1
/
5

経営幹部候補生の1期生にインタビュー!3年目の業務について聞いてみました。~星加編~


今回の記事は【経営幹部候補生の1期生にインタビュー!3年目の業務について聞いてみました。第1弾】です!

メディクルードの新卒は経営幹部候補生として、社会課題解決のために「未来の会社経営を担う幹部候補」としての役割が期待されています。そのための助走期間として、入社後は『Next Leader Program』(以下、NLP)と呼ばれる2年間の育成プログラムが設けられており、経営人材になるにあたって必要なマインドやスキルを学ぶプログラムが組まれています。

そして、3年目で経営基礎力の発揮として、「既存事業のプロジェクト責任者」「新規事業のプロジェクト責任者」「経営幹部・リーダーとしての事業責任者」につきます。前回の記事では新卒1期生の3人に「どういった形で希望を出して3年目の配属が決まったのか?」を聞きました。

今回の記事では、前回では聞ききれなかった、3年目の業務について聞いていこうと思います。3年目の業務内容は?責任者としての変化・面白さは?気になる部分をこの記事で皆様に余すところなくお伝えいたします!

1人目はメディクルードのNLP採用責任者であり、社会福祉法人元気村グループの理事長室にも所属している星加さんです。

【プロフィール】
祖母の介護をキッカケに医療・介護領域に興味を持ち就職活動を行なう。業界のイメージを変えるというビジョンや社員の方の人柄に惹かれ入社を決意。3年目以降の進路については、自分の適性に合わせて様々なことをマルチに携わっていきたいという思いからNLP採用責任者と社会福祉法人元気村グループの理事長室に就任。プライベートでは社会人楽団に所属しており、先月コンクールにも出場。

【もくじ】

********************************************************************************************
・3年目の業務内容について
責任者としてのポジションで感じた変化・面白さ
今後の展望について
********************************************************************************************

3年目の業務内容について

角中)それでは、インタビューに入っていこうと思います。まずは星加さんの現在の業務について教えてください。

星加)私は3年目からメディクルードのNLPの新卒採用業務と、社会福祉法人元気村グループの理事長室にて介護側の業務を行なっています。最初に今メインで行なっているNLPの新卒採用業務についてからお話しますね。具体的な業務としては、選考フローの設計、媒体への情報掲載、イベントの企画・登壇、各種コンテンツのリニューアルなどです。オペレーションや動き方の部分を社長室の山本さんと一緒に考えながら作っており、これらの運営を主に社長室とNLPのメンバーで行なっています。

角中)採用業務自体はNLPとして1年目から携わることですが、1・2年目はイベントの運営や選考会の司会など、見える部分の業務が中心でした。3年目で責任者としてイベントの企画や選考フローの設計といった、採用業務における上流の工程も行なっておられるんですね。その中で大切にしていることはありますか?

星加)学生の皆さんにはメディクルードの特色や取り組みを知ってほしいと思ってイベントを企画しています。ただイベントを運営するというよりはその年の学生に合わせて毎年コンテンツを作り変えたりと、自由度高くやらせていただいていますね。インターンシップのワークなどではリアルな課題を体感してほしいので、実際に医療・介護・教育の現場でヒアリングした情報などをコンテンツに入れています。

(👆一緒に新企画を考えている星加さんと上司の山田さんです。)

角中)僕は内定者の時からインターンなどに登壇させていただきましたが、当時と比べても今年はかなり変更された点が多かったと感じています。現場を見学できるイベントの際も事前に学生から質問を募集したり、見たいものをヒアリングしたりされていましたよね。

星加)できる限り学生の皆さんの疑問や不安を解消できるものにしたいと考えています。メディクルードの採用は2Daysインターンシップ以降は合格者もかなり絞られるので、今後のイベントも選考を受けている学生1人ひとりの興味に合ったものにしています。選考イベントを通してメディクルードの理念である「共に生きる、より良く生きる」に共感する人を増やしたいですし、そういった人達と働いていきたいですね。

角中)Genki Groupの魅力を伝え、共感する人を増やしていきたいという想いで採用業務をされているんですね。続いて、介護側の業務についても教えてください!

星加)私の所属している理事長室はGenki Groupが介護領域でやりたいことを法人の垣根を超えて実現していくための部署で、今担当しているプロジェクトとしては大きく2つあります。1つ目が訪問介護事業立ち上げのプロジェクトで、訪問介護を他の法人や事業所で展開していくために外部コンサルの知見をGenki Groupに合わせた形式にまとめています。ここでは汎用的なノウハウやスキルをそのまま流すのではなく、現場の状況に沿ったものをつくっていくことが求められていると思います。この前は鴻巣の訪問介護事業所に行って現場の方にお話を聞いたり、記録書を見せていただいたりして、現場の本質的な課題を特定していきました。現在は埼玉県の鴻巣の訪問介護事業所をモデルケースにすることを目指しています。

(👆訪問介護事業の打ち合わせを行なう星加さんです。)

角中)モデルケースをつくることで、Genki Groupの他の法人や事業所でも訪問介護をより展開していけるといいですね!楽しみです!続いて、2つ目のプロジェクトについてもお伺いしたいです。

星加)2つ目が株式会社サンガジャパンの営業研修です。こちらは営業に必要なマインドやスタンスを現場で営業を行なっている方や相談員の方に伝えていく業務です。研修で使用する資料は決まっているのですが、それをどのように伝えるか、どんな順番で研修に落とし込むかなどを考えて実施しています。

角中)星加さんの担当しているプロジェクトについてよくわかりました。ありがとうございます。介護側では社会福祉法人元気村グループと株式会社サンガジャパンの2つの法人でプロジェクトを進めているんですね。

星加)NLP自体が各領域・法人を掛け合わせたシナジーを生むための存在として期待されているので、育成期間を終えた3年目になってこれまでよりも法人の垣根を超えて業務をしていますね。出社もメディクルードと元気村グループ・サンガジャパンの大宮オフィスが半々ぐらいになっています。介護の営業を知るためにサンガジャパンの方の営業に同行したり、他法人の内覧会に参加したりと活動の範囲もこれまでより広がりました。営業の研修は関東・関西・東海地域からオンラインで繋いで開催しています。ただ研修を実施して終わりではなく、ここから繋がりをつくることで、法人や支社の垣根を超えて次に繋げていけるのがグループ内で行なうからこそできることだと思っています。

責任者としてのポジションで感じた変化・面白さ

角中)それでは、3年目にして責任者としてのポジションで感じた変化や面白さについて伺いたいと思います。

星加)一番大きな変化は法人を超えて業務を行なっているので、関わる人の範囲が広がったことだと思います。1~2年目は対面で会って仕事以外のことも話せる関係性の人が100人ぐらいでしたが、3年目になって200人ぐらいの人と今は話せると思います。業務の範囲が広がったことで、現場で専門職として働いている方から支社長・室長といった経営幹部の方まで色々な方々と関わりを持つことができました。それぞれの業務を理解すると共に、どういった想いで働いているのかを知ることができるのは面白いですね。

角中)僕が大宮オフィスに居る時、研修の前後で色々な方の話を星加さんが聞いているのをよく見ました。そういえば、名古屋の施設に出張で行かれた際にも現場の方から話を聞いて、素敵な取り組みをWantedlyの記事に書かれていましたよね。

星加)採用業務でも介護側の業務でも色々な人と話すことが多いです。素敵だなと思った考え方や価値観を吸収できる瞬間が沢山あって、そういった部分も今の形で働いていて良いなと感じますね。

角中)現場の声に耳を傾けることが重要とメディクルードのインターンシップでは伝えていましたが、星加さんは正にそれを実践されているなと感じました。だからこそ採用業務でも介護側の業務でも人のためになることが提供できるんだと思います。

星加)本当に現場の方々のためになることを提供したいと思っていますし、そのためにこだわれるのが内部コンサルの魅力だと感じています。採用業務も介護側の業務も、決まった形のものが降りてきて実施してほしいということはなく、元のベースがあるものをいかに活用していくか、ブラッシュアップしていくかを考え、それに対してフィードバックを貰いながら業務を進めています。自分から行動範囲を広げたり、新しい取り組みをしたりすることに対してNOと言われたことはないので、裁量権をもってやりたいことをやらせてもらえています。

角中)1から10まで業務を教えてもらって進めるという流れではないので、難しさはありそうだと感じました。その反面、自分で決めて実行できる幅が広いのでやりがいを感じる瞬間が多いのではないでしょうか。

星加)自分の性質上、始めたら自分の納得できるところまでとことんやりたいですし、できることがあるなら幅を狭めずにやりたいという気質があります。そういう意味でも自分がやりたいことにとことん拘れるのは責任者になってこそだなと思いますし、自分の中でやりがいに繋がっているなと感じます。

角中)自分のやりたいことに対して、伸び伸びと仕事されているんだなということが伝わってきました。2年目の後半に3年目以降の進路を上長とすり合わせて決めたことで、自分の望む形で働かれているんですね。

星加)NLPの場合、ポジションがあってそこに就任することで仕事が降ってくるのではなく、適性・能力に合わせてポジションを作ってもらっています。2年間の部署ローテーションで事業を回すために必要な部署の業務を行なったことで、自分の適性や興味のある分野が分かってきました。その経験があったからこそ、自分のやりたいことに対して、適性を活かして挑戦することができていますね。

今後の展望について

角中)それでは、最後に今後の展望を教えてください。

星加)採用業務では、自分がメッセージを発信することや採用イベントを実施することを通して、業界の素敵な部分を発信し、イメージを変えていきたいと思っています。その中でメディクルードの理念である「共に生きる、より良く生きる」は伝えていきたいですし、理念に共感する仲間づくりをしていきたいですね。ゆくゆくは介護側の新卒採用でもやっていければいいなと思います。

介護側の業務では、法人の垣根を超えて関われる範囲を広げ、できることを増やしていきたいですね。その上で「こういうことがやりたい」「こんなことを任せたい」って言ってもらえることが増えたら嬉しいですし、現場の課題解決を自分からもっと提案できるようになっていきたいです。

今回の記事は以上です!いかがでしょうか。経営幹部候補生としての3年目の業務内容や取り組み方、その魅力が伝わっていれば幸いです!今回の企画は一期生3人にそれぞれインタビューしていこうと思っています。次回はNLP人材育成責任者と新規事業プロジェクト責任者を担っておられる宮原さんにインタビューしていきます!お楽しみに!

【👇コーポレートサイト】

【👇合わせて読んでいただきたいストーリー

株式会社メディクルード's job postings
15 Likes
15 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
Invitation from 株式会社メディクルード
If this story triggered your interest, have a chat with the team?