1
/
5

【Member Profile】クールな雰囲気の裏はメラメラ系?Macbee Planetでの恩師との出会いと成長のストーリー

はじめまして。ふっちーこと渕山颯斗(フチヤマハヤト)です。

現在、金融案件を扱う部署に所属しておりまして、
ありがたいことに昨年11月、新卒2年目にして”マネージャー”に抜擢していただきました。

この記事では、私の性格と共にマクビーで一緒に働く”人”についてと、就活生の皆さんが一番気になるであろうMacbee Planetでの1年目2年目について自分なりにお伝えできればと思います。

また、この記事は以下のような方に読んでいただきたいです。
・自分をさらけ出すのが苦手だけど、内に野心を秘めている方
・リスクを取ってでも常にチャレンジをしていきたい方
・安定ではなくいかに成長できるかで、進む道を選べる方

実は、上記に記載した3つが私の性格です。

表に立つことを好まず、努力を見せたくないタイプですが、内心、闘争心や野心をメラメラ燃やして生きてきました。
表裏があるというと少し悪く聞こえますが、本当の自分を隠していたのは本当です。

ですが、その隠していた部分を一瞬で見破った人がいます!
その人との出会いについて少しお話させていただきます。

恩師、入戸野正浩との出会い

この出会いがMacbee Planetへの入社を決意したきっかけになります。

入戸野さんと初めてお会いしたのは大学4年生の春。
Macbee Planetの1次面接が終了したあと、今度カジュアルに面談をしましょうという流れになりました。
その時に面談をしていただいたのが入戸野さんでした。

入戸野に関するストーリーはこちら

初めてお会いしたときの印象は、「明るすぎるだろこの人」でした。

学生時代から常に陽キャだったんだなと思わせる雰囲気で、かなり気さくに接していただけたこともあって、緊張もかなりほぐれたのを未だに覚えています。

話すこと10分、、、

「渕山くんって本当の自分出してないでしょ、実は闘争心があるタイプと見た!」

衝撃的でした。かなり仲良くなった人以外に本当の自分というのをバレたことがなかったので10分話しただけで全て見破られた感じがして、恐怖すら感じました。

この人、どれだけ人のことを見ているんだろう?どこで気づいたんだろう? 何者?
と頭の中は「?」でいっぱいになっていました。

その時!入戸野さんの口から更に衝撃的な一言が…

「俺も実は人見知りなんだよね」

・・・。え、どこが? さらに頭の中の「?」が増えたのを覚えています。

よくよく聞いてみると、本当は人見知りだけど人見知りと思われるのが嫌で、明るく振る舞っているとのことでした。(未だに信じてはいないですが本当らしいです笑)

この出会いが私の就活に終止符を打ちました。
この人のもとで働きたい。この人が語るMacbee Planetをもっと知りたい、そう思ったのが入社を決意したきっかけになります。

その後入戸野さん以外の方にもお会いさせていただきましたが、皆さん個性があってフレンドリーな方ばかりで、自分を出したり、初対面の人とのコミュニケーションをとったりすることが苦手な私でも歓迎してくださって、すぐに打ち解けることができました。

“人”に関しては社員全員共通の価値観を持っているため、人の入れ替わりがあったとしても、Macbee Planet内の「人の良さ」は今後も変わることはないと自信を持って言えます。

それくらい働きやすい環境ですので、性格診断(診断結果は下記に載せておきます)でも一言目に口ベタと書かれる私のような性格の方でも安心してご応募いただければと思います。

▼渕山颯斗は「気分屋の猿」?

口ベタの私がマネージャーとなるまで

入社半年間、正直に言うと私は落ちこぼれでした。

口下手なのもあり、電話対応すら上手くできず緊張して手が震える日々を送っていました。
そのため自分の中で「コンサルタントって口ベタだと務まらないんじゃ・・・」そう思うようになりました。

実際コンサルタントとしてコミュニケーションは一番と言っていいほど重要で、コミュニケーションなしで務まらないのは間違いないです。

ですが、口べたで落ちこぼれだった私が新卒2年目にしてマネージャーとなれた経緯をお伝えできればと思います。

入戸野さんの部署への配属

入社4ヶ月目に、先程述べさせていただいた入戸野さんが部長を務める金融案件を扱う部署へ配属されました。

入戸野さんは自称人見知りではありますが、自他ともに認める「営業の天才」で、入戸野さんの部署に配属されたことが一つ大きな転機となりました。

弊社はマザーズに上場しておりますが、ベンチャーのように部長や役員との距離が近いため(社長が隣の席で仕事していたりします)密にコミュニケーションを取ることができます。

私はコミュニケーションを学ぶため常に入戸野さんの隣を陣取り、毎日のようにコミュニケーション術を学び、盗みました。
もちろん、口べたな性格がすぐに治るわけもなく最初はめちゃめちゃ苦労しました。

初めて自分がメイン担当となる案件を持たせていただいたのが新卒1年目の11月なのですが、最初はクライアントとのやり取りもスムーズにできなかったり、提案もモゴモゴ話してしまってなかなかクライアントに納得していただけなかったりと、正直期待に答えられることができませんでした。。。

自分には向いていないんじゃないか、表に立たず裏方で作業的な仕事だけしている方が向いているんじゃないか(実は未だに思ってますw)とか思って悩んだ時期もありました。

そこで思ったのが、お笑い芸人さんって活発で陽気な感じに見えるけど、実はプライベートでは物静かとか聞くな、、、
そういえば、入戸野さんも表には見せないだけで、実は人見知りって言っていたなという、、
入社前の記憶が蘇りました。。

そこで、どこまでできるかわからないけど一旦試してみようと思い、

「二重人格計画」を実行することにしました!

クライアントとやり取りするときも入戸野さんの話し方を真似してみたり、固くなりすぎないように少し砕けた言葉遣いをしてみたりと、距離を縮められるよう色々試行錯誤しながらコミュニケーションを取っていきました。

すると今まではクライアントからの連絡は全て入戸野さんにいっていたのが、徐々に私宛に直接連絡が来るようになり、次第にコミュニケーションを取る機会も増え、良い関係性になってきているなと感じるようになりました。

Macbee Planetは部長や役員陣が近くにいる環境であるため、そのクライアントとのやり取りや関係性の向上を周りが見て評価してくださり、数ヶ月前と比べての成長幅もあってか、新卒2年目にして最年少マネージャーとして抜擢いただきました。
自分の苦手なことから逃げず、改善するために何をしたらいいのか、自分に何ができるのかというのを考え続けた結果だと思ってます。

実際マネージャーという役職を経験して思うのは、「めちゃくちゃ楽しい!!」です!

今まででは経験できなかった「仕事を教える」ということや、会社全体の売上を意識して働くこと、その売上目標を自分のチームで達成したときの達成感。何をとってもマネージャーになる前と比べて桁違いにいい経験ができているなと日々感じています。

今では初めて案件を持ったときと比較して4、5倍以上の業務量にはなってますが、それを同じ業務時間でこなせているので、たった1年ちょっとで自分の生産性が4、5倍に上がっていると思うと嬉しくなりますし、Macbee Planetに入社できたこと、入戸野さんに出会えたことは本当に私の成長に繋がっていると思います!

この記事を読んでくださっている人の中で、人見知りでコミュニケーションが苦手という方もいるかと思いますが、最初電話応対だけで緊張していた私でもマネージャーに抜擢されるまで成長できたので全然問題ないです!!

本当にやる気さえあれば、いくらでも成長の機会を与えてくれる会社ですので、はじめに述べた「野心」「チャレンジ精神」「成長意欲」のいずれかでも持っている方はまずはお話だけでもできれば嬉しいです。


最後に、本当に全員人柄が良いMacbee Planetの中でも特に最高な私の同期メンバーをご紹介します!!!
(私を除いて4人いますので、残り2人のストーリーは公開まで楽しみにしておいてください)

■金城航平 (~琉球から東京、そして世界へ~)
https://www.wantedly.com/companies/macbee-planet/post_articles/362371

■石山真也 (新卒1年目で社長に大抜擢!)
https://www.wantedly.com/companies/macbee-planet/post_articles/362405

■坂口友洋(コンサルティング本部 第2グループマネージャー)
Coming soon

■鍋島南那(株式会社Smash コンサルタント)
Coming soon

株式会社Macbee Planet's job postings
5 Likes
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more