This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

「技術をリスペクト」を体現するNABLASの文化とは


こんにちは、NABLAS広報担当です!

弊社ではリサーチャーや広報インターン生を大募集しています!

今回はCEOの中山に「NABLASらしく働ける環境」を作る上で、工夫しているコトを聞いてみました。


webエンジニアはこちら↓↓↓

Python Webエンジニア
Pythonスペシャリスト求ム!弊研究所、人手が足りていません!
NABLASは、東京大学松尾研究室のメンバーが中心となって設立した、AI技術の総合研究所です。 【最先端のAI技術を社会に届け、人が人らしく生きることができる社会の実現】 をミッションとして掲げ、日々研究しています。 NABLASはAI分野における人材育成・研究開発・コンサルティングの活動を通じて、多くの価値を還元し、全世界に貢献していきたいと考えています。 【AIコンサルティング事業】 人材育成から研究開発、AI技術導入まで、クライアントのビジネス価値を最大化する戦略を立案し、必要なソリューションを提供します。 【AI人材育成】 NABLASのAI人材育成事業は、「iLect(ilect.net)」という事業ブランドの元に提供しています。iLectは、東京大学松尾研究室が開発したAI人材教育コンテンツについて、東京大学から正式にライセンスを受け、学外向けに提供している唯一の事業者です。独自開発のGPU向けの高度な仮想化技術を利用したiLectシステムとともに、大規模な法人向けDeep Learning研修や研究現場などで利用されています。 【独自技術・サービス開発】 より大きなインパクトを社会に届けるために、独自技術・サービスの開発を行っています。積極的に新技術開発と研究を進め、最先端の技術を常に提供します。
NABLAS

AIコンサルタントはこちら↓↓↓

AIコンサルタント
世界が驚くソリューションを自らの手で!AIコンサルタント募集!
NABLASは、東京大学松尾研究室のメンバーが中心となって設立した、AI技術の総合研究所です。 【最先端のAI技術を社会に届け、人が人らしく生きることができる社会の実現】 をミッションとして掲げ、日々研究しています。 NABLASはAI分野における人材育成・研究開発・コンサルティングの活動を通じて、多くの価値を還元し、全世界に貢献していきたいと考えています。 【AIコンサルティング事業】 人材育成から研究開発、AI技術導入まで、クライアントのビジネス価値を最大化する戦略を立案し、必要なソリューションを提供します。 【AI人材育成】 NABLASのAI人材育成事業は、「iLect(ilect.net)」という事業ブランドの元に提供しています。iLectは、東京大学松尾研究室が開発したAI人材教育コンテンツについて、東京大学から正式にライセンスを受け、学外向けに提供している唯一の事業者です。独自開発のGPU向けの高度な仮想化技術を利用したiLectシステムとともに、大規模な法人向けDeep Learning研修や研究現場などで利用されています。 【独自技術・サービス開発】 より大きなインパクトを社会に届けるために、独自技術・サービスの開発を行っています。積極的に新技術開発と研究を進め、最先端の技術を常に提供します。
NABLAS


まずはじめに、NABLASで大事にしている「技術をリスペクト」の文化とはどういったものでしょうか?

大きく分けて2つの意味がありますね。1つ目の文化としては、「技術者たちが、自分たちの力を100%発揮できるような環境を整えたい」ということです。

そのためにできることはなんでもやっていきます。技術者同士のチームワークやパフォーマンスを高められるものであれば、どんどん取り入れていきたい!というような経営スタンスで、環境を整えていくことを重要視しています。


なるほど。もう1つの意味はどういうものですか?

結論から言うと「技術に真摯に向き合うこと」ですね。

例として、NABLASの一事業として行なっているR&D事業にフォーカスしてお話しします。R&D事業では、AI技術を導入・開発することで、クライアントの新規事業や社内構造の改善を支援しています。しかしR&Dにおいては、単に最先端の技術を取り入れれば良い、というわけではありません。

そのため、プロジェクトの前段階としてしっかり時間をかけてヒアリングし、技術的な視点で検証してようやくスタートします。その結果として、現状ではクライアントのお力になれずプロジェクトを立ち上げるべきではない、という判断になることも正直ありますね。

目先の利益よりも、問題を解決するための技術選定は妥当であるか、真に価値を創造できるプロジェクトであるか、という視点を大事にしています。キーワードが先行しがちなAIブームの中において、しっかりと業務やデータに向き合い、的確な技術選定を行うことには特に細心の注意を払っていますね。


ありがとうございます。話が少し戻りますが、メンバーが働く環境について具体的にどのような整備を行なっていますか?

エンジニアやリサーチャーなど、技術サイドのメンバーは、それぞれにこだわりや理想の環境があるので、なるべく要望に合わせた環境作りをしています。例えば、PCはできる限り本人の希望するスペックの物を用意していますし、マウスやキーボード、タブレットなどに関しても、各技術者が自身のパフォーマンスを最大化するために必要なものを自由に購入できる個人予算を用意しています。また、GPUなどの計算機環境も、一人一台提供している他、最先端の計算機環境にアクセスできるようにしています。私自身が技術サイドの人間なので、自分でも作業環境や計算機環境は大事にしていますし、環境整備の部分にリソースを惜しまない文化にしたいと考えています。そのように、会社全体として技術者が中心の会社である、と強く考えていますね。そのため、技術に関する書籍の購入に関しても、全額援助を行う制度があります。

また現在では、計算機で苦労して欲しくないという想いが同様にあるので、やりたい計算が早急かつ手軽に行えるような環境を整えているところです。


技術者が気持ちよく開発に没頭できるように心がけていることはなんでしょうか?

細部にまできちんとこだわることと、技術者の環境整備です。例えば、コーヒー一杯にもこだわっていて、カフェで使われるようなコーヒーメーカーをオフィスで使用しているんです。

本当に美味しいコーヒーを飲みながら気持ちよく仕事が出来るということも、NABLASで働く魅力の一つで、メンバーからの満足度も高いポイントです(笑)

そして時間の使い方やプロジェクトの決定権等、技術者に大きな裁量を持ってもらっています。

例えば、朝早くの方が頭が働くという方もいれば、少し遅い時間の方が頭が働くという方もいらっしゃると思いますので、フレックス制度を導入しました。

また、NABLASならではの制度として、「戦略的散歩制度」と(我々は呼んでいますが…)いうものを取り入れています。


「戦略的散歩制度」に関して、詳しく教えてください!

端的に言うと、自由に散歩してきて良い、というものです。我々の仕事は高い集中力と知的生産性を必要とする業種ですが、やはり人間の集中はずっと続くものでもないので、場所や時間を拘束し続けることは技術者のパフォーマンスを下げてしまいます。

なので、自由度高く好きに散歩してきていいですよ、というのが戦略的散歩制度です。私自身がそうなんですけど、考え事が捗るときは、歩いているタイミングが多いです。歩きながら、気分転換することによって、「よし、やろう!」という強い集中力を生むことが出来ますし、頭の中を整理したり、大局的に物事を考えることに大きく貢献します。多くの科学者が、歩くことと知的生産性の関係性を証明していますし、古くはソクラテス、ベートーベンやゲーテ、最近ではスティーブ・ジョブズなども歩きながら考えをまとめたり議論することを実践していた、と聞きます。

我々のオフィスは東京大学のキャンパス内にあるので、自然も多く、文化的・歴史的な建物に囲まれた、アイデアを深めていくためにはとても良い環境です。他にはない貴重な環境を活かして散歩をしてもらえば、きっと新たなアイデアも浮かぶのではないか、より強い集中力を生むという結果に繋がるのではないか、と考えています。


職場の環境や雰囲気を教えてください!

技術者という性質上、個人での仕事時間が長いです。とはいってもチームで動く仕事なので、社内では出来る限り技術者同士の交流を促進しています。例えば、サッカーゲームができるテーブルや、様々なボードゲームを用意しております。こういった文化が社内にあることで、技術者の緊張感をほぐし、組織の成果を高める材料になるのではないかという経緯から導入に至りました。

まだまだ導入したばかりなので効果は分からないですが、サッカーゲームは想像以上に盛り上がりますし、会話のきっかけとして最適ですね。



今後の導入を考えている環境整備は?

外国人エンジニアをはじめとして、優秀な技術者が入社しやすい環境を、整えていこうと考えています。

特に外国人の住居に関しては、不動産会社からかなり厳しい条件を提示されたり、入居前後でトラブルになるといった状況がよくあります。そのため、このような点を会社側でできるだけサポートしたいと考えています。あくまでもこれは一例に過ぎませんが、メンバーが気持ちよく生活していけるような状態を常に作っていきたいです。プライベートに何かしらの負荷を抱えていると、嫌な気持ちで会社に来ることになってしまうので、企業側でサポートできることがあれば、積極的にサポートしていきたいと考えています。現状だと、ランチ費用や交通費、保険に関しては、全て支給、完備していますが、まだまだ会社から還元できることはあるのではないかと模索しています。弊社のカルチャーをしっかり反映させていくためにも、より良い環境作りを行なっていくつもりです。

NABLAS's job postings
Anonymous
C3534e3a 120e 4aa2 afaf f08303278213?1565075413
B607f10a 89e1 46b6 9957 069ca3f05b9b?1557308284
57cfd265 dcc9 44af ae56 965fc7c79ff6?1562570625
3 Likes
Anonymous
C3534e3a 120e 4aa2 afaf f08303278213?1565075413
B607f10a 89e1 46b6 9957 069ca3f05b9b?1557308284
57cfd265 dcc9 44af ae56 965fc7c79ff6?1562570625
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more

Page top icon