は通販事業のプロフェッショナルに「勝てる型」を教わりながら、自分が持っている店頭販促の知識を融合させて、新しい表現ができるよう試行錯誤しているところです。LPやバナーに関しては、より良いクリック率やCVRに辿り着けるよう、日々マーケターと二人三脚で改善活動を繰り返しています。お陰様で「THE FUTURE」は売り上げを順調に伸ばしています。

なるほど、オンラインオフラインに関係なく幅広い業務領域を担当できるから、おのずとデザイナーとしても成長できると。

そうですね。また、凄まじいスピード感も、自分の成長に繋がっているように思います。

デザイナースキルの積み上げ方として、ちょっと古いかもしれないですが、僕は「案件をこなしてなんぼ」だと思っているんですね。やっぱり頭で理解していても実体験として積み上げないとスキルは付いてこないものです。さまざまな会社を経験しましたが、ORGANIC GROUPはその中でもスピード感がずば抜けています。外のデザイナーに出すと1ヶ月かかる案件も、弊社では数日から1週間で出しますし、クオリティも絶対に下げません。それだけのスピード感を持って案件をこなしていると成長スピードも段違い。非常に濃い3ヶ月を過ごしたように思います。

「THE FUTURE」のデザインアウトプット

それだけのスピード感で仕事をこなせるのは、プロジェクトリーダーに即座に意見を仰げられるからです。他社と比較しても承認フローは明らかに少ない。僕の場合は「専門領域は任せるよ」ということで、「THE FUTURE」ブランドの案件はクリエイティブの最終ジャッジを任されています。しっかり良いアウトプットを出して頑張れば、信頼してもらい、決定権をもらえる。お互いにリスペクトする環境だからこそ成立するスピード感があります。

さらに、ORGANIC GROUPは多くのブランド・商品を抱えているので、多種多様なターゲットに向けた商材のデザインを担当できるところも魅力的ですね。ウェブやリアルの垣根を越えて、さまざまなターゲットに対する効果的なアプローチを自ら考え提案することができます。デザイナーにとっては間違いなく成長できる環境です。

互いにリスペクトしあえる環境だからこそ

現在ORGANIC GROUPではデザイナーを積極的に採用していますが、諏訪さんは将来どんな方と一緒に働きたいですか?

先程もお話ししましたが、ORGANIC GROUPはチームとしても組織としてもまだまだ発展途上、骨格を作っている段階です。だからこそ、組織作りの過程を一緒に楽しめる人、デザインの力で事業や会社を大きくする意志がある人と一緒に働きたいですね。

ORGANIC GROUPは飛躍的に大きく成長できる会社だと思っています。また、デザイナーに限らず、お互いをリスペクトをする環境があります。人間味のあるプロフェッショナルが集まっているので、皆で同じ方向を見ながら、自分自身の成長も組織の成長も一緒に楽しんでいきましょう!

オーガニックグループ株式会社's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more