1
/
5
This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

経営管理部 H.K.さん~Employee Interview

こんにちは、OKCoin Japan経営管理部の人事・wantedly担当Y.Y.です。

経営管理部は、間接部門と言われる、財務・経理、人事・人材育成、総務、経営企画業務を担う部署です。いろいろな機能がある部署ですが、一言でいえば、OKCoin Japanのビジョンを達成するため、様々な法的要件や社会課題を整理・対応しつつ、一人ひとりの従業員が同じベクトルに向かって進めていけるよう対応する部署です。

その中で今日は経営管理部部長のH.K.さんにインタビューをしました。彼はスタートアップであるOKCoin Japanに入社した理由、また現在どのような業務を担っているか、そして仕事において何を大切にしているかについて教えていただきました。

OKCoin Japanに参入した理由はなんですか。

Y.Y.:一番最初OKCoin Japanにどのようなイメージでしたか。
H.K.:面接に臨むにあたり、Wantedlyにしか情報が無かったので(笑) Wantedlyを読むと、若い従業員が多い会社だなと感じました。
Y.Y.:スタートアップ企業であるOKCoin Japanで働くにあたってどういったマインドが必要だと思いますか。
H.K.:スタートアップ企業で働く魅力は、企業が持っているポテンシャルに自己の能力を全てかけ、その結果、会社・自分ともに一緒に成長していくことだと思っています。
Y.Y.:全く同じ考えです。ではOKCoin Japanに参入した最後の決め手は何ですか。
H.K.:グローバルでの成功モデルを利用できるOKCoin Japanの潜在的な可能性とコミュニケーションを大 切にしている2点に共感できたからです。
1点目の可能性についてです。少し長くなりますが、少子高齢化に伴う労働人口縮小に伴う様々な課題、Fintechに始まる金融業界の再編、ボーダレス化、また今回のコロナ禍をはじめとしたパンデミック等々、日本社会は新たな課題や様々な問題を抱えています。合わせて、従来以上にスピード感が求められ、かつ確かな対応が求められる社会に変化しつつあると考えています。グローバルで成功を収めたOK Groupのビジネスモデルを、日本社会に合う形にスピード感を持って変化させ、危険なイメージがつきまとう暗号資産を安心・安全にお客さまに届けることで、暗号資産を新たな金融資産の一角にできると思いました。 2点目のコミュニケーションについてですが、最終的にビジネスは、人と人との信頼関係に行き着くと感じていて、コミュニケーションは、信頼関係を構築するうえでとても大切なものだと考えています。入社時の面談においてコミュニケーションを大切にしていることが伝わってきました。

OKCoin Japanから感じた魅力を教えてください。

Y.Y.:コミュニケーションを大切にしていることを感じたということですが、今でもそう感じていますか。
H.K.:様々なコミュニケーションツールが社内に導入されており、本当に便利に働くことができます。しかしながら、課題発生時の方針策定や最終的な意思決定は、関係者と対面で行っています。これだけ国籍の違うメンバーが集まっているなかで、成文化されたルールにしなくても、社員同士が自然とそのように動けること1つとっても、コミュニケーションを大切にしていることが分かります。
Y.Y.:このようなダイバーシティな環境で、どのような従業員が多いと感じましたか。
H.K.:1人ひとりの従業員が自身の価値観や経験をもとに、会社のためにアクティブに働き、日々前進していくことに重きを置いて活動していると感じています。また、小職が在籍していた企業と比べると、明るくて賑やかです。この他、最近感じることが、気が利く人が多いなと感じています。困っている人がいると自然と助けるような、人として、一番当たり前のことが当たり前にできる人が多いとも感じています。


―どのような人と働きたいですか。部下とのコミュニケーションはどうやってとっていますか。

Y.Y.:確かに、部署関係なく助け合っていますよね。H.K.さん自身はどのような人と働きたいですか。
H.K.:同じ管理職であれば、協調性とプロフェショナルマインドに基づいてプロアクティブに行動し、コスト意識をもって、結果を出すことに夢中になれる人と仕事をしたいです。若い方であれば、失敗することを恐れず、将来自分が成りたい人物像を追い求めていくような人と仕事をしたいです。
Y.Y.:H.K.さんは現在経営管理部の部長として、部下たちとはどうやってコミュニケーションを取っているのですか。
H.K.:部下との1対1のMTGは、時間が無くても必ず毎週やっています。私もそうですが、経営管理部のメンバーもやりたいことがあってスタートアップ企業であるOKCoin Japanに参加したわけです。少ない人数で結果を出していくには、同じベクトルに向かって働くことが非常に重要だと思っています。1対1のMTGでは、30分と短い時間ですが、現時点で実施している業務が会社にとってどのような位置づけなのか、また重要度や実施する意義をすり合わせています。加えて、失敗することを恐れずにチャレンジできるようにサポートしています。なるべく小さいな失敗となるべく小さな成功を積み重ねていけるよう努めています。

―OKCoin Japanで今やっていること。そしてこれからやっていきたいこと。

経営管理部は、会社経営そのものであり、経営者を補佐し、分け隔てなく全従業員が効率良く、生産性高く働くことができるよう対応・改善していく部署だと思っています。
7月の開業にむけて、業務部門、システム開発部門が集中できるような環境づくりと、ビジネスのインフラ作りをしていくことが最優先事項だと思っています。
そして、その後はOKCoin Japanを暗号資産業者として成長していけるよう、日々対応していきたいと思います。

―好きな言葉はなんですか。

・A man is not finished when he is defeated. He is finished when he quits.
 ニクソン大統領の選挙戦に関する格言です。何事もあきらめなければ可能性は無限にあると意訳してます。

・おもしろき こともなき世を おもしろく
 幕末の志士、高杉晋作が詠んだ和歌の上の句です。考え方1つで、おもろしくないことも面白くなる、何事も好奇心を持って対応するよう心掛ける言葉として好きな言葉です。

―最後に、これからOKCoin Japanに参画したい!と思っている人に向けて一言ください。

日々切磋琢磨して、OKCoin Japanを暗号資産業者として成長させていきましょう。

オーケーコイン・ジャパン's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings