This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

入籍の定番アイテム「デザイン婚姻届」ができるまで

【経歴】

・2005年 都内レストランウェディングプロデュース会社へ入社

ウェディングプランナーとして勤務

・2008年 全国展開をするドレスショップへ入社

法人営業・店舗立ち上げ等を担当

・2014年 LMNホールディングス株式会社へ入社

「婚姻届製作所」「出生届製作所」等、新規事業の立ち上げを担当。

2017年度よりグループ会社の株式会社メイションにてブランド推進部を新設し各サービスのブランド推進・広報業務に従事

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「もっと可愛い婚姻届があったらいいのに…」そんな声から生まれたデザイン婚姻届の通販サイト『婚姻届製作所』。

商品開発のきっかけは、入籍するスタッフのそんなひとことでした。

元々弊社は自己資金1万円からでも結婚式ができる「スマ婚」というサービスを提供しております。

結婚式を行うお客様に接する中、ウェディング業界全体をみると入籍するカップルの数自体は年々減少しており「もっと結婚をすることの魅力を伝えたい。何とかして入籍するカップルの数を増やせないだろうか」と問題意識を持っていました。

そんな中、聞いた一言で「かわいい婚姻届を作ってみよう!」と新規事業として立ち上げたのが『婚姻届製作所』です。


ECサイトってどうやってつくったらいいんだろう?役所にちゃんと受理してもらえるだろうか?

どうしたら綺麗な状態でお客様の手元に届けられるだろうか?

たくさんの「?????」と毎日向き合いながらもなんとかサービスをスタートしました。

実際にスタートをしたら多くの反響をいただきすぐにお客様からご利用をいただいたのはもちろんテレビ・新聞などのメディアに取り上げていただきました。

そして、今では1ヶ月の利用枚数は1万枚を超え入籍するカップルの18% 以上の方にご利用いただくまでに成長しました。

……と、こう書くとすっごく順調に見えますね。笑

ただ実際は、1つの商品を作り世に出すこと、そしてそれを知っていただくためには何をしたら良いのか毎日毎日メンバーで話し合いながら失敗と小さな成功を繰り返していました。

その最中にいるときは前に進んでいるのか、立ち止まっているのか、自分でもわからなくなることばかりでした。

私は主に商品企画・広報を担当し初期は3名で運営していたので電話対応はもちろん、配送準備なども皆で行っていました。

その頃は広報活動ひとつとっても「プレスリリース」なんて書いたこともなく、右も左もわからないけどどにかく商品が完成したから書かなきゃ、リリースださなきゃ!と必死で業務にあたっているうちに日々が過ぎていきました。

サイトローンチ以降は月4、5本の商品をリリースしており、季節商品の無料ダウンロードキャンペーンや、有名キャラクターとのコラボレーション企画を結婚を考えている方だけでなく、当初想定していたユーザー層以外の方々がSNS等で話題にしてくださいました。

それがメディアの方の目に止まりTV、雑誌、新聞掲載などたくさんの掲載をいただき、多くの方に使っていただけるようになりました。

一方で、いわゆる炎上というようなことも経験し、自分たちが想いを込めて作った商品でも世に出た瞬間に人の評価や見方はコントロールできない厳しさや悔しさも知りました。

その時は「それでも私たちの商品への想いやお客様へのメッセージをきちんと伝えたのなら、割り切ることも必要」「今はまだこのサービスが誰かの目に入ったことの方がはるかに価値がある」と改めて考えを皆で共有することができ、同じ想いでサービスに向き合っていることに救われました。

誰一人欠けるとのできない状況でサービスをつくっていくことは自分自身の成長はもちろん、初めてお会いする方がサービスを知っていたり利用いただいていることを知った時の感動はひとしお。

メイションではこのように濃ゆーくサービスに関わる経験ができる会社であり、それが私にとっては何よりの楽しさです。

自分で作った商品を世に届け、使ってもらっていることを実感できる経験、一緒に味わってみませんか?


お気に入りの写真で婚姻届がつくれる「世界に一つの婚姻届」


記念用婚姻届がすっぽり入る封筒付き。赤い糸で書かれた「LOVE」の文字がポイント。

スタッフでアイデアを出し合い「恋文の日」にリリースしました。

株式会社メイション's job postings
5 Likes
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings