1
/
5

「世界の人々を健康に」夢を叶えるために、予防医学研究員だった私がネクイノに入社した理由

こんにちは、ネクイノグループ、ネクイノメディカルテクノロジーズ(以下 NMT)で新規事業開発を担当している、菅沼と申します。私は現在、働く女性の健康をサポートする、企業向けのサービス開発を担当したり、様々な企業さまと協業事業を進めたり、「世界の人を健康に幸せに」という夢をかなえるために、日々活動しています。


これまでの経歴

高校生の時から研究が大好きだった私は、大学院卒業後、新卒で大手食品メーカに入社し、基礎研究部門に配属されました。そこで、腸内細菌と健康との関係について研究をしていました。自分が関わった商品がスーパーに並び、始めてお客さんの手に取られるのを見たときはとても嬉しかったのを今でもよく覚えています。研究の傍ら、メディア出演、講演会など様々な経験をさせていただき、日々楽しく過ごしていました。

5年目に研究所を離れ経営企画部に異動し、社員の健康を促進することで生産性を向上させる「健康経営」の立ち上げや運営にも従事しました。

傍から見れば順風満帆の人生なのですが、とあるきっかけで、大企業の肩書とキャリアと手厚い福利厚生、全てを放り出し、ネクイノにジョインすることになります。


世界の人を健康に、幸せにしたい

「世界の人を健康に幸せに」

この夢を持ったのは高校生の頃です。大学進学時の進路選択で、なんとなく人の役に立ちそうなお医者さんになろうと思っていました。実際に病院に行く機会があり、若くして亡くなる方と、横で涙する家族を見て「治療も大事。けれど、予防の方がもっと大事」だと思いました。そこで医者ではなく、予防医学の研究者として「世界の人を健康に幸せに」しようと決意し、大学・大学院と進学して研究漬けの毎日を送りました。大学院では創薬科学研究科で学んでいましたが、予防には日々口から取り入れるものが大切だと考え、食品メーカーに就職し、研究を続けました。


研究者っぽくない研究者?!

研究所配属当時は「腸内細菌が整うことで健康になるんだろうか?」と疑心暗鬼でしたが研究すればするほど「腸内細菌」と「健康」が深くかかわっていることが分かっていきました。「菌」のもつ可能性に魅せられ、休暇になるとバックパックを背負い、世界の菌を求めて、世界を飛びまわっていました。今はコロナの影響もあっておとなしくしていますが、今までに47都道府県、33カ国を訪問しております。研究所時代は「ちょっとそこまで行ってきます。」と言って、世界に飛び立っていたので、再び世界を飛び回れる日が来るのを切に願っています。

また、仕事の傍らで、インターナショナルシェアハウスの立ち上げや、イベントの企画・運営などもしていたので会う人会う人に「え!研究者なの!?本当に??研究者って室内にこもってずっと作業してるイメージだったけど、今日で研究者に対するイメージが変わったよ。」とよく驚かれていました。


イノベーター育成プログラムに参加

そんな中、私の運命を大きく変える出来事が訪れました。会社で経産省とJETROが主催するイノベーター育成プログラム「始動」の案内があったのです。「このまま研究を続けても世界を健康に幸せにする夢はかなわない。夢を叶えるためには業界にイノベーションを起こす事業が必要だ」と考えた私はすぐに事業案を練り、応募しました。運よく審査に通り、事業案をブラッシュアップするために半年間のプログラムを受講。研究しかしてこなかった私にはチンプンカンプンの単語が並ぶ授業やメンタリングを通して、必死に事業と向き合い、新しく事業を組み立てていくことの難しさと楽しさを知るとともに、挑戦したいという気持ちが大きくなりました。

ネクイノに転職した後も、女性起業家の登竜門と呼ばれるビジネスコンテストに出場し、最多の賞を受賞するなど、夢を叶えるための挑戦を続けています。


ネクイノに転職したきっかけ

実は株式会社ネクイノの代表石井とは会社設立当時からのお付き合いです。

当時は3名で一生懸命走り回っていた会社が、どんどんどんどん大きくなりメディアに取り上げられと、成長していく過程をこっそりと見守っていました。

イノベーター育成プログラム「始動」に参加後、「世界の人を健康に幸せにしたい!」という夢を叶えるために、大企業を飛び出してでも挑戦したい!という思いが募っていきました。年に数回、ネクイノの事務所に遊びに行っていた私は、とある日「ネクイノに来ないか?」と声をかけられました。石井やネクイノのメンバーと働けるのも女性の健康支援に関われるのもとても魅力的でしたが、「苦労して入った大企業をやめて、肩書も安定もすべて捨ててまで挑戦すべきことなのか」「自分のやりたい予防ではなく治療の分野になるのではないか」など、色んな考えが頭の中を駆け巡りました。数か月間悩みに悩み、「挑戦してみたい。石井やみんなと一緒に、世界の医療を変えたいし、変わった後の姿を見てみたい。今は治療がメインかもしれない。けれど会社を大きくしていく中で、予防の分野に挑戦しよう。」そう思い、ネクイノへジョインすることを決めました。


今の担当業務とこれから歩んでいきたいキャリア

現在は、働く女性の健康をサポートする、企業向けのサービス開発したり、様々な企業さまと協業事業を進めています。自分自身が働く中で、働きたいのに、女性ホルモンバランスの変化などでパフォーマンスが上がらないなど、もやもやした経験を何度もしました。それを解決するために作ったのが企業向けのサービスです。サービスを提供することで女性が心も体も健康で、イキイキと働ける社会を作っていきたいと思います。

また、現在取り組んでいる企業向けのサービス開発だけでなく、様々な企業さんとコラボして世界をワクワクさせる事業を作ったり、自分の得意を生かしてネクイノ内で新規事業を生み出したりと、夢を叶えるために突き進んでいきたいと思います。


私の叶えたい夢

「世界の人たちを健康に幸せに」

夢を叶えるためにこれからも挑戦し続けます。

自分が最後を迎えるときに「いい人生だった。生まれ変わったらもう一度この人生を歩みたい。」と言えるように。そのために「研究員には分からない、できない」ではなく「研究員だってやればできる」というマインドで、人生に悔いが残らないように何にでも挑戦していきたいです。

入社して分かったのですが、ネクイノは私の夢と新たな挑戦を後押してくれる温かな素敵な会社でした。当時はとても迷ったけれどネクイノにジョインするという決断をして本当に良かったと思っています。

皆さんは人生でやり残したこと、あきらめてることありませんか?

ネクイノで私と一緒にやりたかったことにチャレンジしましょう!

株式会社ネクイノ's job postings
11 Likes
11 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more