1
/
5

【全員がコンサルタントであれ】異色の経歴を持つディレクション部マネージャーの思い

インタビュー企画第六弾!

今回はEC事業部にてディレクション部マネージャー 兼コンサルタントを勤められている知識さんを取材しました!

名前:知識 拓馬

所属:EC事業本部ディレクション部マネージャー 兼コンサルタント

前職:リクルートライフスタイル・楽天

出身:福岡県春日市

趣味・特技:ドライブ・ベランダ飲み・映画鑑賞

彼のこれまでのユニークな経験と今後の思い、さらにはプライベートについてお聞きしました!

【リクルート・楽天でO2Oを担当】

ー前職ではどんなお仕事をされていましたか?

リクルートでは、ホットペッパービューティにおける新規獲得営業とコンサルティングを担当していました。今の自分の武器となっている営業とコンサルティングのスキルはこの時にかなり鍛えられましたね。

ーそこからどのタイミングで楽天に?

リクルートは1年で退職しました。働き始めて1年たったころには、仕事を覚え、業務がルーティーン化していたので、次のステップに進みたいと考えていました。その頃、楽天がビューティー事業を新たに立ち上げることを知り、転職に至りました。

ー楽天でのお仕事を教えてください。

楽天では新規事業の「楽天ビューティー」の事業拡大とそのための営業を担当していました。

ここでは組織作りと、利益の作り方を学びました。

最初は東京エリアを担当していましたが、徐々にエリアが拡大し、

最終的には東海から東日本を統括するマネジャーになりました。

【Maclogic入社までの経緯】

ーMaclogicに入ることになったきっかけについて教えてください。

もともと社長の上田は楽天時代の同僚で、副社長の赤松とは昔からの友人でした。

当時、楽天から独立を考えていた時に、二人から声がかかりました。

ー今のお仕事について教えてください

今は新規案件獲得とアライアンス強化に取り組んでいます。

新規案件獲得については、社長じゃなくても売れる仕組み作りに励んでいます。ベンチャー企業はどうしても新規の案件獲得を社長や役員の紹介に頼りがちになってしまいます。ですが、その獲得方法ではいずれ会社が回っていかなくなるため、コンサルティング部のメンバーが案件獲得できる体制・仕組作りに注力しています。

その一環で新規拡大の手段の一つとして、他業種企業とのアライアンス強化にも力を入れています。これから徐々にアライアンスを増やし、ECでお困りの企業とMaclogicが出会える接点を増やしていきたいです。

ーMaclogicに入ってよかったことを教えてください。

失敗する環境があったのはとてもよかったです。

Maclogicに入社して、今までの仕事の幅を超え、コーディングやディレクション、経営企画など自分の興味のある様々な仕事に関わらせていただきました。もちろん初めてのことも多く、失敗もたくさんしましたが、「失敗してもいいから挑戦しよう」という風土と環境があったのはとてもありがたいことだなと思います。

あとは、手に職が就きました!

もちろんMaclogicに入る前も営業とコンサルという強い武器はありましたが、Maclogicに入ってから、自分のできることの幅がより一層広がりましたね。

会社のシステム面の整備でコーディングの知識を新たに習得しましたし、店舗のディレクション業務を担当し「ものを売れる」ようになりました。

今までは美容室という「サービス」の営業やコンサルティングしかしたことがなかった自分にとって、「もの」を売れるようになったことは新たな強みだと思います。

ーその他に知識さんが思うMaclogicの魅力はありますか?

入社してすぐにビジネスの最前線に立てることは大きな魅力だと思います。

弊社に入社した方はコンサルタント、ディレクターなどの職種関係なく、

それぞれ担当の店舗を持つ「店長」になります。

入社後最初のポジションが「店員」ではなく、経営を任される「店長」です。

これが普通の会社とは大きく異なる点で、同時にとてもやりがいを感じれる部分だと僕自身は思っています。なので「モノを売ることが好きな人」や「売り上げを上げることに貪欲な人」はとても向いていると思いますし、是非Maclogicに来てほしいです。

【これから一緒に働く人へのメッセージ】

ーどんな人と一緒に働きたいですか?

無人島に遭難したときに一緒にいてほしいと思える人と働きたいですね!(笑)

ー無人島ですか?

そうです。無人島です(笑)

無人島に遭難したときって、究極にピンチの時だと思うんです。

仕事でもそんなピンチの場面がたくさんありますよね。

良いときはもちろんですが、そんな辛いときでも、前を向いて、一緒に乗り越えられるような人とぜひ共に働きたいと思いますね。

ーそれでは、社員や、これからメンバーになる人にはどんなことを意識してお仕事をしてほしいですか?

【全員がコンサルタント】という意識をもって仕事をしてほしいです。

弊社では人前で話す人を「コンサルタント」と読んでいますが、実際は社員全員がコンサルタントであるべきだと思っています。それはデザイナーでも、ディレクターでも、営業でも同じです。

弊社ではコンサルタント・ディレクター・デザイナーがひとつのチームになって仕事をしています。

職種は違えど、全員がそれぞれの分野のプロフェッショナルで、クライアントの前ではコンサルタントです。

ー知識さんにとってのコンサルティングの定義を教えてください。

コンサルタントはクライアントに恐れず叱れる人のことだと思います。

ーえ!クライアントを叱るんですか、、、?

クライアントの前に座って、よそよそしく話をする「お客さん」ではありません。

むしろ、クライアントの「横」に座って一緒に並走する「仕事仲間」で無くてはいけないと思っています。

売り上げ向上のためのアイデアを考え、それが実行されているかを管理し、できていないときには正直に指摘し、叱れることが大切です。

よくクライアントに「怒られないように」とビクビクしている人がいるのですが、それだといつまでたってもクライアントにとっての「お客さん」どまりの関係で、コンサルタントとは言えないと思っています。

【休日はベランダ飲み?】

ー趣味について教えてください

最近思い切って1980年代に生産されたクラシックカーを購入しました。

休日は愛車に乗ってドライブにいくことが多いです。特に糸島にはよく行きます。

他にも街中のドライブもビルが多くて好きですね!

欲を言うと、鏡張りのビルがもっとあればなーと思います。

愛車を運転してる自分の姿がもっとよく見えるので。(笑)


ーなるほど(笑)他にも「〇〇飲み」にはまっているとお聞きしましたが?

最近はコロナもあって、外に飲みに行けないことが多いので、「ベランダ飲み」をよくします(笑)

ーベランダ飲みですか??

個人的に「ベランダ飲み」って究極だと思うんですよ!

だって、「一番家に近い外」じゃないですか!

自分はとにかく屋外、太陽の下が大好きなので、部屋で飲むならベランダで飲んだ方が美味しいでしょ。ベランダって「一番家に近い外」なので、外で飲んで、気分良くなったらすぐに部屋で寝れる。最高じゃないですか!

今はコロナでなかなか外に出られないので、「ベランダ飲み」おすすめです!

まあ一人で寂しく飲んでるんですけどね。(笑)

【小さな会社で大きな組織を…!目標は海外進出】

ーありがとうございます。それではこれからの目標について教えてください

「小さな会社で大きな組織」を作ることですね。

これまでを振り返ると、

リクルートでは「大きな会社で大きな組織」を回し、

楽天では「大きな会社で小さな組織」を作ってきました。

なので、次は、「小さな会社で大きな組織」を作ってみたいと思っています。

具体的には、Maclogicという会社はもちろんですが、そのECコンサルの事業を大きくしていき、将来的には海外に進出したいです。自分は海外の大学に4年間通っていたのですが、その際に、日本の食・物・文化の豊かさを強く実感したのと同時に、その素晴らしさがまだまだ海外の人に知られてないと感じました。

Maclogicが日本の中小企業のEC進出をお手伝いすると同時に、日本文化を改めて世界に広める立役者になれるよう邁進していきたいです!

かなり先の個人の夢としては、将来はカフェを開きたいです。

めっちゃおしゃれで、おいしいやつね。(笑)

糸島とかにお店を出して、余生を過ごしたいです。

ー絶対いきます!(笑)

 本日はありがとうございました!

株式会社Maclogic's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more