1
/
5

中高一貫校生が英検®準備を始める時期は?英検®への意識[1]

皆さん、こんにちは!

前回に引き続き、メイツが運営している個別指導塾WAYSでは中高一貫校に通われている中学1年生~高校3年生に対して行われたアンケート結果をご紹介します。

今回は、「中高一貫校生が英検®準備を始める時期・英検®への意識」についてです!

それでは見ていきましょう~♪



約60%の生徒は2週間、1ヵ月前から英検®対策を行っている

全体では2週間前、1ヵ月前あたりから英検®の対策を行う生徒が多いようです。

次いで1週間前、3ヵ月前、やったことがない、半年前という結果になりました。

学年別に見るとどうなるでしょうか?

高校2年生の40%は英検®対策を行わない

中学1年生は半年前、1ヵ月前からと答えた生徒が57%、中学2年生は1ヵ月前からと答えた生徒が40%です。中学3年生~高校2年生までの1位は2週間前という結果になりました。

高校2年生はやったことがないと答える生徒が2週間前から学習しているとの回答と同率1位で40%を占めています。



英検®対策準備時期の考察

これは今回の調査結果の中で最も重要なものだと思われます。特に上位2つの「2週間前」と「1ヶ月前」です。「2週間前」については、大体の生徒の認識はそのぐらいになっていると予想されます。

これは定期テストのイメージと同じでしょう。学校に通っていて1番身近にある試験は定期テストです。多くの生徒が「2週間前」頃から対策の勉強を始めるため、英検®に対しても同じ感覚で挑んでいます。ですが、4, 5級あたりならそれでも合格するかもしれませんが、

2, 準2, 3級に関しては余程普段の勉強をしっかりとおこなっていない限り「2週間前」で合格することはまずないでしょう。

そこに気づいた生徒が掲げるのは「1ヶ月前」です。これはなかなか良い期間であり、英検®を合格したいと思う生徒に英検®対策を提示する場合はこのぐらいの期間でよいでしょう。むしろ最低「1ヶ月前」にはおこなわないということでもあります。

さらにこれは普段の英語の勉強をしっかりおこなっていて「1ヶ月前」です。

特に2級などは普段やっていても「1ヶ月前」では足りない場合もあります。そこも見据えて、今後英検®対策などは実践していかなければなりません。

中高一貫校の中学1年生、2年生は中学受験の勉強習慣がまだ残っているため「1ヶ月前」の割合が高めです。ですが、中学3年生から中高一貫生特有の中だるみをしてしまい、勉強習慣がなくなってきているため「2週間前」の比率が上がります。

さらに高校1年生、高校2年生は素直に科目数も増え勉強が非常に忙しくなります。そのため英検®対策に使う時間がかなり減ります。これは受験勉強についても同じ話ができますが、現状だと高校生の時間は非常にタイトなスケジュールとなっている場合が多いです。学校側は勉強させたいという思いからかなりの時間を使っているのはわかります。

ですが、それにより自分で勉強する時間や英検®対策に使う時間がかなり少なくなっているのも事実です。これは今後大きな課題となりますが、現在のスケジュールの中で英検®対策をおこなっていくには、

短期間より長期間、例えば「1ヶ月前」などでおこなっていく必要があります。

そして生徒たちにはその認識はない生徒のほうが多いでしょう。そこの課題認識も英検®対策の上で重要なポイントとなっていきます。




今回の、「中高一貫校生が英検®準備を始める時期・英検®への意識」については一旦ココマデ!

次回、高校卒業までにどれくらいの生徒が英検®を取得したいのか見ていきますよ~!


メイツが運営する個別指導塾WAYSは中だるみ中高一貫校生・高校生の定期テストの成績をたった90日で跳ね上げる個別指導塾です。中高一貫校用教材に対応することで各中高一貫校の定期テストの点数に直結した指導を行っています。

現在、そんなWAYSでの講師を募集中です!

いつでもお気軽にご応募くださいね♪ お待ちしております!

株式会社メイツ's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more