This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

品質保証のプロとしてIT業界の変革を推進させるのが僕の夢

はじめまして!株式会社SHIFT 人事本部の京です。

私が働いている株式会社SHIFTという会社は、「品質保証」の視点から、IT業界を大きく変えようしている企業です。面接の場で「テストで業界が変えられるのですか?」という質問を多くいただきますので、こちらを通して私達の事業や思いをお伝えできればと思います。

今回は、私が担当しているWebサービス領域での品質保証を専門とする事業部「コアテクノロジービジネスユニット(以下 コアテク)」の事業責任者である西 潤一郎が、弊社サービスに対する思いを語ります!

SHIFTの品質保証はIT業界の構造を変える立場になれる         

僕が品質保証、テストエンジニアを職業にしようと思ったのは、業界構造を変えられるサービスだと思ったからで、一般的に開発会社の多層下請け構造からなるIT業界において、その文化や構造そのものを壊せるサービスが提供できると考えています。

業界ごとの知識やナレッジ、幅広い製品・サービスに対して実施しているテスト業務による不具合データなどを蓄積していくと、コンサルティング会社や一次請けの開発会社には出せない、僕らにしか持っていない専門的な技術を発注元の会社に提案することができます。

また、開発エンジニアが片手間に実行していたテスト部分を切り出し、開発とテストを分けることで開発エンジニアがテストに費やしてきた時間を次の開発やサービス企画に使うことができると、開発のスピードも上がり、新たなサービスの誕生にもつながります。そのスピードに合わせてSHIFTが品質保証のプロとして、網羅的かつ効率的なテストを行い、安心・安全に利用できるサービスを保証することで、開発会社や開発エンジニアにとって欠かせない存在になることができます。

まだ品質保証領域は開発領域に比べるとキャリア的な地位は低いかもしれません。しかし、「開発」業務が行われる以上、不具合のない製品・サービスを世の中に届けるためには、「テスト・品質保証」業務は同じように必要です。

SHIFTは品質保証領域の先駆者として、品質保証エンジニアの市場価値を上げることに本気で取り組み、開発エンジニアと同じ、もしくはそれ以上の市場価値を持った人材を育てていきたいと考えています。

SHIFTと僕の出会い



システムエンジニアとして社会人生活をスタートし、C言語から始めて官公庁関係のプログラミング、具体的には特許庁のプログラム開発を担当していました。最初の5年は特許庁に常駐し、その後5年間は特許庁の関連組織の案件に従事しました。そこでは民間業者に特許システムを入れるためのWeb系システムの開発を担当し、日々黙々と開発を続けました。10年が過ぎた頃、さすがにもう「同じような業務を続けるのはつまらない」、「自分の考えたソリューションの提案業務がしたい」と思い転職を決意しました。そして、システムエンジニアとしてお客様とコミュニケーションを取れる一次請け開発会社、もしくは事業会社をターゲットにおいて転職活動を始めました。

そんな矢先、転職する2~3ヵ月前にリーマンショックが起きて、当時勤めていた会社が二次請けの開発会社だったのですが、その余波がきて自宅待機に……その時は1ヵ月くらいスポーツジムに通ってて(笑)。あるとき会社から、「テスト案件だけを取ってきたからやらない?」と言われ、ずっと暇してたのもあり、「やります」と即答しました。

実際に、テスト業務を行ってみて気付いたことは、開発の立場で仕事をするのと検証の立場で仕事するのとでは圧倒的に違うということでした。開発で入ると二次請け、三次請けだからコミュニケーションを取る相手がせいぜい一次請けの担当者クラス。テスト業務を担う立場で参画すると発注元の会社と直接コミュニケーションが取れる、全体のスケジュールを把握でき、PMOのような立場で仕事ができるということに気付いて、「やべぇ、おもしろい」と思いました。

その時はまだSHIFTのことを知らなくて、転職活動を進める中でエージェントから紹介されたのがSHIFTとの出会いでした。会社説明会に行ったときに、僕がテスト案件でテスト観点の整備や標準化ができたらいいなと考えていたことが、「もう既にSHIFTではできていて、上手く回っています」と言われ、入社を決めました。 実際、入社当時(2012年ごろ)は、未熟な部分も多くあったんですけどね(笑)。

それでも、SHIFTのビジネスモデルで売りにしている、テストの観点やナレッジ、それらを使って標準化されたテスト業務、品質保証のプロとして仕事ができるところ自体に一番惹かれましたし、今でも考えるだけでワクワクします(笑)。

コアテクノロジービジネスユニットの目指す未来


事業を拡大したい、伸ばしたいというお客様に、僕らのサービスを提案することでそれらが事業拡大のエンジンになりうる、というとこまで事業成長させていきたいです。現在IT業界が抱えるIT人材の不足や、エンジニアの技術不足によるサービス品質の低下などの課題に対して、「僕らのサービスでその現状を変えられる可能性があるから、あなたの会社は事業拡大することができますよ」と提案したい。目指すべき大きな姿は、「お客さんの課題を解決すること」以外ないと考えています。

今までエンジニアがすごく苦労し、不明確な中で実施していたテストの部分を、僕らは生産性高く網羅的に実施しています。結果的に、エンジニアは開発業務に費やす時間が増え、以前に比べてお客様が圧倒的に製品開発にコミットできる環境を実現することができています。

「ここまで作ったらあとはSHIFTが見てくれるから安心だ」という感覚を持ってもらえれば、その会社には新たな可能性が生まれると思います。そのために、僕らが目指す姿として、しっかり顧客戦略を立ててお客様の課題に対して提案できるメンバーが多く存在するような、より強い組織にしていきたいと思っています。

例えば、「御社はエンジニア不足という課題がありますが、SHIFTではこんな実績があってここを変えていくとこんなメリットがあるから、こうやっていきましょう」と、お客様との折衝の場で、胸を張って言えるような、そんな人材がたくさん育ってほしいです。

「Made in JapanのWebサービス」を実現するコンサルティング力が身に付く

コアテクはWebサービスのお客さまを中心に担当していて、取り扱っている製品・サービスは発売前、リリース前のものが過半数を占めています。そのため常にWebサービスの最前線を知ることができますし、自分の担当するお客様の競合他社の状況にも敏感にアンテナを張り巡らせています。

あらゆるデータや状況を分析することで、改善策を導き出し、お客様に提案する。言うならば、ドキュメントの作成能力などの一般的なビジネススキルはもちろんのこと、品質保証を武器にしたIT企業へのコンサルティング能力も習得いただくことができます。

コンサルタントの他にも、スーパーテストエンジニアとして品質保証技術そのものを追求している仲間も多数存在しています。マルチプレイヤーとして業界・製品・プロジェクト規模を問わずテスト設計ができ、多様な業界知識、プロジェクトマネジメント能力も身に付けることができれば、引く手数多な存在になれます。

かつて世界中を席巻した「モノづくり」における日本品質。製造業の世界ではQAの仕事って結構大事で、Made in Japanのブランド力を担保するためには絶対不可欠とされています。これをWeb業界でも実現することで、僕らがコンサルティングしたお客様の製品・サービスを「Made in JapanのWebサービスだ」と世界中に誇れるようになりたい。そんな品質保証のプロとしてのコンサルティングスキルを身に付け、僕らとともに業界を変革しませんか?


自発的に動ける人と一緒に働きたい

面接でどんな人と一緒に働きたいか、と聞かれたときは正直に「自発的な方が向いています」と言っています。業界を変革したり、Web業界の最先端の技術を使ってお客様に価値貢献したり、よりお客様と近いところでしっかりとプロジェクト提案ができる環境で働くことができますので、その環境を楽しむことができる人がSHIFTに向いている人だと思っています。

これからさらに大きくなるコアテクで、僕たちと一緒に働いてもらえる方を募集しています。このフィードを見て、僕と同じ思いを感じている方や品質保証に興味を持った方は、ぜひお気軽にSHIFTに来て、僕らと話してみませんか?

次回はコアテクノロジービジネスユニットで実際に活躍する社員のインタビュー記事をアップ予定です。こうご期待!!

株式会社 SHIFT's job postings
13 Likes
13 Likes

Weekly ranking

Show other rankings