This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

入社3日であらゆるタスクを巻き取るスーパーインターン生現る!!

みなさんこんにちは。ナイモノインターンの塩澤です。今回は噂の超優秀新人インターン生の中島くんに密着してみました。入社3日で既にナイモノのありとあらゆるタスクをダイソンの如く巻き取ってるという噂。それでいて常に満面の笑顔を絶やさない恐るべき中島くん。一体全体彼は何者なのか、その真相に迫っていきます。

Q.自己紹介がてら、自分を一言で表して見てください!

中島慎治と申します。大阪大学に在籍中で、今は休学中の者です。
自分を一言で表してですか…いきなり難しい質問ですね笑。1番しっくり来てるのは、”ちくわ”ですね笑。

自分でめっちゃ軸があってそこに信念あって活動するというよりは、誰かの信念を支える感じです。
信念がきゅうりだとしたらで、僕はその周りのちくわみたいな感じですね。きゅうりだけじゃ美味しくないじゃないですか。だからちくわの存在って結構大事だと思ってます。
今のナイモノでの業務で言いますと、データの可視化、どう整理してきれいにして、わかりやすく使いやすくするって事とかをやってます。と言いましてもまだ入社して3日目なのですが…笑
例えば、集客のCustomerフローの各段階の数字をどの段階でどうとるか、それを一元的に集めて自動化して…って感じですね。
言うなれば、ポスト辻川さんの座を狙ってますって感じですね笑。

ポスト辻川さんの座を虎視眈々と狙う中島くんの不敵な笑み


Q.どんな幼少期をお過ごしになられたのでしょうか?

幼少期は、小学校入る直前に親が離婚して、母親の方に引き取られて、おばあちゃんに育てられました。小学校入る直前に引っ越して友達居なくて、毎日泣きながら学校行って。そういう経験はありました。
小学校でのキャラ的には、クラスの明るい子とたまに遊んでるみたいなキャラでした。めちゃくちゃ運動音痴でして、外で遊ぶみたいなことはせず、夏休みはおばあちゃんちで1日6時間くらいネットゲームしてるみたいな子でした。もう、察していただければと思います。それで、それを小学6年のとき親に心配されてプールに通わされるということもありましたね…

中1までは割と真面目キャラでおりまして、学級委員するみたいなこともありました。いわゆる優等生キャラ的に「先生がだめって言ってるものはだめ」みたいなことをクラスメートに注意する場面とかも多かったですね。
ところが中2の頃、そのキャラでいるのなんでだろうと思いだしまして。なんで、自分はこんな真面目なんだろうと思い始めて、そこからわちゃわちゃははしゃぎだしたみたいな感じですね。少しちゃらけるというか、明るく振る舞おうと意識的に行動を変えました。
今もネは陰キャですが、表面は陽キャになれるのはその頃の名残ですね笑。
その中学校の転機が起こせたのは運動部に入ったことが大きいですね。バドミントン部だったのですが、結構ハマってしまって、結構自分なりに成績上げれて、楽しくなった経験が有りまして。そこからいわゆる自分に自身持って明るくなりましたね。笑
人当たり良くなったのはこのときの影響が大きいです。 

チャラくなった中島
突如として急にチャラくなったらしい中島くん

Q.なにか好きなものや熱中してるものとかあるんですか?

好きなことですか。強いて言うならものをきれいに整えるとかすごい好きですね。あ、あと鉄道とか航空も好きです。その両面を表すのが、小学校3年生くらいからエクセルカタカタ触って、鉄道の路線図作るとかやっておりました。そうやってものを自分なりに見やすくとかは好きですし、やっぱり得意ですね。

Q.なんでですか笑?

うーん、環境的な面で言いますと、1つは、一人っ子で親が仕事で1人でいる時間が多くて、1人でパソコン触ってるとか多かったので、自分の時間に没頭することが多かったこととかはあるかもしれませんね。
またそれだけでなく、親が美的センス強いみたいなのはあるので、その影響かもしれませんね。

Q.大学時代はどんな感じで過ごされてるんですか?

高校の頃の流れで、大学もバドミントンしようと思っていましたが、部活やることにすごいお金かかることを知り、断念しました。それで、親には留学しなさいってめっちゃ言われたが反対しまして。英会話とかやってたんで、アイセックという学生団体に出会って入りました。単純に海外の人に出会えるのいいなっていいうところに共感して入ったのがはじめでした。
今は、海外軸というよりは今までやったことのない頑張り方をするなと言いますか、今まで考えたことのないことを考えることとかにハマっていきましたね。難しい問いに向き合って、色んな人に出会って苦しみながらも向き合いたくないところに向き合って自分が変わってく感じが嬉しくて刺激的で今も没頭しているという感じですね。

アイセックでは法務と財務を中心に活動しています。
委員長経験は大きくて、自分がちくわとしてのバリューがあるということをつくづく感じたのが大きかったですね。委員長として信念を持って人々を共感させるではなく、それを支えるポジションとして価値発揮するみたいな感じで、自分は今も熱中しております笑。 

アイセックでエンジョイする中島くんの様子

Q.ナイモノとはどうやって出会ったのですか?

ナイモノとの出会いは、2年生の冬に学生団体を通して代表の霜田さんと出会って、構造的に不利な人(地方学生)を応援しているなって素敵なサービスだなっていう印象がありました。そこから1年間大阪で委員長やって、自分も地方学生としていろいろと不憫を感じることがありまして、地方学生を応援することそのミッションに共感するようになっていきました。
今アイセックでも頑張る人を応援するというモチベーションでやっておりましてて、具体的には地方で頑張るメンバーへの交通費負担を軽減するとか…色々あるのですが。
やっぱり、頑張る人が報われる状態作りたいですよね。頑張る人が苦しまないようにしたいという思いが強くありましてて。財務をやっていても。その自分自身の思いと「挑戦者を応援する」というナイモノのミッションがまさにリンクしまして、インターンとして働かせていただくに至りました。

Q.他の社員さんやインターン生を他己紹介してください!

辻川さん

辻川さんにはいつもお世話になっております。
自分と似ている感覚はすごいありますね。雰囲気親しいものあると感じますね笑。 印象的だったのは「何したい?」って言われて、「意思決定する人が情報を集めるところに時間使うのではなく、集めた情報を明確に意思決定できる環境を作りたい」って申したときに、「めっちゃいいっすね」って共感してくれたことですね。 それがすごい嬉しかったです。今までこういうニッチな話に共感してくれる人は多くはなかったので。
でも、圧倒的に守備範囲が広いのが辻川さんですね。本当に彼はできることたくさんあります。
それにも関わらず、自分の提案とかすごく物腰やわらかく受け止めてくれる姿勢とかを見ると、すごいいい人だなって思います。本当に付いていきたいなって思わせてくれる素敵な方ですね。
結構バックオフィスサイドの人って没頭しやすく、こだわり強い人が多い印象ですけど、辻川さんは人の意見聞く姿勢がとても建設的で、見習う部分多いなって思ってます。まあ、辻川さんモテますしね笑。

インターン生の塩澤くん

前提、塩澤くんとはアイセックを一緒にやっているのですけど、アイセックの塩澤くんはよく知っています。彼と一緒に居る時間は多いですね笑。
彼は、常に目の前にいる人がどうやったら輝けるかを日々考えてるんやなって感じますね。アイセックでもナイモノでもお互いサポートしあっているので、目の前の人がどう輝けるかっていうことを常に考えてくれることはすごく良い姿勢だなって思ってます。それをうまくやっているなというのは尊敬できるなと思ってます。

Q.ナイモノは挑戦者を応援する会社です。中島くんの挑戦を教えて下さい!

今はデータの可視化をやってるので、その範囲をもっと広げていきたいというのがまず第一の挑戦です。その上で全社的な数値やデータをもっと広く有効に使える状態にしていきたいですね。
更には、法務や財務ももちろん興味あります。アイセックでやっているので。
ナイモノ今CFO居ないらしいので、そのポジションとかも、ゆくゆくは…www
次の会社としての大きな挑戦に対して、財務観点から意見持てるように勉強していきたいなと思っているところです。笑

Q.最後に一言締めの言葉をお願いします

本当になんでもやらしてくれる会社です、ここナイモノは。
一方で自分がどのようにしてバリュー発揮するかを考えないとやることないだろうなって思います。
自分の価値発揮の仕方が見えてくると思います。この環境では笑。
だから、どこかで尖りたいなって思う人が尖りきれる環境です。そういうチャレンジを僕もしていきますし、そう思ってる人を応援したいと思ってます。


SEOライター
あなたが書きたいことを誰もが読みたくなるように書いてくれるライターさん募集
株式会社ナイモノは、2013年に創業した 採用支援事業を展開している会社です。 「挑戦者側から社会をおもしろくする。」 という理念を掲げています。 企業が抱える課題を解決するプロデューサー集団として、 特に成長企業や日本の知られざる中小優良企業に フォーカスし新卒・中途採用支援をしています。 【主な事業】 ■上京就活生・転職者を応援するジョーカツ・ジョーカツチェンジの運営【NEW】 ■フリーHR事業者向けプラットフォーム「STONE CRICLE」の運営【NEW】 ■採用戦略・ブランド構築 ■採用業務のアウトソーシング ■求人広告等のメディアプランニング&バイイング ■クリエイティブツールの企画・制作等 6期目を迎えた今、財政基盤も安定してきました。 ナイモノという社名にはその名の通り、 世の中にない価値を生み出し、提供していくという想いが込められています。 これからは、「挑戦者を応援するまだナイモノ」をどんどん創って行きたいと思います。 小さな会社ですが、だからこそ全社員で経営する面白さを味わえると思います。
株式会社ナイモノ
株式会社ナイモノ's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more