1
/
5

【社員インタビュー】同世代で繋がる通話コミュニティ「Yay!」CS/タニグチ

ナナメウエ、サキです! 本日はナナメウエが運営する同世代が通話でつながる趣味コミュニティーSNS「Yay!」のカスタマーサポート/谷口さんにお話しいただきました!


ーナナメウエへ入社のきっかけー

ナナメウエ入社前、英語を学ぶためワーキングホリデーで1年ほどカナダにいました。カナダ滞在中は、ボードゲームにハマり、友人とよくボードゲームカフェに行っていました。その際に一緒にボードゲームカフェに行く仲間をSNSを通じて集いました。そのおかげで多くの人と知り合うことができ、自分自身の視野も広がり、とても充実した海外生活を送ることができたんです。SNS上でこんなにもたくさんの人と繋れることに驚き、とても興味が沸きました。

帰国後、ナナメウエの求人を見つけ、SNSやアプリの裏側が覗けて面白そうな仕事内容と綺麗なオフィスに惹かれました。また英語を公用語にしているところ、社員の半数以上が外国籍社員である環境に魅力を感じ、留学で得た英語力を活用できると思い入社を決意しました。


ー現在の仕事内容を教えてください。どんな仕事ですか?ー

現在のポジションはCS(カスタマーサポート)です。仕事内容は主にユーザーとコミニケーションをとりユーザーのエンゲージメント向上を目的としています。以前は、ファンミーティングを開いて実際にユーザーとリアルにコミュニケーションを取るイベントなどを行っていました。(現在はコロナ渦で行えない状況ではありますが...)ファンミーティングではユーザーとディズニーランドやUSJに行き、実際にユーザーの喜ぶ顔を見れたのは自分自身のモチベーションにもなりましたし、とても良い思い出です!状況が落ち着いたら、またそういったイベントを行いたいですね!

その他にはシステムの不具合やユーザーからの要望、生の声を聞いて、アプリに実装する案を収集しています。


ー職場のどんなところが好きですか?ー

ナナメウエは半数以上が外国籍の社員で構成されており、多国籍な方とコミュニケーションを取れる事です。明るい方が多く、人間関係で悩むこともないです。

また、福利厚生が充実しており語学を勉強したい私にはありがたく感じています。




ーYay!の魅力は何ですか?(面白いところ、他のアプリと違う点)ー

他のSNSサービスは海外企業が多いので、実際にユーザーとコミュニケーションを取ることがほぼありませんが、Yay!は私たちCSがユーザーとのコミュニケーションを大切にしているので、ユーザーと運営の距離が近い点だと思います。運営側は独自の運営アカウントを持っており、気軽に友達と話すように通話を行い、日々コミュニケーションを大切にしています。運営とユーザーの距離が近いので、ユーザーから不具合の報告や要望をすぐもらうことができています。それが実装された際にユーザーから感謝のメッセージがあったりと、とてもやりがいに感じています!また以前、学生に限定したアプリに携わっていたおり、サービスが終了する時には、多くのユーザー様から感謝の手紙を頂き、これほどまでにこのサービスが愛されていたことに感動しました...!  Yay!もそんな風に多くの人に愛されるアプリに育てていきたいですね!


ーどのような人に「Yay!」をお勧めしたいですか。「Yay!」を使う利点はどんなところですか?ー

Yay!では通話機能に特に力を入れており、アップデート毎に改善が行われたり新しい機能が実装されているので、とにかく色々な人と話して視野を広げたい!単におしゃべりするのが好き!といった方にオススメです!最近Yay!では数人で通話を行いながら一緒にゲームができる機能が追加されたので、誰かと一緒にゲームを楽しみたいという方にもオススメです!

また、Yay!にはサークルという機能があり、趣味の合う仲間を見つけることもできます。仲の良い友達が見つかったというユーザーからの嬉しい言葉も多数いただいております。


ー今後挑戦したいことは何ですか?ー

Yay!の人口を増やし世界一のSNSアプリにすることです。Yay!は世界一のSNSアプリになれるポテンシャルがあると私は確信しております。そのためには日々ユーザーのエンゲージメントを向上し、Yay!の良さを広めていくのが私の役目であり、挑戦でもあります。最近では海外のユーザーも増えてきているので、夢は大きく、いつか世界で誇れる最高のアプリにしていきたいです。!


詳しくお話しいただきありがとうございました!

株式会社ナナメウエ's job postings
7 Likes
7 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more