This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

異色経歴の新入社員から見たNABLASとは

こんにちは、NABLAS広報担当です!

NABLASではリサーチャーや広報インターン生を大募集しています!

今回は今年4月に入社した新入社員の荒居さんに入社理由や仕事内容を聞いてみました。


リサーチャーはこちら↓↓↓

リサーチャー
共に、世界のNABLASにしませんか?経験豊富なリサーチャー募集!
NABLASは、東京大学松尾研究室のメンバーが中心となって設立した、AI技術の総合研究所です。 【最先端のAI技術を社会に届け、人が人らしく生きることができる社会の実現】 をミッションとして掲げ、日々研究しています。 NABLASはAI分野における人材育成・研究開発・コンサルティングの活動を通じて、多くの価値を還元し、全世界に貢献していきたいと考えています。 【AIコンサルティング事業】 人材育成から研究開発、AI技術導入まで、クライアントのビジネス価値を最大化する戦略を立案し、必要なソリューションを提供します。 【AI人材育成】 NABLASのAI人材育成事業は、「iLect(ilect.net)」という事業ブランドの元に提供しています。iLectは、東京大学松尾研究室が開発したAI人材教育コンテンツについて、東京大学から正式にライセンスを受け、学外向けに提供している唯一の事業者です。独自開発のGPU向けの高度な仮想化技術を利用したiLectシステムとともに、大規模な法人向けDeep Learning研修や研究現場などで利用されています。 【独自技術・サービス開発】 より大きなインパクトを社会に届けるために、独自技術・サービスの開発を行っています。積極的に新技術開発と研究を進め、最先端の技術を常に提供します。
NABLAS

広報インターンはこちら↓↓↓

広報インターン
世界最先端研究チームの一員となって、広報力で世界に技術を発信しませんか?
NABLASは、東京大学松尾研究室のメンバーが中心となって設立した、AI技術の総合研究所です。 【最先端のAI技術を社会に届け、人が人らしく生きることができる社会の実現】 をミッションとして掲げ、日々研究しています。 NABLASはAI分野における人材育成・研究開発・コンサルティングの活動を通じて、多くの価値を還元し、全世界に貢献していきたいと考えています。 【AIコンサルティング事業】 人材育成から研究開発、AI技術導入まで、クライアントのビジネス価値を最大化する戦略を立案し、必要なソリューションを提供します。 【AI人材育成】 NABLASのAI人材育成事業は、「iLect(ilect.net)」という事業ブランドの元に提供しています。iLectは、東京大学松尾研究室が開発したAI人材教育コンテンツについて、東京大学から正式にライセンスを受け、学外向けに提供している唯一の事業者です。独自開発のGPU向けの高度な仮想化技術を利用したiLectシステムとともに、大規模な法人向けDeep Learning研修や研究現場などで利用されています。 【独自技術・サービス開発】 より大きなインパクトを社会に届けるために、独自技術・サービスの開発を行っています。積極的に新技術開発と研究を進め、最先端の技術を常に提供します。
NABLAS


入社の経緯について

修士1年生まで、東大の航空宇宙に在籍していました。修士2年生に上がるタイミングで休学し、NABLASで正社員として働いています。休学前からsansanさんやリクルートさんでインターンをしていたこともあり、幅広く仕事先を探していたものの、NABLASに決めたきっかけは、直接お声がけ頂いたことでした。特に、この休学期間中にやりたかったことができる環境は大きな決め手です。

やりたかったことの前提として、研究に携わりたいと考えていました。理由としては、今後、航空宇宙分野で研究したいと思っているため、そこで役立つことをしておきたかったからです。なかでも研究室ではデータ分析をメインで取り組んでいたため、そのようなスキルや研究的な視点が身につく仕事をしたいと考えていました。

NABLASからの誘いはどのようなものでしたか?

3月の頭ぐらいに、Slackのメッセージで「働かないか?」と直球で来ました(笑)

その際に「こういう条件だけれどどう?」といった話をして頂いたのですが、思っていたよりもかなり条件が良かったことが悩みのタネでした。というのも、「大丈夫かな、罠じゃないかな(笑)」と思ったことと、「NABLASの期待するアウトプットができるだろうか」という観点で、2週間ほど悩みました。そこから、実際のアウトプットイメージをすり合わせて入社を決意した次第です。


今、担当している仕事内容は?

現在2つのプロジェクトに関わっていて、時系列データを扱う問題に携わっていることと、今までDeep Learningが入りこめなかった分野に関してのサーベイや実装を行なっています。特に後者は広くいうとコンピュータービジョンの領域で、最近データセットが整いつつあるものの、まだ未開の部分が多い分野なため、ここはまだまだ勝機があるなと。

それに、少人数でやっているプロジェクトなので、かなり自由度高く任せてもらっています。マネジメントをしているのは中山先生ですが、プロジェクトの進捗的には、自分にかかっている部分が大きいと感じていますので、そこを円滑に進行できる仕組み作りに力を入れているといった感じですね。

入社してから感じたギャップは?

一言でいうと「自由」だと感じました(笑)

基本的に拘束感がほとんどなく、「いつでも気分転換に散歩してきていいよ」と言われ最初は驚きました。あと予想していなかったことは、計算環境が手に入りやすい環境ですごい良かったと感じています。それに、会社自体も思ったより出来立てほやほやで新鮮です。

荒居さんから見たCEOの印象は?

技術にかなり精通している方。そういう人がマネジメントを務めているのは組織としてメリットが大きいなと感じています。仕事を取ってくるときにも言えることですね。

他の観点でいうと、メンバーとの接し方はかなりニュートラルです。技術選定もそうですし、判断基準を1つに決めつけないというところに気を付けてらっしゃると思います。


NABLASの魅力と課題は?

魅力は先ほどの話に通ずる部分ですが、やはり自由度の高さですね。入社してまだ日が浅いですが、他の会社ではあり得ない範囲を担当できています。一方で課題は、魅力の裏返しになりますが、体制が固まりきっていないため任される責任の大きさですね。逆に言えば発言次第で大きな裁量を獲得できるということになるので、表裏一体ですが。

例えば、採用面接に関しても「一緒に働く人だから見てほしい」ということで、新入社員の僕が面接官になることもたまにあります。(笑)

NABLASに合う人ってどういう人?

状況に応じて柔軟に切り替えられる方だと思います。Deep Learnigのように最先端の技術を扱う分野では、日々、広く研究動向を調べながら直近のタスクの優先順位を決めるような性質の仕事なので、短い期間の間でタスクの優先度がどんどん変わります。そういう観点でいくと、柔軟に対応できる方がいいのかなと思います。

逆に、一歩一歩地盤を固めながら堅実にやっていくスタイルは、多分どのプロジェクトでも合わないです。全体的にかなりスピード感を大事にしているので。

荒居さんがNABLASを一言でいうと?

難しいですね(笑)

これから伸びる企業と言いたいのですが「伸ばしたい企業」にしておきます。組織の中でやりたい仕事を任せてもらっているからには、伸ばしていきたいという気持ちがかなり強いので。基本的に社員として所属しているメンバーは、会社の成長や経営に対する当事者意識でモチベーションを感じていると思います。

未来の仲間へメッセージ

かなり幅広いスキルが身につく環境だと思っています。いろんな強みを装着して、一人でも強くやっていける人間になりたいという方は、この会社は合っていると思います。

是非、一緒にNABLASを伸ばしていきましょう!

NABLAS's job postings
Anonymous
B607f10a 89e1 46b6 9957 069ca3f05b9b?1557308284
57cfd265 dcc9 44af ae56 965fc7c79ff6?1562570625
2 Likes
Anonymous
B607f10a 89e1 46b6 9957 069ca3f05b9b?1557308284
57cfd265 dcc9 44af ae56 965fc7c79ff6?1562570625
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more

Page top icon