This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

What we do

独自の暗号通貨"CLAP"
CLAP経済圏
“Creator Good”な世界を⽬指し、独⾃の暗号通貨を⽤いたクリエイター⽀援サービスの展開をおこなっていく会社です。コアプロダクトとして独⾃の暗号通貨「CLAP」を発⾏し、ファンが⾃分たちの価値基準でクリエイターを評価できる仕組みの構築を⽬指します。また、第⼀弾サービスとして、ファンがライブ鑑賞やコンテンツ購⼊などのオフライン体験で獲得した「CLAP」をクリエイターに送り、⽀援ができるサービスを 2018 年4月に開始。

Why we do

【クリエイターと共に、世の中の感動の総量を増やしたい】 インターネットの普及によって、自分に都合の良い情報が、簡単に手に入るようになりました。 毎日の暮らしの中、目の前に出てくる最適化された選択肢の中だけでモノ・コトを判断することが多くなっているように感じます。 しかし、そんな限られた選択の連続では、新たな出会いが少なくなっていき何も感じなくなる。 そして、世の中の感動の総量は減っていきます。 ただその一方で、世界にはまだまだ心が動かされるモノ・コトがある。ただそのことに、私たちは気づけていないだけなのかもしれません。 私たちOnokuwaは、”Creator Goodな世界のために”をミッションに、クリエイティブ産業における新しい価値指標と経済圏を生み出していきます。 私たちが手を取り合うクリエイターは、”モノ・コトをつくる表現者”全員。つまり、ミュージシャンもお笑い芸人もイラストレーターも作家もです。 何故、クリエイターなのかというと、世の中の感動の総量を増やすモノ・コトは彼らから生まれるからです。 コンテンツが溢れているのにも関わらず、多くの人は限られた選択肢の中から同じモノ・コトばかり見ています。 世の中にはもっとたくさんの素晴らしいモノ・コトがあります。 より多くのクリエイターが生み出す感動を、より多くの人に届く世界をつくっていきます。 この世界の実現は、簡単ではありません。 でも、だからこそ、実現された未来が素晴らしいものであると自信を持って、Onokuwaがチャレンジしていきます。

How we do

最近オフィスがオープンしました
Onokuwaは2017年8月に石谷と森川が立ち上げた会社です。 半分以上が起業家出身、大学中退という非常にバイタリティのあるメンバーが揃っています。 弊社ではクリエイティブ産業における資本主義という根本的な課題の解決を目指しています。