1
/
5

【Member Profile】元自衛隊という異色のキャリア。現在はMacbee Planetの事業成長に大きく貢献中!その原動力とは一体?

こんにちは!Macbee Planet人事部の加藤です。

弊社は自社開発のマーケティングツールをいくつか持っていますが、その中で、データ分析に特化したWebホスピタリティツール「Robee」のカスタマーサクセスを担当されている為国さんからお話を聞きました!

Robeeグループでの仕事のやりがいはもちろん、為国さんご自身が濃密な人生を過ごしてきているので、1回のインタビューでは時間が足りず2回目が実施されたのは秘密です(笑)。

是非最後まで読んでいただけると嬉しいです!


【プロフィール】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コンサルティング本部 Robeeグループ マネージャー
為国 利幸

1984年生まれ、神奈川県出身。
趣味:音楽(楽器の演奏)、海外旅行(これまで27ヵ国に行かれたとのこと)

海上自衛隊で10年働いたのち、デザイン会社にて営業やディレクターを経験。
その後2019年9月、Macbee Planetに入社。
Webホスピタリティツール「Robee」のカスタマーサクセスを中心に、マネジメントや採用など幅広く携わっている。
個人でTwitterにも力を入れており、現在はフォロワー10,000人を目指して運用中。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

━━ これまではどんな人生を歩んでこられたんですか?

幼い頃から音楽をやっていました。
3歳からピアノを始め、小学生からドラムを始め、中高大では吹奏楽をやっていました。
高校と大学は、全国でトップを取るようなところでした。

大学卒業後は、海上自衛隊の音楽隊に打楽器奏者として入社し、約10年間活動していました。
周りに元自衛隊という話をするとびっくりされることが多いんですが、もともと自衛隊になりたいと思ってたわけではなかったんです。

当時は第2のバブルと呼ばれており、有名な大手企業の内定を獲得するのも苦ではない時代でした。
なので就職はそんなに困ってはいなかったんですが...就活でテンプレートのように良い子ぶる感じが性に合わなくて、受ければ受けるほど面接が面倒になっていきました(笑)。

そんな時、たまたま行った知人の演奏会で、当時海上自衛隊の音楽隊の教育科だった方から「オーディションを受けないか」というお話をいただきました。そして海上自衛隊と音楽隊という2つの試験を経て、オーディションに合格することができました。

僕はもともと音楽をやっていたので、ドラマーとして音楽の道に進むか、サラリーマンになるかの2択で考えていたんですが、その2択を蹴って音楽隊の道を選ぶことにしました。
僕、当時めちゃくちゃ結婚願望があって(笑)。
早く結婚するにはどうしたらいいかを考えた時に、「やりたいこと」と「安定した生活」の間を取ったんですよね。


━━ 音楽隊として約10年間活動後、突然デザイン会社に転職されたと聞いたのですが、詳しく教えていただけますか?

音楽隊として活動している中で世界を一周する仕事があり、7ヵ月で15ヵ国くらい周ったことがありました。
そこで自分の知らない景色をたくさん見て「いろんな悩みはあるけど、自分の悩みってその空間だけのちっぽけなものなんだな」という感覚が芽生えたんですよね。
それで、もっと色々なことに挑戦してみてもいいのかなと思って。
そう思ったタイミングでちょうど音楽隊を卒業するかどうかの話が出たので、それなら辞めて新しいことを始めてみようと考え、動き出しました。

ただ、僕はもう30歳を超えていて、かつ一般的な会社での経験もない自分を中途で採用してくれる会社はどこにもないだろうなと思っていました。
転職活動ではエージェントに登録して10社くらいに相談したんですが、10社とも面談にすら至りませんでした。なので企業に直接電話をかけて自ら探しました。

そんな中で、僕の経歴を面白いと思ってくれたのがそのデザイン会社の社長だったんですよね。
また、その会社は新卒の教育もしっかりしていました。僕の社会人経験がなかった感覚を直すためにも、教育がある程度しっかりしていて、頑張り次第で給与の上がり幅も期待できるところを見ていたのでピッタリだと思い入社しました。
なんせ、社会人の挨拶で使う「お世話になります」でさえも使ったことがなかったですし、当初は「お世話になってねーよ」とか思っちゃったりしていたので...(笑)。

━━ デザイン会社では営業やディレクターとして2年ほど働かれ、その後Macbee Planetへ入社されることになりましたよね。どんなきっかけだったんですか?

当初はまだまだここにいるだろうなとは思っていたんですが、売上が作れるようになったのでそろそろ何か面白いことをやろうとは思っていました。

エージェント系の会社に、会社概要の冊子を提案しに行こうとアプローチしていた時期がありました。そんな中で、繋がったエージェントさんから会社をご紹介いただくこともありました。

複数のエージェントさんの説明を聞いている中で、1社だけすごく興味を持つ説明の仕方をされていたエージェントがいました。
そのエージェントさんは、面談でお話をしている中で、僕という人間に対する理解も早かったです。
そして、そこからご紹介いただいた会社の中にMacbee Planetがあったんですが、なんとその紹介会社の社長さんとMacbee Planetの会長である松本さんが、その時期にちょうど知り合ったとのことでびっくりでした...!

Macbee Planetの面接では松本さん・小嶋さんとお話をしたんですが、松本さんから「RobeeをMacbee Planetの花形にしたい」というお話がありました。
メイン事業にも負けないくらいのやりがいと売上を作りたい、皆がRobeeグループに異動したいと思うような部署を作りたい、ということでした。
また、お話の中で「為国さんは今のスキル以外に何を身に付けたい?」と聞かれ、マーケティングと答えました。
人材としての希少価値を上げるためには、営業・クリエイティブ・マーケティングの最低3つのスキルが必要だと考えていました。
デザイン会社で働いていた時に営業とクリエイティブのスキルは身に付いたんですが、売上が立つようになってきたらマーケティングの話が一緒に出てくることが多かったんですよね。
デザインの良し悪しは分かるものの、マーケティングの視点までは分からず、そこが自分の課題だと思っていました。
そしたら松本さんが即答で「それ、うちでできるからやろう!」と言ってくれました。
マーケティングの会社だからマーケティングはもちろん極められるし、デザインはRobeeで学べるし、営業はむしろ求めている部分でもあるから是非やって欲しいと。

自分の夢を応援してくれたのも嬉しかったんですが、売上の成長スピードや、50人規模で一人当たりの売上高が約2億という成長率の会社ってなかなか無いと思ったんですよね。それもMacbee Planetの面接を受けてみたいと思った要素の一つでした。

そして入社の決め手となったのは、松本さんの存在でした。
松本さんとお話をしている中で「この人と一緒に仕事をしたら、自分もどんどん成長できそう」と感じたんです。
こんなにも仕事に向き合って、今後の成長についてキラキラしながら話している人をこれまであまり見なかったので、僕もポジティブに挑戦してみたいという気持ちが強くなり、ここに転職しようと決めました。



━━ Macbee Planetへのご入社当時と今の状況はまた違ったようですが、当初はどんな感じだったんですか?

当初は私の入社前の予想を遥かに超えて大変な状況でした。入社してから1〜2年は挫折しかなかったと思います。
入社後、半年で100社くらいに訪問していたんですが、どう考えてアプローチしても全く売れず、社内の部署定例も毎週ピリピリしている状態でした。
売れない、正解がわからない、自分にWebマーケティングの知識があるわけでもない...。
そんな中でなんとか売れるようにするための知識を身につけようと思い、短い期間でも一度アフィリエイトについて実務で体感するために「コンサルティング本部に行かせてくれ」と松本さんに打診しました。
そして2ヶ月後くらいにアナリティクスコンサルティングの部署に異動し、原田さんの元でアフィリエイトのコンサル業務を半年ほど経験しました。

当時のRobeeグループには、マーケティング経験者もいなければ営業ノウハウもないような状況でしたが、現在では大分良くなりました。
むしろ、案件が増えすぎて人手が足りず困っているくらいです(笑)。

諦めずにやっている中で、どこかのタイミングで「こうやったら売れる」とか「こうやったらハマる」とかがわかるようになる時期があったんですよね。それが分かってからは徐々に軌道に乗り始め、売上が作れてきました。

また、高原さんにもすごく感謝しています。
去年の6月頃から毎週1on1を入れてもらい、僕のことを見捨てずに向き合ってくれました。
1on1では案件の進捗確認のほか、部署として改善したほうがいいことや、自分自身の課題などを話しているんですが、高原さんは僕が話したこと一つ一つに対して真摯に向き合ってくれました。
仕事をしていて大変なことは多かったですが、結果的にこの会社に残ってよかったと思っています。

そして僕がマネージャーになってからは、当時の状況からは全く考えられなかったたくさんの大きな案件を様々な形で受注・拡大でき、大きな額の粗利を詰むことができています。
この展開は、2年前は誰も予想できなかったんじゃないかなと思います(笑)。


━━ 現在Robeeグループではどんな活動をされているんでしょうか?

色々やっていて、気づいたら僕、今何をしている人なのかわからなくなってきちゃいました(笑)。

コンサルティング本部との調整、外部パートナーとの連携、案件のマネジメント、クライアントとの定例、問い合わせ対応、SNSで採用などをやっています。
また、売上を担保するために、一番最適な時間の使い方を考えたりもしています。

メインはRobeeの活用も含めたCROコンサルティングサービスです。
クライアントのお客さん候補に当たるサイトに入ってきたユーザーの行動や、サイトの指標を定量的・定性的に分析しながら、サイトの構造や導線経路全体を改善してコンバージョン率(購入率・申込率等)を高め、クライアントのさらなる売上アップにダイレクトに結びつけるための施策です。
そういう意味では、クリエイティブとマーケティングを掛け合わせてクライアントにPDCAの提案をしながら、分析〜施策、施策検証からの分析を繰り返すという形で料金を頂いています。

昔はSaaSの部署というイメージが強かったんですが、今はアナリスト集団部署のようなポジションを強めるために色々と動いている段階です。
競合分析(3C、4Cなど)に強みのある部署という形で、コンバージョン率を高めるために伴走しています。

現状、僕の将来的にやりたいことが全部Robeeグループでできているのですごく楽しいです。


━━ 為国さんが思う、Robeeグループでのお仕事や、Macbee Planetにおける魅力は何でしょうか?

まずRobeeの仕事の魅力についてお話しますね。
Robeeグループにはアナリスト的な要素が増えてきたかと思いますが、Robeeグループにおけるアナリストって「リサーチ」かなと思っていて。そのリサーチにおいてどれだけ準備するかによって、アイデアや提案がどんどん出てくるんです。
テンプレートがないので、クライアントの課題に関する様々な情報を言語化した上で、Webマーケティングのコンサルをします。なので、分析のスキルを身につけることができるのが大きな魅力だと思います。

また、ビジネスキャリアで考えた場合、デザインや広告以外にも横展開できるケースが多いと思ってます。
Robeeグループで成功したことって、他のクライアントでそのまま試してみることも全然できますし、違う商材でも、どのように競合を調べてどのように課題を整理して情報をまとめて、いかにクライアントに伝わりやすい提案の仕方をするか考えるということに関しては、アナリティクスコンサルティング事業の部署にも負けてないかなと思います!
そこについては、今年1年でさらに磨きをかけていきたいと考えています。

会社としての魅力でいうと、尊敬できる人が多いですし、それぞれの強みに特化した人も明確化しているところだと思います。
自分が成長してもさらに上がいるので、その企業にいる価値は大きいかなと思っています。

部長陣の原田さんは営業マンとしてすごすぎますし、門屋さんは超人。入戸野さんは陽気な性格ですが、入戸野さんしかできないようなことをこなして大きな数字を持ってきたり。

あとは、裁量があるのも魅力の一つだと思っています。
ただ、裁量がある=自分で考えて自分で発案し行動する必要があり、指示待ちのスタンスだとただ辛いだけと思うので、前向きな行動を怠らない姿勢が大事になってくるかと思います!
提案したことは、結構受け入れてもらえる環境かなと。
やりたいことに対して、根拠やゴールをしっかり明確にできていれば柔軟に受け入れてくれることが多いと感じています。

また、仕事において与えられる任務はしっかりありますがその中での振り幅は大きく、そこに対して柔軟に一緒に考えてくれると思います。


━━ 為国さんってすごく努力家ですよね。きっと素敵な夢や目標をお持ちなのかなと思うのですが、何かありますか?

僕の夢は発信力の高い人間になることです。
単純に目立ちたいというのも根本にあるかもしれませんが(笑)。

それを満たすためにどうしたらいいかを考えたんですが、TwitterやYouTube、ブログなどのSNSを運用して、マネタイズできるレベルまで持っていきたいです。
また、僕自身旅することが好きなので、最終的には旅行に関する記事メディアを作りたいと思っています。
あとは、仕事をしながらでも海外で音楽のライブをしたり、旅をしながら海外でリモートで仕事をするという感じで両立できたらいいなと思っています。

この夢は30代のうちには実現したいですね。なんだかんだ残り3年...!
ただ、自衛隊を辞めると決断し、次のステージに挑戦して早4年半。この期間で、すでにある程度叶えられている状況ではあるので、働きながら上手く両立して定期的にそういうことを楽しんでいけたらと思っています。

SNSでは1ヵ月100万インプレッションという目標を掲げているんですが、そこを目指しながらまずはライティング能力をRobeeとTwitterで鍛えている状況です。
Twitterの大きな実績ができたら、運用コンサルタント的な立ち位置でも活動できればと考えてますし、営業やRobeeグループでの訴求改善、Macbee Planetの広報活動、採用広報の見せ方などでも貢献できることがあるんじゃないかなと思っています。
とりあえずは、「社内でSNSに一番精通しているね」と言われる形を一年以内に作れたらいいなと思っていて、身に付いたスキルを活かしながら、バリューの一つである「ブランド人」を確立させていきたいです。

Macbee Planetのバリューは日々意識しています。
夢・幸せをまく・ワキワキ・ブランド人という4つのキーワードを自分の中にどう落とし込もうか考えた結果が、今の形になっていると思います。
会社とは、持ちつ持たれつの関係だと思っていて。
僕も会社で色々なことを学ばせてもらっていますし、僕が頑張ることで会社の成長にも繋がるというのは、自分の中でもわりと考えています。


━━ Robeeグループで一緒に働くメンバーを募集していると思いますが、どんな方に来てほしいですか?

自分の人生において、壁が出てきたときに上手く工夫をして乗り越えてきたエピソードをたくさん持っている方ですかね。
業界経験はなくてもいいと思っています。Robeeグループでは成功体験が着々と出来てきているので、そういった業界知識や仕事などについては僕含め現状のRobeeメンバーで入社後に教えてあげられますし、一緒に頑張っていただければ、チームとしても成果を出せる自信があります。

なので仕事においてもプライベートにおいてでも、何か壁が立ちはだかったときに、自分で突破できたエピソードがあるといいなと思います。そこが一番かなと!

そこを乗り越えられるのであれば、知識も諦めずに吸収していけると思いますので。

為国さん、素敵なお話をありがとうございました!

Robeeも絶賛拡大フェーズなので、サービスの成長過程に携わりたいという方、是非エントリーしていただけると嬉しいです!

株式会社Macbee Planet's job postings
11 Likes
11 Likes

Weekly ranking

Show other rankings