1
/
5

《Maclogic Interview #13》22歳にして単月総取扱売上高1億越え!圧倒的成長の秘訣とは?

こんにちは!Maclogicの中島です☺

今回は、ECコンサルティング事業本部で働く石原さんにインタビューを行いました!

インターンを経てMaclogic初の新入社員として入社し、これまで「デザイナー」「ECオペレーター」「コンサルタント」と多くの部署で活躍してきた石原さん。

本日はこのような流れで記事を構成しております。

1. 学生時代

2. Maclogicに入社した理由

3. Maclogicに入社してから

ぜひ最後までご覧ください!


石原 冬暉(Toki Ishihara)
インターンを経て2020年4月にMaclogic初の新入社員として入社。専門学校ではWEBデザインやコーディング技術、撮影技術などを学ぶ。休みの日はアニメ・映画・ゲーム・洋服のデザインなどインドアに過ごす。

1. 学生時代

ーインターンから初の新入社員として入社された石原さん。本日はよろしくお願いします!早速ですが、石原さんはどのような学生時代を過ごされましたか?

昔からパソコンが好きで、母親にお願いして買ってもらったMacのPCをずっと触っていました(笑)
実は中学生のころに友人とYouTuberをしていて、その動画編集もPCでしていましたね。

ー中学生でMacにYouTuber!最先端をいっていますね(笑)

はい(笑)動画編集は中学生が制作した内容なので、しっかりしたものではないですけど、楽しかったですね!
そのころから漠然とパソコンを扱う仕事に就きたいと思い、高校はコンピュータービジネス科に進学し、教師の紹介で麻生情報ビジネス専門学校のWEBクリエーター科に入りました。
専門学校では今の仕事に関係するようなWEBデザインやコーディング技術、撮影技術などを学んでいましたね。

ーMaclogicでのインターンに応募したきっかけはありますか?

海外のネットショップをよく利用していて、海外サイトのようなスタイリッシュなデザインサイトを作ってみたいと思っていたところに、学校からMaclogicを紹介いただいたのがきっかけです。
専門学校ではコーポレートサイトを作るような授業を受けていましたが、形がきまっていてるし、同じようなサイトをただ作るという感じだったんですよね。
正直、あまり面白みを感じてなくて、、、
ただ、WEB関係の授業自体はすごく楽しいと思うことが多かったので、WEBに関するお仕事には就けたらいいなと考えていました!
就職する前に実際に仕事を体験してみたかったので、Maclogicでのインターンを決意しました。

ーインターンでの業務内容を教えてください!

半年ほど主にデザイナー業務である商品ページの修正やバナーの作成などをさせていただいていました。あとは、インスタグラムの投稿などもしていましたね。
やっぱり実践だと授業とは全く違うので、学校で習った技術をあまり活かせず、悪戦苦闘しました、、、
ただ、先輩方がフラットで、仕事でわからないことがあるとアドバイスしてくれたり、すぐに聞ける環境があったので、とても充実したインターン生活を送ることができました。
とくに副社長の赤松さんには1,000万ノックのアドバイスをいただいたり、デザイナーの澤村さんにはデザインのアドバイスいただいたり、とてもお世話になりましたね!

ー1,000万ノック・・・?

売上を1,000万円達成するために、どういった施策を実施するかなど戦略を考えて発表するものです!笑
僕はデザイナーでインターンに参加していたのですが、それもすることになって、、、
そのときは本当に大変でした!!!!ネットショップに関する知識もほとんど0の状態だったので。
でも、ノックを経験したからこそデザイナーだけではなくて他の業務に挑戦してみるのも面白いかもと思うきっかけになりました。
大変でしたけど、世界が広がったので、自分自身プラスになったかなって、感謝しかないです!


2. Maclogicに入社した理由

ーインターンからそのままMaclogicに入社した決め手を教えてください!

ベンチャーならではと思いますが、社長や副社長、他にも上司のみなさんと近い距離でコミュニケーションをとることができるので、自分の成長につながるようなことを毎日聞くことが出来るというところに魅力を感じました。
すごい実績を持っている方々から、本当はお金がかかるレベルの話をたくさん聞けます(笑)自分自身のスキルアップのきっかけが転がってるので毎日ほんとうに刺激的です!

あとは、人のよさですね。「この人たちと働きたい!」と率直に思いました。ベンチャー企業で働くのって、人によっては不安に感じるところがあるかもしれませんが、個人的にはこんなに経験豊富な方たちとこの距離感で一緒に仕事ができることに魅力を感じました。

インターン時代に経営層や、諸先輩方とコミュニケーションをとる時間も多かったので人間関係に関して不安を感じることはありませんでした。

ーデザイナーでインターンに参加し、入社後はディレクター配属になると聞いて、不安はなかったですか?

不安はほぼなかったです!
インターン時代、デザイナーとして働いているときに制作依頼をしてくる相手がディレクターでした。 ディレクターって何してるんだろうなーと入社した時から興味があって、深く知りたいなと思っていました。そのポジションに挑戦できるチャンスをいただいたので、素直に挑戦してみたいという気持ちでしたね。
それに、何かわからないことがあったときに、必ず助けていただけるとインターンを通して知っていたので安心でした(笑)

3. Maclogicに入社してから

ー現在のお仕事について教えてください!

デザイナーからECオペレーターに入社と同時に部署移動し、今は担当店舗様の売上げアップに貢献するコンサルティングを行っています。
例えば楽天だとアクセスの流入が大きいランキングに掲載させる施策をしたり、ネットショップで売れる商品の開発を提案したりなど、最終的に売上・利益につながる戦略を練ることが主な業務内容です!

▼コンサルティングの詳しい仕事内容についてはこちら

ー単月総取扱売上高1億越えとお聞きしました!すごいですね!!!                            コンサルティングはどういったところにやりがいを感じますか?

自分が仕掛けている商品でこういう結果になるだろうなと思って戦略を立てた施策がバッチリ当たった時ですね!ドーパミンが出ます(笑)
ある商品で楽天の総合リアルタイムランキング1位取りましょうと提案をして、1位以外とれなかったら目標達成にならないじゃないですか。そこでしっかりと一位取れた時の気持ち良さ!!!
逆に施策が完全にすべるとすごくきついんですけどね、、、

ードーパミン!(笑) 施策がうまくいかなかったときはどのようにフォローをしていますか?

初めから施策を何パターンか準備をするようにしています!
1個だけの提案をするのではなく、aパターンとbパターンをだして、基本aパターンで行きますが、失敗したときはbパターンに移行して行きましょうと最初からしておくことで、リスクヘッジというかすぐに修正できるような形で提案するようにしています。
何パターンか準備することで、店舗様も安心してこちらの施策を実施いただけていますね。
デザイナーからディレクター、コンサルへと短い期間で経験をさせていただいているからこそ、色々な提案ができていると自負しています。
様々な経験をして、今まで見えなかった自分のやりたいことであったり、得意なことがわかったので、入社してから1年半くらいで他の企業での成長スピードと比べて、何倍も成長が出来た1年になったと思います!

ー同期に対してどのような印象を持っていますか?

僕以外にも美人の同期が2人います!(同期の記事は記事一覧からご確認ください笑)
同期とは仕事終わりにご飯を食べに行ったり、お昼ごはんを一緒に食べたり、ときには仕事でサポートし合ったり、、、
元々人見知りであまり人と関わることが苦手だったのですが、同期のおかげで人と関わることが好きになったので、感謝しています!
今は部署が全員バラバラですが、仕事の話とかは今でも続けているのでそれぞれ頑張ろうみたいなところはありますね。
あとはやっぱり同期2人がすごい頑張ってるので、自分も頑張らないと!と感じますね。
ライバルではないですが、向上心を高めあえるような関係にはなれているのかなと思います。

ー確かに、とても仲がいいですよね^^今後はMaclogicでどんなことをしていきたいですか?

とにかくいろんな経験をしたいので、たくさんの部署を回ってみたいです!
営業やPRもしてみたいですね。

ー営業も!向上心がありますね!

以前、赤松さんの友人と会食する機会があって、その時に「絶対関わること無かったような事をすることで、新しい発見ができるから、色んなことを経験した方がいいよ」と言われて、そこからいつかはやってみたいなと思っています。
入社して僕はすぐにディレクターになったんですけど、基礎を1か月ほどで学んだ後に、2ヶ月目くらいから2店舗担当することになり、、正直あの時はめっちゃ不安でした。(笑)

いまは研修制度も当時と比べてかなり整っているので、そんなことはないのですが、あれはいま思い返すと刺激的な経験でしたね。(笑)
もちろん周りのサポートがある前提にはなりますが、チャレンジしたい人には色々と任せて頂けるんだと感じたので、いろんな部署でたくさんのことを経験してみたいです。

ー休日はどのように過ごすことが多いですか?

基本的にはインドアなので、アニメ・映画・ゲームですね。
あとは洋服のデザインとかもやってたりします。

ー洋服のデザイン?!どんな感じで作っているんですか?

既存にあるスウェットに自分で考えたデザインをプリントしたものと、生地から選んで作っているものと2種類あります。デザインをプリントした方はたまに着てますよ(笑)
生地から選んだものは、ターゲットを絞っていて、160センチ以下の人用のスウェットです。小柄な人が着ても、かっこよく見えるようなデザインにしています!
袖の長さとかリブの太さとかそういうのも全部こだわって作っています。いつか販売もしていきたいですね!

こちらは実際に石原さんが作ったお洋服だそうです!本当に販売されているものみたいですね!

ー私もいつか着てみたいです!生地はどんなふうに選んでいるんですか?

生地をネットなどで調べて、サンプルとか買いまくって、自分で実際にさわって選んでいます!
これを使おうとなったら、生地を購入して、洋服のデザインと生地を職人さんにお送りして作っていただいています。
洋服のデザインも自分で手書きで書いています。長さや色も指示をだしますね!1センチ違うだけでも見え方が全然違うので、自分で着て1番かっこよく見える長さにしています(笑)

ーすごい本格的ですね。プリントの仕方も知りたいです!

プリントもデザインを提出して、工場で洋服にデザインを刷ってもらっています。洋服にする印刷の種類があるんですね、インクジェットとか、、、そこも結構こだわってますね。

ー服を作るという経験から、得たことってなにかりますか?

自分で服をデザインする経験を通して、物を作るということに対しての見方が変わりました。

担当しているクライアントの一つ一つの商品にも想いが込められているので、そういった想いをお聞きしながらそれをどう発信していくか考えるようになりましたね。

ー石原さんが作った服をみなさんぜひ購入してみてくださいね!最後に、未来のMaclogicメンバーにメッセージをお願いします。

マクロジックは色々な挑戦をし続けています。
時には会社の体制が一新されることもあり、ついていけるか心配になるときもあると思います。
ですが、マクロジックメンバーはどんなときでも一致団結して、仲間をサポートしあうことこそが一番のいいところだと思うので、みんなで協力しながら会社とともに成長していきましょう!


本日は、お忙しい中ありがとうございました!
今回はインターンから新入社員として入社された石原さんにお話を伺いました。
お話を伺う中で、コンサルティングのやりがいや成長の秘訣、石原さんの誠実な人柄や意外な趣味が垣間見えましたね^^
最後までお読みいただきありがとうございました!

株式会社Maclogic's job postings
20 Likes
20 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more