1
/
5
This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

グループリーダーインタビュー:いい税理士の時間を創る A-SaaS グループを率いるリーダー 小林秀樹さん

こんにちは。人事採用チームの永井です。

Mikatus(ミカタス)の各グループを率いるグループリーダーが、どのようなグループミッションを掲げ、実現のためどのように取り組んでいるのかをご紹介するインタビューシリーズです!

今回は第一回として、Mikatus が創業期から主力サービスとして提供してきた、クラウド税務・会計・給与システム A-SaaS(エーサース) の開発を行う A-SaaS グループのグループリーダー小林秀樹さんにインタビューいたしました。

Mikatus における A-SaaS グループの歴史から現在の体制、そしてミッション実現に向けた取り組みまで、真っ直ぐな言葉でお話いただいていますのでぜひご覧ください!



Mikatusにおける A-SaaS グループの役割を教えて下さい

Mikatus 創業時からの中核事業である、クラウド税務・会計・給与の機能が揃った税理士のためのオールインワンシステム A-SaaS の開発を27名(2020年8月末時点)のメンバーで行っています。

従来型の会計システムでは専用ハードウェアの購入をはじめ税理士にとって大きな初期投資が必要でしたが、A-SaaS はクラウド型で提供しているため、少ない初期投資で、仕訳入力から、給与計算・年末調整、法人税・所得税の電子申告まで、様々な機能をすぐにご利用いただくことができます。すでに全国1,100以上の会計事務所にご利用いただいており、常に税理士のみなさまからいただくフィードバックを参考に、会社として取り組むべき優先順位を定めながら開発に取り組んでいます。


Mikatus は創業当初、 A-SaaS 事業のみを行っていました。しかし2017年にミッション、2019年にビジョンを定めたことにより、税理士のみなさまを支えていくためのサービスを新たに展開していくことになりました。そこで、中小企業の経営面や財務面の支援をするためのサービスとしてリリースされたキャッシュ・イズ・キングなど新サービスを開発する事業開発グループと、基幹事業である A-SaaS を開発・運営するためのA-SaaSグループ、2つの開発組織に分かれています。


グループリーダー小林さんとMikatusのお話を教えて下さい

私は昔からものを作る仕事がしたいという思いがあり、前職では税理士向けの税務・会計ソフトウェアベンダーでエンジニアをしていました。ありがたいことに一定の評価をいただき昇格していったのですが、マネジメント業務の割合が多くなり、徐々にものづくりの現場からは離れていきました。

Mikatus(当時はアカウンティング・サース・ジャパン)の 立ち上げを手伝ってほしいと誘われたのはそんな頃でした。大変悩みました。しかし、私自身、もう一回ものづくりをしてみたいと思っていましたので、新しい環境でのチャレンジを決意し、2011年に Mikatusへ転職しました。

当時は制度なども全く整ってなく、社内は非常に混沌としていました。会社の方向性はトップダウンで決まり、かといってやるべきことの指示などはなく、先輩方にヒアリングしながらやるべきことは何かを自分で考え、いろいろなことにチャレンジしていました。席も業務スペースも狭く、今思えば凄い環境でしたね。当時は土日も関係なく仕事をするメンバーが多く、まさにベンチャーといった様相でした。

ですが、2016年に現在の代表である田中が社長となったことをきっかけに、個々人の成長やチーム間のコミュニケーションを重要視するように社風が大きく変化しました。

会社の業績や方向性など全社の戦略に関する話から、どのメンバーが努力して成果を出しているかなど、これまで部署内で閉じていた情報が全社員に共有されて、組織として思い切った挑戦ができるような風通しの良い風土になりました。

グループリーダーの役割を教えて下さい

私は A-SaaS グループのリーダーとして、税務・会計・給与などの各サブシステムを担当するチームリーダーを支えて、これまでと同等、それ以上の成果をグループとして出すことにコミットしています。

実は、現在のグループ / チーム制を導入してからまだ半年程度で、今回からリーダー経験がない方にもリーダーを担ってもらっています。そのため、組織としてはまだまだこれからの状態です。

しかし、税務システムにおける改正対応の失敗や会計システムの品質の低下などは、お客様の重大な不利益に繋がるため、絶対に許されません。

そのためにも、私は各チームリーダーが高いパフォーマンスを発揮できるようにマネジメント面のサポートに徹しつつ、対処が難しい個別課題を巻き取って解決することを主な業務としています。また、グループ / チーム制の導入に伴って、全社的に各チームにテックリードという各業務のエキスパート職を設置しました。これによりリーダーの業務遂行を支える体制が整い、私自身もパフォーマンスを発揮しやすい状況が作れました。


グループミッション「いい税理士の時間を創る」とは

グループミッションは Mikatus のミッションが出発点になっています。そして全社のミッション・ビジョンから、私達が取り組むべきだと落とし込んだ課題の一つが「いい税理士の時間を創る」ことでした。

私達は「志ある中小企業の経営参謀、社外CFOとして、孤独な経営者に寄り添っている税理士」を「いい税理士」と定義しています。いい税理士は顧問先企業の成功や事務所スタッフの成長のために多くの時間をさいています。

そんな中で、税務申告など付加価値がつけにくい業務に時間を取られてしまうと、本来のいい税理士としての力が発揮しづらい状態になってしまいます。そのため、A-SaaSグループでは「いい税理士の時間を創る」ことをグループミッションとして定義しました。

まだまだ時間を創るという観点では実現できていないことも数多くありますが、 A-SaaS をご利用いただいている税理士のみなさまの時間を、様々な場面で創っていくことを目指して開発しています。

グループミッション達成に向けた取り組み

グループミッションは、A-SaaS グループにおける行動指針です。例えば、他システムとの連携開発をする際にもっと拡張性の高い方法はないか模索するなど、「より多くのお客様の時間を創れるのはどちらか」といった形で意思決定をする際の大切な軸として実務に取り入れています。

また、A-SaaS グループは企画・開発エンジニア・QAエンジニアと異なる職能を持っているメンバーが集まっていますが、全員が職能の壁を超えて業務にあたるという取り組みを行っています。


チームでプロダクトを開発する意識をより強く持ちつつ、テストなどどうしても工数が不足しがちな工程に入ったときにみんなで取り組む風土を作るために取り入れましたが、当初は正直反発が起こるかもしれないと恐る恐る導入したというのが本音です。

しかし、グループメンバー全員が自主的に自分の得意分野以外の仕事にも積極的に参加してくれました。積極的に手を差し伸べる文化が浸透していて、ここはグループとして本当に素晴らしい取り組みであり、特徴だと思っています。

A-SaaSグループをどんなグループにしていきたいですか

私は A-SaaS グループを、全員が何をするべきか理解していて、一人ひとりの職能を広げるチャレンジができ、チームを超えて助け合うような自発的に動けるグループにしていきたいと思っています。

A-SaaS グループでは「いい税理士の時間を創る」というグループミッションの達成を目指して、会社として開発の優先順位を定めていますが、実際にどのようなアプローチで実現するかは個人が最大限の裁量を持って取り組める環境です。

そのように裁量が大きい環境だからこそ、ものづくりに携わる人間としてはたとえ指示されていなくとも、お客様やチームに対して良いことであれば、Mikatus と A-SaaS グループの「ミッション・ビジョン」を念頭に、自分で考え、相談し、実行していくような責任感を持つことは必要不可欠だと思っています。

これまでの取り組みの結果、メンバー全員がするべきことの理解も進み、さまざまなチャレンジに取り組んでくれていて、少しずつですが目指すグループに近づいている手応えを感じています。

今後は職能を超えて自分から他のメンバーを手伝い、自チームから一歩外に出て別チームを自発的にサポートするなど、自走する動きを期待しています。そして、自走している人同士で働くことで、お互いのモチベーションや成果を高め合うようなグループにしたいです。そうすれば働いている私達自身の時間を創る事もできますし、何より気持ちよく働けると思っています。

A-SaaS グループに興味持ってくださった方へ

プロダクトとして全国1,100の会計事務所のお客様に利用されている A-SaaS ですが、実はまだまだやるべき事が数多く有り、リソースの不足から全てはやりきれていない状況です。

「忙しそう」など多少ネガティブにも聞こえたかもしれませんが、逆に裁量を大きく持って仕事ができるということでもあります。自分の判断や行動が、会社のシステムや行動に反映されていくため、そこに面白さを感じてくれる人にとってはすごくやりがいがあるグループです。

また、営業やカスタマーサポートなどお客様と向き合っているチームとの風通しが良いので、自分が開発に関わったシステムの反響や成果がすぐに分かります。その分、非常に速いスピードで経験を積むことができることは大きな魅力だと思います。

いかがでしたでしょうか

創業期から Mikatus に参画し、A-SaaS グループリーダーとして活躍する小林さんのインタビューでした!

まだまだ成長途上の A-SaaS グループで、一緒にチャレンジすることに興味を持っていただけましたらぜひお気軽にエントリーください!

Mikatus株式会社's job postings
30 Likes
30 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more