1
/
5

【内定者が語る】manebiの人ってどんな人?

こんにちは!採用PRインターンの村上です!

みなさん、会社選ぶ時、どんな人が働いているのかどんな雰囲気なのか気になりませんか?
私はすごく気になりましたが、オンライン選考だったので感じるのも難しく、リアルな雰囲気を想像するのに苦労しました。
そこで今回は、内定者の私が実際に体験したエピソードを元に、manebiの組織や人について、みなさんにお伝えしようと思います!

<目次>
・社員に聞いたmanebiらしさ
・manebiらしさを感じたエピソード

社員に聞いたmanebiらしさ

manebiの人はみんな「manebiらしい」とCEO田島さんはおっしゃっていました。
そこで最初に、社員に聞いた「manebiらしさ」についてお伝えしようと思います。
私は初めてmanebiの社員と話したカジュアル面談の時から、「村上さん、manebiっぽいね」と言っていただくことが多かったです。
「manebiっぽいってなんだろう」と思い、その後お話した社員の皆様には頻繁に「manebiっぽさってなんですか?」と伺っていました。
そこで得られた回答がこちらです。
・多様性がある
・利他的
・みんな社長の田島さんのことが大好き
・想いが強い(MVVに共感している)
・行動力がある

manebiらしさを感じたエピソード

こうした「らしさ」は、言葉で言われても実際それがどう表れているのかわからないですよね。
そこで、「manebiらしさ」を感じることが増えてきたインターン4ヶ月目の私から具体的なエピソードをご紹介します!

私の願望実現を全力でサポート

私は8月からHR部所属の内定者インターンとして働かせていただいています。
他の会社でのインターン経験もありますが、ここまで向き合い、サポートしていただいたのは初めてで驚いています。
もちろん「内定者」という側面が与える影響が大きくあると思いますが、私の「理想の社会人像」から逆算し、8ヶ月のインターン期間で何ができるか、アクションプランを一緒に考えてくださいました。
また、立てたアクションプランで本当に私の願望が実現できるのかを検討いただいたり、実際にアクションする際に多くの協力をいただきました。
一番印象に残っている出来事は、1Q成果プレゼンの機会をいただいたことです。
インターン期間を区切って目標設定をしており、先日その節目である1Qが終わりました。
1Qの最終日に取締役や上長を招きプレゼンをさせていただき、私が1Qの間にやったことをお伝えしました。多くの仕事の成果は「アウトプット」で判断されますが、その過程まで知っていただけることが非常にありがたかったです。その場をセッティングしてくださることや、それを「知りたい」と忙しい中集まってくださる上長の「温かさ」や「個の尊重」がmanebiらしいと感じました。

アンケートやインタビューへの積極的な協力

私は採用PRとしてこれまでに5本の記事を作成しました。
その中で社員の皆様にインタビューやアンケートへのご協力を依頼することがあったのですが、その度に快く引き受けてくださいました。
「仕事だからやって当然」と思われるかもしれません。
しかし、皆様それぞれの仕事があり、目標達成を求められている中、自分の仕事の成果につながらないことに時間を割くのは当たり前ではないと思います。
その状況下で依頼を快諾してくださる方ばかりであることが、「利他的」でmanebiらしいなと感じました。

CEO田島さんが魅力的

「manebiらしさ」について伺った社員さんからも「みんな田島さんのことが大好き」というのはよく聞くお話でしたが、私も田島さんの虜になってしまう出来事がありました。
私の明日里という名前は「Azzurri」というイタリア語に由来しています。
その話を覚えていてくださった田島さんがメッセージで「これ名前の由来だよね?一緒に行きましょう!」と写真を送ってくださったのです。
私のTwitterや社内SNSでの報告にもいつも反応をくださり、「きちんと見てくれている」という安心感を与えてくださるところから慕われる理由が垣間見えた気がしました。
こうして皆が「田島さんのことが好き」であることに共感できますし、やはりmanebiらしいですね。

ユニークなslack

以前の記事にもありましたが、manebiはslackにも独特の文化が出ています。
スタンプをたくさんつけてくださるので発信がしやすい空気感が醸成されていると感じます。
新入社員の挨拶のメッセージにはこんなにスタンプがつきます!

私のスタンプも作ってくださいました!
(Azzurriが意味する青色で)

また、先日開催されたmanebi主催のオンボーディングサミットでは、全社を巻き込むためにユニークな報告がされていました。

フルリモートのmanebiでは、オンラインでのコミュニケーションの割合が非常に大きいです。
その中では特に「温度感」を伝えるのが非常に難しいと感じます。
私もこうした目を引く投稿を見て初めて、他のセミナーと比較して、よりこのサミットに力を入れていることを知りました。
社内に温度感を共有したり、発信しやすい空気感を醸成するのはフルリモートの勤務スタイルが当たり前になったmanebiならではだと思います。

村上から一言

カジュアル面談や座談会の段階で、manebiの皆様の温かさや利他性を感じていましたが、入ってみると「ここまでか」と驚くことが多いです。
入る前と後で抱いている印象にギャップがない、むしろ良いことが(良い意味で)想定外でした。
読んでいただいている皆様も、一度お話すると伝わってくる雰囲気や印象があると思います。
そこで抱いた印象がそのままmanebiの姿です。
これを読んで少しでも興味が湧いた方はぜひお話しましょう!

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました!

株式会社manebi's job postings
8 Likes
8 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more