1
/
5
This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

広報兼採用アシスタントの長期インターン生の一日

こんにちは、見習い侍(インターン生)の牧山です。
本格的に寒くなってきて、ついにヒートテックを着始めました。寒いのは苦手ですが、イルミネーションが好きなので冬は嫌いではないです(笑)
さて、noteの更新もこれで三回目を迎えます。三作目となる今回は皆さんがきっと気になっているであろう、インターン生の一日について書こうと思います。

私はこのWantedly内の、採用事務や記事の作成などの運用を忙しい人事担当者に代わって行っています。具体的には応募者対応や募集記事のキャッチコピー作成など、採用アシスタント兼広報担当として仕事をしています。
「広報兼採用って一体どんなことやるの?」という方や、「インターンを採用したいけれど何を任せればいいかわからない」という方に、読んでいただけるような記事にしました。是非、最後まで読んで下されば嬉しいです。

9:45 出社

インターンは基本的に10:00から勤務なのですが、心配性の私は15分ほど前に出社するようにしています。出社してから勤務開始までは、パソコンを立ち上げたり、自分の一日のスケジュールや社員さんのスケジュールを確認します。そして、変更があればスケジュールを正しいものに書き換えます。社内全体でスケジュールの可視化を徹底しているので、どの時間帯であれば仕事を頼みやすいか、時間を作ってもらいやすいかなどをひと目見てわかるようにしています。

10:00~10:30 応募者対応

まずは、応募者対応からスタート。会社に応募してきた候補者を基準に当てはまっているか選考をかけます。そして、基準をクリアした候補者を先方に送り、先方が「話してみたい!」と思った方に面談のご案内をします。その後、候補者から面談希望日を回収して先方に繋ぎます。ここでは、迅速な対応と的確な情報を伝える事がとても大切だと感じています。
また、出勤日は電話対応なども行っています。たまに早口すぎて聞き取れない事もあったりしますよ(笑)その時は、素直にもう一度会社名と名前を聞き直すようにしています。

10:30~12:00 キャッチコピー作成

およそ10社程度の募集記事を担当しています。既存の記事に毎週異なるキャッチコピーを入れて、それに合う写真を挿入します。企業さんによりカラーが違うことと、募集職種も全く異なるので、職種だけでなく企業さんが欲しい人材に合ったキャッチコピーを作成することは、とても大変ですがやりがいはあります。
ただ、毎週更新するのでだんだんネタも尽きそうになります(笑)その際はWordファイルに今まででPV数の多いものや、職種ごとに募集記事を検索して自分が手を止めたものを書き出して、そこから類似の言葉を考えてキャッチコピーを作るようにしています。こうすることで以前よりはネタ切れで慌てることも減ったかなと思います。

12:00~13:00 ランチ


この日は社員さんと一緒にインドカレーを食べに行きました!新宿御苑前駅からすぐのところにあるパペラというお店で、ナン・ライス・カレー2種類・サラダ・ドリンクが付いてくるランチセットAを注文しました。シーフードカレーと豆とほうれん草のカレーはあまり辛くなく、とても食べやすいお味でした。ボリューム満点でコスパも良いので、新宿御苑前に用事がある方や、お勤めの方は是非足を運んでみてください!

13:00~13:30 応募者対応&Twitterチェック

先方からの連絡をチェックして、連絡が入っていたら候補者に連絡内容を伝えます。
業務時間にTwitterやっていいの!?と思われた方もいると思います(笑)が、ルーチェでは広報に力を入れていて全員がTwitterをやっています。もちろん、会社用のものなのですが定期的に募集記事を流したりツイートをして、フォロワーを増やすように努めていますが、苦戦しています...😢

13:30~14:15 キャッチコピー作成

10社分の枠立てキャッチコピー作成は、量が結構多いので午後にもやる事が多いです。この時間で、10社全てのキャッチコピー作成を終わらせるように心掛けています。そして、一通り作り終わったら、先週書いた募集記事のPV数がどれくらいだったかをチャックします。中でも、PV数が伸びたものはWordファイルに記録するようにしています。

14:15~15:00 noteにアップする記事の下書き作成

Noteを毎月2本のペースで上げているので、出勤日は必ずnoteの下書き作成をします。テーマから自分で考えているのですが業務の一環として行っているので、必ず社員さんにチェックをしてもらって訂正をしてから更新します。だいたい2回の出勤で下書きを書きあげて、3回目でチェックしてもらって訂正をして4回目の出勤で投稿するという流れです。私はもともと記事を書いてみたくてルーチェにインターン生として入ったので、文章を書いたり画像編集などイチから自分で考えることはとても楽しいです。

15:00~15:15 休憩時間

ルーチェではこの15分間は休憩時間となっているので、おやつを買いに行ったりちょっと散歩に出かけたりしています。今日のおやつは最近ハマっているプロテインバーです。ただのお菓子を食べるよりもたんぱく質が摂取できると思い、間食する際はこれを食べるようにしています。ただ、結構固いので歯が弱い方はお気を付けください!笑

※部長とお話ししながら食べてる写真です🍫一人で笑っているわけではありません。

15:15~16:00 noteの下書き(続き)

休憩前に書いた下書きの続きを書きます。この時間でにざっと最後まで思った事を書きます。次回以降の下書き作成で、文章がおかしいところを訂正したり、必要があれば内容を再構成するので最初である程度のプロットは完成させるようにしています。

16:00~17:00 noteに挿入する写真の選出&編集

Noteのプロットを一通り書くのは、この時間で挿入する写真を探して編集するという目的もあります。写真は主に、自社で撮ったものやフリー素材から記事の雰囲気に合うものを探します。そして、色味などを少し変えたり、写真に文字を入れるという作業を行います。

17:00~17:55 事務作業&応募者対応

他の社員の方からやっておいてほしいと言われた事務作業を行います。毎回内容は異なるのですが、具体的にはリストに連絡先を入力したりする作業や名刺のダブルチェックを行います。また、候補者から連絡が入っていないかなども必ずチェックして、連絡が来ていたら社員さんにもチャットワークなどで随時共有します。

17:55~18:00 次回の予定記入

退社する前に次の予定を入力します。

18:00 帰宅

18:00のチャイムがなったら帰宅します。基本的に残業はないので、とてもホワイトですよ。

インターンをしてみて...

ベンチャー企業では、時間が限られている中で決められたノルマをこなさなければいけません。さらに、ベンチャー企業ということもあり、自分が行ったことの結果がダイレクトに反映されるので、ノルマをこなすだけではなく、結果を出すことも意識しなければならないので、日々その大変さを実感しています。しかし、自ら企画したものをカタチにしたり、周りの社員さんにアドバイスをもらいながら試行錯誤する楽しみを経験することができます。どうしたら閲覧数が伸びるのだろう、どういう記事が読み手を惹きつけるのだろう、など大学の勉強だけでは経験できないことも学ぶことができているので、勇気を出してインターンに挑戦してみて良かったと思います。
ここまで読んで下さり、ありがとうございます!この記事を読んで下さっている中には「長期インターン」はイメージが湧かなくて挑戦しにくい、と感じている方も少なくないと思います。少しでも、そんな方がこの記事を読んで「インターンやってみようかな」と挑戦するきっかけになれば、幸いです。

私のインターン先では一緒に働く仲間を募集しています。少しでも興味を持ってくださった方は、是非一度お話ししてみませんか?

では、また次の記事でお会いしましょう👋

株式会社ルーチェ's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings