This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

Machine Learning 15minutes!に参加してきました

※この記事は2019年6月3日に初回公開されたものです。
 2020年5月27日よりこちらのアカウントへ移行いたしました。

ものすごいスピードで機械学習は浸透・発展していっている。
去年単身乗り込んだJSAI(人工知能学会)に感じた印象は
機械学習関連のイベントに参加するたびに変わらず感じます。

こんにちは!
【目指せデータサイエンティスト】を掲げてる道方です。

Mchine Leaning 15minitesというイベントに参加してきました。
その名のとおり機械学習について15分間登壇者が語るイベントです。
このイベントのすばらしい点は現場で働く方々の生の声が聞けるという点です。
このすばらしいイベントの最初の登壇者から出た発言は

「機械学習を使うの嫌いなんですよね」

私は思わず笑ってしまいました。
その機械学習イベントにそぐわない発言も、内容を聞くとやはり学びを得られるものでした。
登壇者は続けて

「機械学習がきらいだから協力使いたくないので、そもそも機械学習以外のアプローチで解決できないかと考えるんです」

この考え方は機械学習が好き・嫌いにかかわらず必要な考え方であると思います。
今現在私たちは機械学習・AIという技術を意識しすぎて、その技術を使おうとしすぎてしまっているので、機械学習・AIはあくまでツールであるという認識を持って問題に取り組む必要があります。

ちなみに登壇者の方は問題解決するにあたって最終的には機械学習を使ったらしいです笑
しかしそれも、機械学習に対して理解が深いからこそできることであり、この話と同じことを他登壇者も言っていたというのも、それだけ機械学習に取り組んできた結果行き着いた考えであるように思います。

このイベントでは技術的な内容や、AI業界の動向の話など多岐にわたります。
今回は

・自然言語の検索において既存のアルゴリズムと分差表現を組み合わせた話
・数理最適化を使って機械学習をした話
・既存のシステムにAI技術をどう活用したのか
・AI業界では今どんな人が求められいるか
・機械学習プロジェクトをどう進めるか
・登壇者の会社が作った新しいアプリの話

といった話を聞かせていただきました。

このイベントを主催した方も言っていたことですが
機械学習・AIの業界はこのイベントのように情報共有が盛んに行われています。
興味が少しでもあれば機械学習のイベントに参加してみることをお勧めします。
今回私が参加したイベントはMchine Leaning 15minitesというものでした。

弊社では、このようなイベントの情報を共有しており、参加することを奨励しています。
データアナリスト・データサイエンティストに興味を持ち、互いに刺激し合い成長できるような場を求める方がいらしたら、お気軽にご連絡ください。

▼Machine Learning 15minutes!

https://machine-learning15minutes.connpass.com/


株式会社メンバーズ メンバーズデータアドベンチャーカンパニーでは一緒に働く仲間を募集しています

株式会社メンバーズ 常駐型デジタルプロフェッショナルサービス's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more