1
/
5

技術顧問・西脇氏が考える「優秀なエンジニアとは」?

2021年5月に技術顧問として就任した西脇さんに、「優秀なエンジニアとは?」という質問をぶつけてみました。「技術力はもちろん必要だが、それ以上にプロダクトに対する姿勢や愛着が大切」と語る西脇さん。その本質を聞いてきました。

― これまでCTOを務めたり、複数企業の技術顧問を兼任されたりとご活躍ですが、エンジニアとしての経歴を教えていただけますか。

エンジニアキャリアの第一歩は、大学卒業後に勤めた外資系の金融システム会社でした。株売買をする証券系システムに携わったり、データセンターの運用を行ったりしていました。大変充実しておりましたが、B to Bのサービスであり、自分が作り上げたものが「社会にどう役立っているか」「ユーザーの体験にどう繋がっているか」が分かりにくく、そこをクリアにするために転職を決めました。次に飛び込んだのはB to Cのウェディング情報サイトを運営している企業で、そこではインフラ・バックエンドからデザイン領域、AIの開発など様々な経験をしました。最終的にCTOに就任して組織づくりに関わった後、違うフェーズの企業にも挑戦をしたいと感じ、独立に至ります。

―ずばり西脇さんが考える「優秀なエンジニア」とはどんな方でしょうか?

何かの分野で卓越した技術を持っているエンジニアは優秀だと思います。特定の分野で強みを持っている方はより飛び抜けるべきです。ただ、エンジニアとして必要な素養は技術力以上に人間力の高さだと思っています。これは誰もが直面する「エンジニアとしてのキャリア」を考える上で非常に大切なことだと言えます。

―「人間力の高さ」とは?

心から湧き上がる探究心、コミュニーケーション力、プロダクトと向き合う真摯な姿勢などです。プロダクトをつくり上げるためにはチームメンバーや関係部署とのコミュニケーションが必須です。また、要件・状況情報をもとに課題を深掘りし咀嚼して、それを要件としてプロダクトを開発していく咀嚼力と再現力が求められます。だからこそ自分事化して愛着を持ってプロダクトを見られることが大切です。加えてそこに、自分の想い・こだわり・技術を込めてプロダクト作りしようとする人は本当に素敵ですよね。

―エンジニアが「日頃からこういうことを大切にしたほうが良い」ということはありますか?

己の探究心との付き合い方です。エンジニアの多くは己の心に探究心は少なからずあるのではと思っています。探究したいという心の動きに付き合う時間、とも言えるかもしれません。「忙しくてそんな時間ない」と、段々と優先度が下がりがちですが、エンジニアにとって探究心との付き合い方は大事です。例えば、探究心がコーディングに向いていれば、毎日1行コードを書くだけでもいいので、短くてもその時間を毎日取り習慣化することが大切です。その積み重ねは人生の糧となります。

エンジニアリング以外の分野でも話は同じで、自分の好きなことや趣味を探求するでも構いません。大事なのは、探究心の追求で得られる視野や視座、考え方、価値観、そして技術力、遊び心であって、例えばそれが、課題を発見し解決のために自分なりの解決法を模索できるような力のアップにも繋がるでしょう。探究心との付き合い方が下手よりは上手い方がエンジニアのキャリアを渡っていくのに有利なのは間違いありません。

―様々な技術組織を見てきたと思いますが、西脇さんから見たMFSの魅力は何でしょうか?

MFSが運営している「モゲチェック」は、純粋に面白いサービスだなと感じました。私自身も家選びの経験があるのですが、当時は住宅ローンの金利やローンに付随する生命保険を比較できるサービスがありませんでした。「住宅ローンを自分で選ぶ」という概念すらなくて、不動産会社に金融機関を紹介されてその中から選ぶものだと思っていました。

「モゲチェック」のサービスを聞いた時に、今までにない常識を作ろうとしていると感じました。よく「AIやDXによって、10、20年後には何割かの仕事が世の中からなくなり、新しいものに置き換わる」と言われますが、モゲチェックはまさに「新しいもの」だと認識しています。今まであった業界の課題を解決し、より現代社会に合わせ進化させていく。これまでの「住宅ローン選びは難しそう・複雑そう」というイメージを、テクノロジーを用いることで一気に敷居を下げていき、ユーザも不動産業者も銀行もwin-win-winな状態を作っていけると思います。ユーザーは自分にベストなローンがわかりますし、不動産業者はローン業務の負担が軽減される、銀行も新たな集客チャネルを手にすることができます。

住宅ローン選びの新たな可能性を世の中に広げていくことに貢献できることが、とても楽しみです。

―西脇さんにとって「技術顧問」とはどういう存在であるべきだと思いますか?

私が考える技術顧問は「近江商人の精神」の実現を追求すべきだと思っています。いわゆる「売り手よし」「買い手よし」「世間よし」の「三方よし」の精神です。企業・事業成長に貢献し、ユーザー側のサービス利用価値を高め、そして社会に貢献していきます。

また、企業にとってみれば、私は成長を加速させるためのアクセルを踏ませる存在でありたいと思います。そのためにも、現状理解と経営の仕方、エンジニアリング等を一歩下がった目線で鳥瞰的に考えていく。そのためにエンジニアメンバーの相談相手になることもあれば、経営陣にヒントを与える存在になることもある。そんな存在になっていければと考えています。

―ありがとうございました!

▼MFSの採用ページはこちら▼

採用ページトップ

ーCTO募集要項

ーリードエンジニア ( バックエンド )募集要項

ーソフトウェアエンジニア ( フロントエンド )募集要項

ーリードデザイナー募集要項

ーUI/UXデザイナー募集要項

株式会社MFS's job postings

Weekly ranking

Show other rankings