1
/
5

信頼から生まれる新たな価値とは。

不動産鑑定士を目指していた
前職時代。

法学部を卒業後、不動産鑑定士を目指し不動産会社に就職しました。当時は不動産の証券化が話題になっていた時期で、不動産鑑定を兼ねる不動産会社に入れば、実務やノウハウを学べるし、資格取得にも役立つと考えたからです。しかし、入社後に初めて不動産鑑定士の仕事ぶりが自分のイメージとは異なっていることに気づきました。不動産鑑定士の仕事内容は、主に役所や現地での調査と鑑定価格の計算、鑑定評価報告書の作成がその大半を占めます。仕事の性質上、ひとりで行う作業が多いことは知っていましたが、私が想像していたよりもその比重が大きかったのです。不動産や法律、営業のエキスパートと綿密なコミュニケーションを取りながらプロジェクトを進めるような仕事を希望していたため、ここで一度自分のキャリアを考え直すことにしました。不動産の世界でこの希望を叶えられる仕事はないか、時間をかけて検討するなかで出会ったのがオフィスビル経営に取り組む三井不動産ビルマネジメントだったんです。

オフィスビル経営の現場で感じた
信頼関係構築の難しさ。

前職も不動産業界でしたから、オフィスビル経営の役割は認識していました。三井不動産グループの一員であるという安心感もあり、入社することに躊躇はありませんでした。最初の配属先は、個人や法人オーナーが所有する中小規模のビルの運営管理を行う部署で、テナントとの賃貸借契約や賃料交渉、設備の修繕対応など、運営管理の基本業務に携わりました。この仕事の面白さや、期待に応えるやりがいを実感するなかで学んだのは、オーナーやテナントとの信頼関係を構築することの難しさです。オーナーの意向をそのまま実行するだけでは、プロパティマネジメントの役割をまっとうしているとはいえません。オフィスビルの資産価値を向上させるためには、建物の歴史や周辺環境の変化を踏まえ一歩先、二歩先を見通した提案力が必要だからです。信頼関係のベースになるのは、世の中を多角的に捉える力、そして誠実さです。この教訓は、部署が変わった今も私のなかで生き続けています。





コワーキングスペースの
コミュニティーマネジャーとして。

現在、私が所属するビジネスソリューション事業推進本部は、オフィスの賃貸借以外のサービスを提供する部門です。主にテナント向けに、オフィスビルの付加価値を上げるサービスを提供しています。そのなかで私が担当しているのは、三井不動産が手掛ける『31VENTURES Clipニホンバシ』や『31VENTURES KOIL』といったコワーキングスペースの施設運営です。当施設は、フリーランスや起業準備中の方、設立間もないスタートアップ企業などが同居し、執務スペースや会議室などを共有しながら、それぞれが独立した業務を行う共有空間となっています。私はそのコワーキングスペースを活性化させるコミュニティーマネジャーとして、利用者同士の交流イベントやビジネスセミナーを企画・実施したり、財務や法務、営業など、経営にまつわる相談を受け、入居者や外部の専門家を紹介したりするなど、ビジネスチャンスを演出するサービスを提供しています。この仕事を通じて感じるのは、ビルの運営管理で培ったノウハウが生かせる未開拓な領域はまだまだあるということ。都内各所にある話題のスポットに足を運ぶのはもちろん、異業種交流会やセミナーなどにも積極的に参加し発想力や提案力に磨きをかける毎日です。時代の移り変わりとともに働き方もオフィス環境も多様化しています。そのため、異業種や同業他社でのさまざまな経験が生かせるというのも、この仕事の面白味かもしれません。私自身、不動産の価値を評価する側から、付加価値を生み出す側に回ったことでそれを実感しています。

業務内容について

テナントの事業を支援するために、企業受付の受託や研修サービスの提供に加え、コワーキングスペースの施設運営やイベント・セミナーの開催など、オフィスビル事業の枠にとらわれない多種多様なソリューションサービスの企画・運営を手掛けています。そのほかにも企業同士のマッチング事業や、テナント商材の営業代行等、テナントのビジネス支援に資するサービスを企画していくことも重要なミッションです。
こうして新たな事業領域の拡大に取り組めるのも、これまでの事業を通じて築いてきたテナントリレーションがあってこそ。テナントとの最前線でビジネスを展開している当社だからこそ、顧客の懐に深く入り込み、ビルに関わるご相談以外にも課題を発掘していくことで、新たなビジネスチャンスをかたちにしていきます。

三井不動産ビルマネジメント株式会社's job postings

Weekly ranking

Show other rankings