1
/
5

【Member Profile】「男女問わず活躍できる環境を作りたい」大企業を経験してきたコンサルマネージャーが考えていること

こんにちは!Macbee Planet人事部の加藤です。

今回は、2021年4月にご入社されたコンサルティング本部所属の森さんにインタビューしました!
コンサル本部の面接担当でもあるので、Macbee Planetの選考を受けてみたいとお考えの方は必見です!

【プロフィール】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コンサルティング本部 第1グループ マネージャー
森 小百合

1992年生まれ、千葉県出身。趣味は温泉・サウナ巡り。
青山学院大学卒業後、QVCジャパンにて総合職として入社し、カスタマーサポートとして勤務。
その後リクルートライフスタイルに入社し、ホットペッパービューティーの提案営業を行う。
そして2021年4月にMacbee Planetに入社し、現在はコンサル本部にてマネージャーを務める。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


━━ 新卒ではQVCジャパンにご入社されたと思いますが、きっかけは何だったんでしょう?

テレビ通販でこんなにモノが売れるってすごいなと思ったんです。

実際に手に取れない、見れないという状況下でも、紹介してくださるナビゲーターの方のお話とか、商品企画の方のお話で人の購買意欲が動くのが本当に面白いなと思いました。
それもあり、商品を買い付けたいという想いが芽生え、バイヤーとして働きたいと考えていました。

ただ、入社後はコールセンターへの配属となり、そこでSVとして働いていました。


━━ そういう背景だったんですね!そこからリクルートライフスタイルへご転職されたかと思いますが、当時の転職理由はどんなものだったんですか?

このままコールセンターで働いていても、コールセンター業界での転職しかできないと感じました。
一定期間働いて転職したときに、市場価値が低いんじゃないかと思ったので、転職を決めました。
その中でリクルートライフスタイルが、これまでのキャリアにかかわらず、市場価値をあげたい人は3年半で徹底的に上げに行こうという社風だったので、そこに入れば自分の選択肢が広がるんじゃないかと思ったんです。
もう一度、自分の幅を広げるために入社しました。

働く上で成長できるかということも大事にしていたのですが、コールセンターの仕事はできる範囲に限りがあり、新たに挑戦できることがあるようなポジションではなく、あまり成長を感じることができませんでした。 

ある日飲み会で友達の話も色々と聞いていて「自分はこのままでいいのか?」と漠然とした気持ちがありました。
一番大きかったのは、働いている中で自分がどれだけ頑張っていても、評価は一緒だと感じて悔しかったです。それで、ここではもう続けていくのは難しいかもしれないと感じました。
もっと数字など目に見える結果が得られるところで働きたいと思いました。



━━ 実際転職されて働いてみてどうでした?

リクルートではテレアポや飛び込み営業を死ぬほどしていました。
1年目、2年目は未達の状態が続き、苦しさしかなかったです。。。
また、周りの同期や後輩と比べていたので気持ちの落ち込みが激しく、それによって行動も伴っていなかったように思います。

ただ、3年目のタイミングでマインドが変わりました。
当時の同期の子がすごく優秀で、1年間で活躍した人に表彰されていました。
その際のスピーチで「周りじゃなくて、去年の自分と比べて今の自分がどうだったかを振り返って、今年は頑張ったと感じた」と話していて、なるほどと思いました。
人と比べるのではなく自分自身と比べようと考えるようになり、それからは自分の営業スタイルが掴めてきました。

━━ その後Macbee Planetに転職されることになったかと思いますが、当時の状況を教えてください。

当時はリクルートに残ってチームリーダーになるという選択もあったのですが、ずっと同じ媒体を売って、同じ媒体中での効果改善をするのって、本当に自分の力が身に付くのか?とふと思ったんです。
何より媒体力が大きすぎたので、そういった後ろ盾がなくても、自分の力でクライアントに貢献できる人になりたいと思って転職することに決めました。

転職活動中にMacbee Planetに出会ったきっかけは、エージェントさんからの紹介でした。
いくつかエージェント登録はしていたのですが、面談後に候補として頂いた企業一覧を見て「上場後の成長企業」という形でMacbee Planetが打ち出されており、それで気になって受けてみようと考えました。
そして一番最初にMacbee Planetから内定をいただき、それを機に転職活動を終了しました。


━━ 思い切りましたね!(笑)ビビっときたポイントは何かあったんですか?

最終面接の前に、コーポレートサイトに載っていた、当時社長であった小嶋さんの事業説明動画でLTVに関する話を聴いて、自分のやりたいことと合致していると感じました。
あとは、純粋に面接が楽しかったです!当時部長の原田さんが面接官だったのですが、私がこれまでやってきたことよりも「私がどういう人なのか」ということについて色々と聞いてくれて、人を大事にされているのかなと思い魅力を感じました。
あとは、面接で1社目での経験を高く評価してくれたことが嬉しかったです。自分にとってはあまり成長を感じられずプラスに捉えられていなかったのですが「その経験があるからこそ、今の森さんがあるんだと思いました」と言って下さったのがすごく嬉しくて。1社目の経験も活かせるのであれば…!と思った記憶があります。


━━ 4月入社でもうすぐ丸一年経ちますが、実際にMacbee Planetに入ってみてどうですか?

すごくあっという間でしたが、成長を感じる一年弱だったと感じています。
最初はWeb広告業界の用語もわからなかったので、外国に留学したんじゃなかろうかというくらい周りの人が何を言っているかわからない状態でした。
ただそれがわかるようになり、人に教えられるようにまでに成長できたのは大きかったです。

また、皆仕事に対してしっかり真面目に取り組んでいて人の良さはすごく感じました。自分の中での勝手なイメージですが、広告業界は何となくイケイケ系なイメージだったので、実際は良い意味で違ったので安心できました(笑)

逆に課題だと感じたのは、成長フェーズの企業にとってはあるあるなのかもしれませんが、教育制度が整っていないということです。
また、横展開での共有の場があまりなく、個人で持っている情報が結構あったりするので人によって知識量がだいぶ違うんだろうなと感じました。


━━ そうですよね...!ちなみに課題についてはコンサル本部の方でも色々と取り組まれているかと思いますが、今はどんな感じでしょうか?

今は所属グループ全体にナレッジを溜めるようにしています。これまではグループ全体で集まる場がなかったので、私の発案で全体MTGの場を設けるようになり、グッドトピックスや案件に関する共有をするようになりました。

また、元々グループ内で2つのチームがあったのですが現在は3チーム体制になり、私は新しくできたチームのマネージャーを務めています。
3チーム体制になったことでマネージャー1人あたりが見るメンバー数が減り、マイクロマネジメントができるような状態になりました。
また、その中で自分がやらなきゃいけないなと思ったのは、グループの他のマネージャーは新卒入社の方が多いので、2社経験している私がそれまでの経験をもとに何かアウトプットできるといいなと。
今はそれを考えながら、普段のクライアント対応をしています。


━━ ご入社されて約半年後にマネージャーに抜擢されましたよね。その背景や心境を教えていただいてもよろしいでしょうか?

それはもう衝撃でした。入社時は2〜3年くらいでマネージャーへの昇格というスピード感でキャリアを考えていたので、今か!!と思いました(笑)

抜擢いただいた背景としては、「これからメンバーも増えて会社がどんどん大きくなる中で、森さんの協調性を評価している」とのことでした。また、どんな人が入ってもうまくやれるとも言ってくれたんです。

協調性の部分は特別意識していることはありませんでしたが、誰とでも円滑なコミュニケーションは取れる方だとは思うので、そこを評価してもらえたのかなと思います。
また、1社目でオペレーターの仕事をしている際に様々な年代の方とコミュニケーションを取る機会が多かったので、そこで身に付いたと言えるかもしれないです。
案件の理解はまだ追いついていない部分があるのですが、部長の原田さんが案件相談の立ち位置で入ってくれるとのことで、「案件に関する知識はカバーしつつ身につけていってね」と言ってくれました。

あとは、私自身他の方と比べても報連相が細かいので、それも安心材料とのことでした。
リクルートで働いていた頃、商談の度に報告していたので自然とこまめに報連相を行う癖がついたのかもしれません。

これまで2社経験してきましたが、実際にマクビーでマネージャーに抜擢いただいた背景を考えると、どちらの経験も無駄ではなかったと思っています。


━━ 実際マネージャーになられて、ご自身の中で変わったことは何かありましたか?

案件へ取り組む姿勢は変わったと思います。

それまでももちろん案件に対して真剣に向き合っていたのですが、マネージャーという誰かに教える立場になったので「教えられる状態にならなきゃ」と思いインプット量は増やしました。
経験を積みたいという意欲は以前よりも強くなったと感じています。


━━ 仕事の中で大切にされていることや、ワキワキする瞬間があれば教えてください!

自分の中で大事にしている考え方があって、それは「全てのことには意味がある」ということです。
そう考えることで、その時起きている苦しい出来事も、後々の成長に結びついているなと感じた体験をこれまで何度もしてきたので、そう感じています。
辛いことがあっても「辞めたい」とはならず「これを乗り越えたら必ず実になるし、頑張ろう」と思えるんです。
リクルートの頃、アポは一番取れていたものの商談が決まらなさすぎて、厳しいフィードバックをもらいながらも諦めずに頑張った結果、3年目で商談決定率をNo.1まで上げることができました。

当時「軍隊」と呼ばれている組織に所属していたのですが、当時の上司は私がどれだけ失敗しても見放さず、信じ続けてくれる方でした。
「俺は森がトップになれるって信じてるよ」と言ってくれて、その方がいたから約3年半続けられたというのもあります。
今でもその上司のようになりたいと思って日々頑張ってます。

ワキワキする瞬間については、1月から新しい部下が入社してくれたのですが、マネジメントをしている中で活き活きと楽しそうに仕事をしてくれていると「もっと成長して欲しいから色々考えないとな」とワキワキしますね! 自分のことよりも、人が喜んでいるとか、それこそ部下の成長とか人にとってプラスになっていることを感じるとワキワキします。
あとは「担当案件で数字が伸ばせそう!」と、チームの皆で盛り上がっている時にもワキワキしますね!


━━ この先考えていることは何かありますか?

Macbee Planetが長期的に女性が活躍できる職場にできたらいいなと考えています。

これまで活躍されていた方が結婚や出産などを機に会社を辞めてしまうこともあり、すごく悲しかったですし勿体無いと思ったんです。
なので、ライフステージが変わっても好きな仕事を楽しめるような環境だったらいいなと思いました。
現状は働き方とサポート体制の部分が属人化しているので、なんとか改善できたら...!

今は第2創業期というのもありやることが山積みなので、仕方ない部分でもあると思うのですが、働きやすい環境というのは企業選びにおいても重要な部分になるので、仕組みを作っておくだけでも違うのかなと思います。

あとは上記とは別で、という想いは常に持っているので、そこは引き続き大切にしつつクライアントに寄り添っていきたいです!


━━ 素敵です!森さんはコンサル本部の採用面接もご担当されているかと思いますが、どんな方と一緒に働きたいですか?

一番は、自主的に動ける方がいいかなと思います。
受け身の姿勢ではなく、自主的に課題を考えたり、解決のためにアクティブに動ける方がいいと思います。
まだまだ会社が成長フェーズで教育体制も整っていない中でスピード感速く成長できるのはそういった方だと感じています。
また、それに加えて協調性があり、一緒に働く社員やクライアントのことを考えて動けるといいですよね!

森さん、ありがとうございました!
少しでもマクビーに興味をお持ちいただいている方、森さんと一緒に働きたいという方も大歓迎ですので、ぜひ皆様ご応募ください!

株式会社Macbee Planet's job postings
6 Likes
6 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more