This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

「時間は有限、武器は無限」。社員に委ねられる、自由という名のソリューション。NDP社の現場の声を聞いた!

クライアントの夢を叶えるために規定なんかいらない。

「NDPマーケティングってなにをやっている会社なの?」

こう問われた際、私はこう答えます。

「WEBでできること、すべてを提供しています」


WEB広告代理店への一般的なイメージとして、「自社内サービス あるいは 数あるIT事業社との連携によりクライアントの求めている目標に対してソリューションを提供する会社である」というものがあるかもしれません。中には自由度の高さを謳い、「プレイヤーひとりひとりのやりたいことを叶えられる」というテーマを打ち出している企業も存在するでしょう。

しかし、いくら自由度の高い代理店と言えども、「自社プロダクトと他社プロダクト」の二つを比べた場合、自社プロダクトの提供をより増やしていきたいと考えるものです。その場合、トップダウンで自社プロダクト強化の戦略を提示され、自由度の高さを表現できるのはその内の戦術の中だけ という例も少なくはありません。


そういう前提で、改めて質問をしていただきたい。

「NDPマーケティングってなにをやっているの?」

それでも私はこう答えます。

「WEBでできること、すべてを提供しています」


2009年に設立された株式会社NDPマーケティングは、クライアントの指標実現に対して、最適なソリューションは何かを愚直に追求してきました。

「提供するすべてのソリューションが、クライアントに対する総合的な理解に根ざすものであり、その上で問題解決に向けた戦略の立案からトータルでプロフェッショナルなサービスを提供できること」がNDPの優位性であると 代表の中村氏がコーポレートサイトに記載している通り、クライアントの夢の実現が可能なのであれば、提供するソリューションの選定に私情は挟まず、最適な手段を常に持ってくることを信念としてやってきました。

今回は、そんな ”全方位型な” 姿勢で臨むNDPマーケティングにて、実際に業務を遂行している社員にインタビューを敢行。規定にとらわれない会社で働くホットな現場の声を届けます。

齋 裕介

1988年生。21歳の頃に起業を経験。その後広告事業社を経て、2014年よりNDPマーケティングへ入社。

『「自分で裁量を持って、自由に提案できる」というのがNDPの良さの一つで』

―― まずは、営業職としての現状の業務内容を教えていただけますでしょうか。

大前提、日によってバラけます。広告を運用で回しているのが非常に多いので、大半は午前中にそこの数値確認を行い、午後は既存の案件の状況確認と新規案件へのアプローチを行っています。

ーー 新規の開拓も行っているんですね。

はい。新規のご提案もしますし、既存の運用も行っています。基本的にクライアント様に話しを訊きに行き、最適なツールや枠を提案するというような営業をかけています。営業というよりかはコンサルタントという肩書のほうが適しているかと思います。

ーー 取り扱っている商材はどのようなものがあるのでしょうか。

リスティングもやるし、アフィリエイトもやるし、アプリマーケもやるし、アドネットワークもやるし、SEOコンサルティングもやるし、様々です。個人によっては依存していることもありますが、それはその人たちの得意領域がそこだっていうだけで、基本的には自由度高くクライアント様に提案していますね。

―― なるほど。基本的にはご自身で開拓されることが多いのでしょうか。

基本的に自分で全部開拓しています。それも知人経由や内部からの紹介で広げていくことがほとんどですね。ド新規テレアポベースはほとんどなく、ツールベースで、外部出稿されているクライアント様にアプローチをかけ、状況や時期に対して最適な提案を実施しています。

―― NDPに入社した当初はどのような毎日を過ごされていたのでしょうか。

これまで外部でやってもらっていたことを自分でやらなくてはならなくなったので地道に勉強しましたね。「自分で裁量を持って、自由に提案できる」というのがNDPの良さの一つで、社として ”この領域でインパクト作れ” というのは特になく、攻める領域は各個人に依存しており、WEBであればなんでもいいという考え方なので、ワンストップで仕込みから提案・導入から運用・そしてPDCAに至るまでを実施できるようになるため地道に。

―― すごいですね。

これまでは社内の部署も確立されていたんですが、直近で社内編成がありまして、社長と役員の下は全員フラットというような体制になったんです。いわば個人事業主の集合体というような感じで。

そして、提案するソリューションも、本当になんでも良い。

独自プロダクトもあるにはあるんですが、そこがきっかけで爆発的に伸びているわけではないんです。独自のサイトをいくつか持っているのと、アフィリエイトのワンタグシステムが自社にありますが、その他のサービスは基本外部のものを使っています。プロダクトベースで提案することはなく、常にクライアント様の与件にあった商材を提供しています。

ーー 上層から商材を指定されることもないという感じなのでしょうか。

ないですね。上からの圧なんていうものは全くありません。もちろん営利団体なので利益をあげるための目標値は敷かれますが、そこを満たせれば基本的には不問です。

他社と比べると、セルフスターターな代理店もあるとは思いますが、より自由度が高く感じる点が特徴です。決裁まで時間がかかる企業もあるかと思いますが、弊社は上がライトに受け入れるのでやりやすいですし、まず意思決定が早いです。新規サービスの立案も結構できると思いますよ。

「主軸が広告営業で、事業領域だったらどこにでも参入していい」

―― 社内の雰囲気はどのような感じなのでしょうか。

風通しが良いですね。基本的には仲は良いと思います。飲みに行ったりもしますし、横のつながりも結構あります。

平均年齢が比較的高いので、業務中は静かだったりしますが、必要とあらば各領域においてのプロが多い会社なので、案件の相談や新規の話などについてはフランクにブレストしていってみんなで決めたりとかも多いです。各メンバーの経路が全員違うし、WEB系の大手から移ってきたメンバーも多いので。

社内で知見を高めて、そして個人で動く。

ーー これまでのお話を聞いた限りだと、ミーティングの時間が少なそうなイメージを持ちました。そこもすごく良いなぁって。

おっしゃる通り、ミーティングは限りなく少ないですね。全体のミーティングが週一で実施されますが、基本的にそれだけです。先ほどもお話ししたように、案件ベースでの相談はありますが、会社としての打ち合わせはそれだけです。

ーー 最後となりますが、NDPに今後ご興味を持たれた方々に向けて教えてください。どのような方がNDPの中でのびのび仕事ができると感じられますか?

私の話ですと、NDPに入社しようと思ったきっかけが、もともと独立志向で、自由度の高いベンチャーを探していたからというものではありました。会社の方針としても「主軸が広告営業で、事業領域だったらどこにでも参入していい」という話だったので、じゃあやってみたいと。

個人主義すぎるのも良くはないですが、個人スキルを上げることに対して情報収集する場もあるし、変な話 給与をいただきながらそれができるという部分からも、自己学習としては最適な場だと思います。

先ほどもお話ししたように、社としてこの領域でインパクト作れというのは特にないので、攻める領域は各個人に依存しています。自分で裁量を持って、自由に提案したい。

そのような方であればとてものびのび仕事ができるのではないかと思います。

ーー ありがとうございました!

株式会社NDPマーケティング's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings