1
/
5
This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

【Ispire you!】CAから一転!海外IT教育ベンチャーでのインターン奮闘記


NexSeed採用担当のミキティです!
NexSeedでは働く全ての人がお互いにInsipireできる存在でありたいと思い働いています。
そんな私たちのメンバーをご紹介することで、さらなるInsipireが生まれることを願い、「Inspire you!」シリーズを始めます!この華々しい第1回目は、元CAにして元インターンの平井エリカさんをご紹介します。

自己紹介

皆さまこんにちは!ネクシードの元インターン生、平井エリカです。

今回「元インターン生体験記」を書かせていたくことになりました!

この記事がインターンを検討中の方はもちろん、留学、セブ島、ベンチャー企業など何かしらに興味をお持ちの方の参考になれば嬉しいです!

 ネクシードには、2015年3月から2017年7月までの約1年3ヶ月在籍していました。社会人からのインターン生・・・不思議ですか?(笑)それにはもちろん理由があります!ここでひとまず経歴を簡単にお伝えします。

● 経歴

神奈川県出身。白百合女子大学文学部国語国文学科を卒業。
日本の伝統をこよなく愛し、日本全国行脚達成まであと1県!
大学卒業後に、全国自治体のキャンペーンガールを務め、
その後保育士を経てキャビンアテンダントになる。現在、セブ島で子育て奮闘中。


もともと、2013年1月にネクシードが設立してから約5ヶ月後の2013年6月、CAの就職前に語学力を少しでも高めたくてセブ島にある語学学校に2週間通いました。その際ご縁あって設立して間もないネクシードで英語の体験授業を受けたのが、私とネクシードとの出会いでした。

 体験授業を受けてネクシードの社員の方と何度か話す機会があったのですが、有能で努力家の人たちが集結し、会社を成長させようと果敢に海外で攻めている姿を見て、衝撃を受けました。彼らは、それぞれのビジョンが明確で、海外で働きつつ将来の日本のことも考えていて、これまで出会ってきた方たちとはまた異なった魅力がある(覇王色がありそうな)方たちでした。

 当時の私は、就職して安定した生活を送り、休みはショッピング・旅行・ゆっくりしたいときは少女漫画で引きこもりなど、身の周りの幸せを噛み締めていたので(それも大切ですよね!)、話せば話すほどネクシードの方々が異次元の人のように思えました。「あぁこの方たちと一緒に働く機会があったら更に成長できるな〜」と感じたのを今も覚えています。

 それから、日本に帰り就職をして約2年が過ぎた2015年春、寿退社をして夫のセブ島への海外転職を機に、日本を発つことになりました。会社を辞めて、次は何をしたいか、何ができるかを考えたとき、新しい土地で新たな自分を見出したいと思ったのです。そこで、また別の土地に行くまでの数ヶ月間をセブ島で暮らすなら、あのネクシードで絶対働かせてもらうぞー!とインターンとしてネクシードへの参加を決意した次第です。

インターン時の仕事 

・カスタマーサポート
・寮の管理
・留学生のケア
・オフィスの改装
・長野留学のアテンド

などを担当しました。

  元々、人との関わりが好きだったので、留学にくる生徒の方々の窓口になれたことがとても嬉しかったです。渡航前のメールのやり取りでお名前だけ知っていた方に、実際にネクシードに来ていただいたとき、「カスタマーサポートの平井さんだ~!」「やっと会えましたねー!」「あのときはありがとうございました!」と声をかけてくださり、毎回とても嬉しくて跳ね上がる気持ちでした。(時折跳ねてたかもしれません)まるでそれは、遠くに住む友人や大切な人にやっと会えたような感覚です。

 生徒の方は、セブ島までカスタマーサポートの私を信頼して来てくださるのだからと、嬉しさと共に責任感もひしひしと感じるものがありました。また、生徒の方がネクシードを選んでくださるまでには、社員の方の並ならぬ努力があるので、重要なバトンをつないでいるような感覚で丁寧に作業することを心がけていました。

 これはCA時代にも経験したことで、お客様が予約センターに問い合わせてから、空港カウンタースタッフ、地上係員、客室乗務員(CA)のように、スタッフ間でバトンを繋いでお客様を旅先までご案内するという、自分がお客様に出会えるのは、それまでのお客様やスタッフの努力があってのことだということを意識して丁寧に作業していました。そうすることで、お客様にもスタッフにも常に感謝の気持ちを持って、日頃からあたたかい気持ちで接することができます。

 仕事は、部署によって内容は異なると思いますが、共通して言えるのは、頑張れば頑張るだけ信頼してもらえるということです。従って、常に責任感を持ち成長と高みを目指すことが求められます。

ネクシードを卒業するころには、マーケティングからクロージングまで一通りの流れを学ぶことができ、今後会社に属したり個人経営することになっても、確実にその知識を活かせることができます。ここが、与えられた作業だけをする"一般的なインターン"と自ら考え試行錯誤を繰り返すことでどんどんレベルアップする"ネクシードのインターン"の違いだと確信しています。

前職の経験がNexSeedで役立ったこと

前職では、職業柄おもてなしの心や思いやりのある上司・先輩に囲まれていたため、セブ島に来てからも、人との関わり方や所作について人よりもやや感度が高かったと思います。そのおかげで、ネクシードでも会社の質を高めることに対して、役立つことができました。

 例えば、あるフィリピン人のアドミンスタッフの子は、日頃とても元気で明るくかわいらしいのですが、来客がある際に、初対面で恥ずかしくてどのように対応すれば良いか悩んでいるときがありました。それをきっかけに、アドミンのフィリピン人向けにワークショップを開き、接客に関してどうしたら良いか、日本のおもてなしマインドとは何かなど、映像で説明したり、実際に私が来客役・フィリピン人スタッフが案内役としてロールプレイングをして、みんなでアドバイスを出しながらより良いものへと追及するなどを行いました。これは、私が実際にCAの訓練生だったころに教官に教えていただいたやり方です。

 その後そのフィリピン人スタッフは、教えたことよりもさらに上をいくおもてなしの心をもって今も輝いて働いています。ワークショップが終わってからも、「こういうときはどうするの?これはどうかなぁ?」など目を輝かせて質問してきた彼女をみて、フィリピンの方たちは、吸収することの意欲や意識がとても高いという素晴らしい一面も学びました。いつも、会社から学ばせていただくことばかりだったので、このときは初めて会社に少し恩返しができた気がして自分への自信にもつながりました。

卒業後、インターン経験が役立ったこと

 卒業後は、妊娠していたこともあり、知り合いの立ち上げたばかりの会社を数ヶ月間だけ遠隔で手伝うことにしました。そこではインターンで経験したマーケティング知識やメール対応の仕方、PCの操作などがとても役立ちました。また、ネクシードで働いていた頃に、月に1度社員によるワークショップがあり、そのポスター作りも担当していて、ど素人なりに毎回一生懸命ポスターを作っていました。知り合いの仕事を手伝っていた時に、チラシの制作依頼を受けて、ネクシード時代に学んだ力を振り絞り制作をしました。そのチラシが、なんと数十万円の案件に繋がったのです。ネクシードで学んだことが、またすぐ別の人の役に立つスキルになっていることに驚きと喜びを感じました。PCを人差し指で操作しながら、携帯の同期用のみに使用していた頃とは、比べものになりません。笑

インターン生活を有意義に過ごすコツ

 新境地に立つと、学ぶことが多いので忙しく1日を過ごしがちです。しかしそこは、しっかりと1日1日を噛み締めて生活を送る必要があります。。何のためにインターンをしているのか、自分のビジョンを明確にすることが大切です。

 日報や自分だけの日記をつけると後々振り返れたり成長を実感できました。日記が長く続かない方(私)は、たまに1行書くだけでも良いと思います。「ただいま~おやすみ~」だけの日もありました。それでも、続けることに意味があって、「書けなかった」という失敗体験よりも「今日も書けた!」という成功体験を得られることで自信がつき、次のステップに上がりやすくなるのです。この「成功体験」もインターン中に教わりました。インターンでは新しく学ぶことがほとんどだったので自信を持つことが私にとってとても大切なことでした。

 そして、なにより、セブ島という魅力的な環境で存分楽しんでください!週末は海に行ってウミガメと泳いだり(シュノーケリングでも出会えたりします!)、ビーチで波の音を聴きながら読書をしたり、なんとまぁ~充実した1週間になります!そこにマンゴーシェイクもあれば尚良し!山が近くにあるので山好きの方もどうぞ!笑 オススメの海に関して確かネクシードブログで取り上げられていたので要チェックです!

社会人からインターンになる人に向けてメッセージ

 社会人からのインターンというのは、大人になってからも新たな自分へと成長できる"此処ぞとないチャンス!"です。世界を広げるためにもまず視野を広げて果敢に挑戦していきましょう。「何をするか」より「誰とするか」がとても重要で、やりたいことはなんとかすれば自分でいつでも始められるけれど、この人と仕事したい!学びたい!という方と出会うのはとても貴重で難しいことですよね。ネクシードには、そんな一緒に働きたい個性派のスタッフがたくさんいます。なのでぜひ果敢に挑戦してくださいね!

 私は現在セブ島で絶賛子育て中です。今後、どこの国に行くか何をするかも今から楽しみです。

この記事を読んでまた誰かがネクシードにつながってくれたら、、、間違いなく跳ね上がっちゃいますね!

変顔をしている夫の記事はこちら

ありがとうございました!

NEXSEED INC.'s job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings