1
/
5

「本当に価値があるものを作りたい」UXもUIも追求できるオハコのスタイル

今回はUIデザイナーのモロゾワさんに、オハコへの入社や、いまのキャリアを選んだ理由を伺いました!

最高のデザインをするために選んだ「UIデザイナー」

-モロゾワさんの経歴を教えてください

ロシアで大学院を出たあと、新卒で日本の企業に入社しました。入社当初はデザイナーではなかったんですが、部署移動でインハウスデザイナーになってから、必死にデザインの勉強をしていましたね。  

その会社では、デザインとフロントエンドエンジニアの両方を担当。印刷物もウェブも制作して、アプリのUIデザインやコーディングも。本当に幅広く、なんでもやっていました。

そこで7年間働いた後に転職活動をして、今年の1月からオハコで働いています。


-転職しようと思った理由は何ですか?

前職のような領域横断的な働き方だと、どの領域も「ほどほどにできる」という中途半端な状態になってしまい、専門的なスキルアップができないのではないかと危機感を感じたからです。そこで、業務範囲をもう少し狭めて、自分の能力を上げていきたいと思いました。

色々と検討した結果、フロントエンドではなく、UX/UIデザインのスキルを磨いていくことに決めたんです。

ちなみにオハコに入社する前からUXスクールに通ったりもしていましたね。


-なぜUIデザイナーの道を選んだのですか?

ずっと、「価値あるものを作りたい」と思っていたからです。

最高のデザインは「ユーザー第一であるもの」。私にとって、見た目のデザインよりももっと大事なのが「使いやすさ」の部分。それを追求していくためにはUXの知識が必要不可欠だと気付きました。別の言い方をすると、UIデザインの価値を高めるのは、UXデザインなんですよね。

デザインをただ作るだけじゃなくて、「なぜ作るのか」「どう作るのか」というところからしっかり考えたかったので、UXにも強いUIデザイナーとしてやっていくことを選びました。

「ユーザー体験第一」のデザインを、チームでとことん考え抜く

-オハコにジョインした理由を教えてください

1番大きいのは、「UXをとても大事にしている会社」だからです。

オハコはUIデザイナーでもUXの部分にしっかり携わることができるので、UXも深く追求したい自分にはぴったりだなと感じました。

また、オハコは社長も代わって第2創業期として会社を立て直しているタイミングだったので、自分の力でも会社創りに貢献できるんじゃないかなって感じた一面も。メンバー思いやクライアントの要望を踏まえて、会社を柔軟に変えていけそうだったことはとても魅力的でした。


-いまはどんなプロジェクトにアサインされているのでしょうか?

いまはメガベンチャーのUX/UIのプロジェクトに入っています。

UXフェーズとUIフェーズがあったんですが、私が入ったのはUIフェーズから。デザインスプリントを実践して、そこで決まったUIデザインをFigmaを使って落とし込んでいきました。そしてProtoPieで作ったプロトタイプを使って、仮説検証のためのユーザーテストも繰り返し実施。いまはデザインも完了し、納品の準備をしているところです。

このプロジェクトでオハコらしいなと感じたのは、みんなで「ユーザー体験」を第一に考えて、深堀りし続けたことでした。もっともらしいユーザーの動きを決めつけてしまうのではなく、課題抽出と仮説検証をひたすら繰り返して、どんなユーザーにも対応できるように最後まで考え抜きました。

たとえば、アプリのトップ画面にあったとある要素。「本当にこれはトップ画面に必要なのか?」という質問を投げかけ、実際にユーザーテストで検証をしてみました。すると、予想通りもうひとつ下の階層にその要素を配置したところ、とても良い評価が出たんです!

とても嬉しかったですし、UIデザイナーでもUXを大事にするオハコだからこそ、できたことだと思います。

オハコのデザイナーは、UXに対する意識が高い人たちばかりです。だからこそ、「ユーザー体験第一」のデザインとは何か?を考え抜くことができるんですよね。


-入社2か月で、大きなプロジェクトにも参加できるんですね

そうですね。オハコでは、1人につき1つのプロジェクトアサインが基本です。

どのプロジェクトでもインプットフェーズがあるので、クライアントやサービス関する情報をキャッチアップしてから、制作に取り組むことができます。クライアントの業界は様々なので、プロジェクトによって業務内容はかなり異なりますね。

使用ツールもプロジェクトによって変化します。例えば、今回のプロジェクトでは大勢が一緒に作業できるようにFigmaを使いましたが、他のプロジェクトではSketchがメインだったり。


-デザインツールが変わっても、アウトプットは問題なく出せるんですか?

特に問題ありません。私も入社前はXDで作業していましたが、SketchもFigmaも難なく使うことができました。周りのメンバーもサポートしてくれますし、すぐにスムーズに使いこなせるようになると思います。

むしろ色々なツールを仕事で使う機会があると、ツール毎のメリット・デメリットを肌で感じることができて良いんですよね。「このプロジェクトでこのツールは役立つか役立たないか」の判断が自分でできるようになりますから。

組織として解決すべき課題にもコミットできる

-実際に入社してみて、何かギャップはありましたか?

かなり想像通りで、ギャップはほとんど感じていません(笑)。

ギャップというか驚いたのは、「メンバーがちゃんと楽しく働けるかどうか」ということを案件を受けるか受けないかの判断軸にしていたことですね。デザイナーだけじゃなくてもちろんディレクターにも、このプロジェクトを楽しめそうかどうか、意見を聞いてくれるんです。

実際、私にも「このプロジェクトどう?」って聞いてくださって。ここまでメンバーのことを考えてくれてるんだ!って驚きましたね。代表とラフに話せるだけじゃなくて、しっかりこちら側の要望もヒアリングしてくれてるというのはオハコならではの特徴だと思います。

同じ「作る」なら、社会にとって価値のあるデザインを

-今後、オハコで挑戦していきたいことはありますか?

しばらくはUIデザイナーとしてのさらなる成長に集中したいと思っています。
私は「価値があるもの」を作りたい気持ちが強いので、将来的にはサービスデザイナーだったりUXデザイナーだったり、プロジェクト全体やサービスそのものをデザインできるようになっていたいですね。


-なぜ「価値があるもの」を作りたいと思うのですか?

最初はデザイナーでさえなかったから、制作しているだけでも楽しかったんです。

しかし、「自分は何のために仕事したいのか」を改めて考えてみたら、自分は社会に良い影響を与えられるものを作りたいんだ、と気付きました。

デザイナーとして影響を与えられるのは、やっぱり「価値があるデザイン」を生み出すことじゃないですか。同じ「創る」なら、ただ何かを作るんじゃなくて、社会にとって価値があるものを創りたいなって強く思っています。

-最後に、未来の仲間へ一言お願いします

オハコは、自分次第でスキルが伸ばせる会社です。スキルを伸ばしたい人、向上心が強い人にはぜひ来てほしいです。楽しく仕事して、たくさん努力して色々な経験をして、チーム全員でスキルアップしていけるような環境が整っていますので。

また、いまオハコは第2創業期。会社の成長のために自ら手をあげて発言・行動できる環境です。自分のこだわりや考えを持っている人には、とてもやりがいのある環境だと思うんです。

一緒に会社を創っていきましょう!みなさまのご応募をお待ちしています。


その他のメンバーインタビュー



下記職種を積極採用中です!


UIデザイナー
UIデザイナー|デザインの力でビジネスとユーザーをつなぎたい方!
当社は「未来を創る」という思想を掲げるデザイン&テクノロジーカンパニーです。 ◆UX/UI領域に留まらず、サービスデザイン / システム開発 / グロース支援まで領域を広げています。 オハコはUX/UIデザインの領域において実績を作ってきた企業ですが、実はUX/UIデザインを行う「前」段階の領域、「後」段階の領域もカバーしております。 「前」段階の領域は「ブランディングやサービスデザイン」。 数年前から、ビジネスプランニングやサービスデザインといったUX/UIデザインの前段階からのご相談が増えています。 このようにビジネス領域や機会領域の探索に強みがある企業たくさんありますが、そうした企業はPoCまでの業務にとどまることが多く、UX/UIデザイン以降のプロセスまで携わることは稀です。 オハコではフィールドリサーチから得たインサイトや定義したアーキタイプをもとに、新しい事業・製品・サービスを考えるといった、上流からデザインまでプロジェクトに携わることができます。 「後」段階の領域は「システム開発」。 UX/UIデザイン企業でシステム開発までを自社内で実施できる企業は日本ではそう多くはありません。自社で開発できない企業は当然外注することが多く、どうしてもUX/UIデザインとシステム開発が切り離されてしまう環境となっています。デザインの意図を理解してもらえなかったり、せっかくデザインしたものが思い描いた形にならなかったりするという経験をお持ちの方は多いのではないでしょうか。 オハコではUXやUIデザインの力を信じてくれる自社の開発チームと密に連携して1つのプロダクトを創りあげるところまで携わることができます。 このようにオハコでは、得意分野であるUX/UIデザインはもちろんのこと、上流のビジネスやサービスデザイン、ブランディングから、下流のシステム開発、運用、グロース支援まで幅広い領域でお客様のパートナーとして伴走しております。 このようにワンストップでプロダクト開発に携わることができるのは、デザイナーやディレクターの方々にとっても非常に挑戦的でやりがいのあることだと言えます。 ◆戦略的合併により、オハコはデザインの強みを軸にビジネスデザイン〜システム開発までワンストップな支援が可能に オハコは2021年4月にグループ会社と統合し、インフォーズとして再スタートをしております。ビジネスや領域に強みをもつツードッグス社、システム開発や先端技術研究開発に強みをもつレピダム社、そしてサービスデザインやUX/UIデザインに強みをもつオハコ、この3社が統合しました。 統合の背景は、お客様課題がUX/UI支援に限らずDX全般の領域になってきていること。 お客様の本質的案課題解決において、UX/UIデザインの支援のみでは充分とは言えません。 お客様の課題を解決し事業成長を促し、ユーザーがその価値を享受できるようなプロダクトを創るためにはビジネス・テクノロジー・デザイン(クリエイティブ)の3つの領域が必要です。人材市場でもこの3つの要素を備えたBTC型人材の需要が高まっているように、企業としてもBTCの3つの領域に強みを持つ必要があります。 自社メンバーにとってもこの統合は大きなメリットがあると思っています。オハコはこれまでサービスデザインやUX/UIデザイン支援に強みがありながらもシステム開発では外注も活用しておりました。デザイナーから見て、想定したものがその通りに実装されないとモヤモヤする部分もあったかと思います。しかし今は「自社メンバー」でエンジニアが在籍することになります。素晴らしいUX/UIを実現しようとしてくれる自社のエンジニアと密に連携できますし、デザイナーとしてもエンジニアリング視点に触れて学ぶことができる機会も増えています。 今回の統合により1社単独ででBTC領域を成し遂げることができる、そして総合DX支援ができる、これはお客様にとっても、ユーザーにとっても、メンバーにとっても非常にポジティブなことです。
株式会社オハコ
UXデザイナー
UX設計を通じて最高体験を届ける!UXデザイナー募集!
当社は「未来を創る」という思想を掲げるデザイン&テクノロジーカンパニーです。 ◆UX/UI領域に留まらず、サービスデザイン / システム開発 / グロース支援まで領域を広げています。 オハコはUX/UIデザインの領域において実績を作ってきた企業ですが、実はUX/UIデザインを行う「前」段階の領域、「後」段階の領域もカバーしております。 「前」段階の領域は「ブランディングやサービスデザイン」。 数年前から、ビジネスプランニングやサービスデザインといったUX/UIデザインの前段階からのご相談が増えています。 このようにビジネス領域や機会領域の探索に強みがある企業たくさんありますが、そうした企業はPoCまでの業務にとどまることが多く、UX/UIデザイン以降のプロセスまで携わることは稀です。 オハコではフィールドリサーチから得たインサイトや定義したアーキタイプをもとに、新しい事業・製品・サービスを考えるといった、上流からデザインまでプロジェクトに携わることができます。 「後」段階の領域は「システム開発」。 UX/UIデザイン企業でシステム開発までを自社内で実施できる企業は日本ではそう多くはありません。自社で開発できない企業は当然外注することが多く、どうしてもUX/UIデザインとシステム開発が切り離されてしまう環境となっています。デザインの意図を理解してもらえなかったり、せっかくデザインしたものが思い描いた形にならなかったりするという経験をお持ちの方は多いのではないでしょうか。 オハコではUXやUIデザインの力を信じてくれる自社の開発チームと密に連携して1つのプロダクトを創りあげるところまで携わることができます。 このようにオハコでは、得意分野であるUX/UIデザインはもちろんのこと、上流のビジネスやサービスデザイン、ブランディングから、下流のシステム開発、運用、グロース支援まで幅広い領域でお客様のパートナーとして伴走しております。 このようにワンストップでプロダクト開発に携わることができるのは、デザイナーやディレクターの方々にとっても非常に挑戦的でやりがいのあることだと言えます。 ◆戦略的合併により、オハコはデザインの強みを軸にビジネスデザイン〜システム開発までワンストップな支援が可能に オハコは2021年4月にグループ会社と統合し、インフォーズとして再スタートをしております。ビジネスや領域に強みをもつツードッグス社、システム開発や先端技術研究開発に強みをもつレピダム社、そしてサービスデザインやUX/UIデザインに強みをもつオハコ、この3社が統合しました。 統合の背景は、お客様課題がUX/UI支援に限らずDX全般の領域になってきていること。 お客様の本質的案課題解決において、UX/UIデザインの支援のみでは充分とは言えません。 お客様の課題を解決し事業成長を促し、ユーザーがその価値を享受できるようなプロダクトを創るためにはビジネス・テクノロジー・デザイン(クリエイティブ)の3つの領域が必要です。人材市場でもこの3つの要素を備えたBTC型人材の需要が高まっているように、企業としてもBTCの3つの領域に強みを持つ必要があります。 自社メンバーにとってもこの統合は大きなメリットがあると思っています。オハコはこれまでサービスデザインやUX/UIデザイン支援に強みがありながらもシステム開発では外注も活用しておりました。デザイナーから見て、想定したものがその通りに実装されないとモヤモヤする部分もあったかと思います。しかし今は「自社メンバー」でエンジニアが在籍することになります。素晴らしいUX/UIを実現しようとしてくれる自社のエンジニアと密に連携できますし、デザイナーとしてもエンジニアリング視点に触れて学ぶことができる機会も増えています。 今回の統合により1社単独ででBTC領域を成し遂げることができる、そして総合DX支援ができる、これはお客様にとっても、ユーザーにとっても、メンバーにとっても非常にポジティブなことです。
株式会社オハコ
ディレクター
プロジェクト全体を設計しアイディアを具現化!何事も楽しめるディレクター募集
当社は「未来を創る」という思想を掲げるデザイン&テクノロジーカンパニーです。 ◆UX/UI領域に留まらず、サービスデザイン / システム開発 / グロース支援まで領域を広げています。 オハコはUX/UIデザインの領域において実績を作ってきた企業ですが、実はUX/UIデザインを行う「前」段階の領域、「後」段階の領域もカバーしております。 「前」段階の領域は「ブランディングやサービスデザイン」。 数年前から、ビジネスプランニングやサービスデザインといったUX/UIデザインの前段階からのご相談が増えています。 このようにビジネス領域や機会領域の探索に強みがある企業たくさんありますが、そうした企業はPoCまでの業務にとどまることが多く、UX/UIデザイン以降のプロセスまで携わることは稀です。 オハコではフィールドリサーチから得たインサイトや定義したアーキタイプをもとに、新しい事業・製品・サービスを考えるといった、上流からデザインまでプロジェクトに携わることができます。 「後」段階の領域は「システム開発」。 UX/UIデザイン企業でシステム開発までを自社内で実施できる企業は日本ではそう多くはありません。自社で開発できない企業は当然外注することが多く、どうしてもUX/UIデザインとシステム開発が切り離されてしまう環境となっています。デザインの意図を理解してもらえなかったり、せっかくデザインしたものが思い描いた形にならなかったりするという経験をお持ちの方は多いのではないでしょうか。 オハコではUXやUIデザインの力を信じてくれる自社の開発チームと密に連携して1つのプロダクトを創りあげるところまで携わることができます。 このようにオハコでは、得意分野であるUX/UIデザインはもちろんのこと、上流のビジネスやサービスデザイン、ブランディングから、下流のシステム開発、運用、グロース支援まで幅広い領域でお客様のパートナーとして伴走しております。 このようにワンストップでプロダクト開発に携わることができるのは、デザイナーやディレクターの方々にとっても非常に挑戦的でやりがいのあることだと言えます。 ◆戦略的合併により、オハコはデザインの強みを軸にビジネスデザイン〜システム開発までワンストップな支援が可能に オハコは2021年4月にグループ会社と統合し、インフォーズとして再スタートをしております。ビジネスや領域に強みをもつツードッグス社、システム開発や先端技術研究開発に強みをもつレピダム社、そしてサービスデザインやUX/UIデザインに強みをもつオハコ、この3社が統合しました。 統合の背景は、お客様課題がUX/UI支援に限らずDX全般の領域になってきていること。 お客様の本質的案課題解決において、UX/UIデザインの支援のみでは充分とは言えません。 お客様の課題を解決し事業成長を促し、ユーザーがその価値を享受できるようなプロダクトを創るためにはビジネス・テクノロジー・デザイン(クリエイティブ)の3つの領域が必要です。人材市場でもこの3つの要素を備えたBTC型人材の需要が高まっているように、企業としてもBTCの3つの領域に強みを持つ必要があります。 自社メンバーにとってもこの統合は大きなメリットがあると思っています。オハコはこれまでサービスデザインやUX/UIデザイン支援に強みがありながらもシステム開発では外注も活用しておりました。デザイナーから見て、想定したものがその通りに実装されないとモヤモヤする部分もあったかと思います。しかし今は「自社メンバー」でエンジニアが在籍することになります。素晴らしいUX/UIを実現しようとしてくれる自社のエンジニアと密に連携できますし、デザイナーとしてもエンジニアリング視点に触れて学ぶことができる機会も増えています。 今回の統合により1社単独ででBTC領域を成し遂げることができる、そして総合DX支援ができる、これはお客様にとっても、ユーザーにとっても、メンバーにとっても非常にポジティブなことです。
株式会社オハコ
18 Likes
18 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more