1
/
5

ログリー、16回目の創立記念日〜これまでの歴史とこれからの展望を添えて〜

みなさん、こんにちは!広報の桐本です。

2021年5月30日、ログリーは創立16周年を迎えました。ここまで歩んでこられたのも、株主のみなさま、お取引先のみなさまをはじめ、メンバーはもとより多くの関係各所のご支援の賜物です。心より感謝申し上げます。

創立記念日を迎えて、まずはこの16年間をざっと振り返ってみました。

LOGLY年表、つくってみました


こうやって見てみると、いちメンバーにも関わらずなんだかめちゃくちゃエモい気持ちになりますね…

ログリーの主力事業である「LOGLY lift」の提供開始は2012年から。当時はDSPもやっていました(今でもたまーにお問い合わせをいただくのですが、すでにDSP事業は終了しております)。

LOGLY lift以前のものはすでにサービス終了しているものも多いですが、いろいろと気になるサービスも。にゅーじあ…?ろぐりーかれんだー…?

桐本:よーし、これまでの歴史について、社長に聞いてみよう!

創業当初から変わらない「ログ」へのこだわり

桐本:あの、主力事業であるLOGLY liftのことはよく知っているのですが、創業初期に立ち上げられていた「loglyカレンダー」って一体なんですか?Googleカレンダー的な…?

吉永社長:個人のログを記録していくというコンセプトで、スケジュール、日記、TODOなどの時系列データをカレンダーで管理できるサービスです。当時はWeb2.0ブームの真っ只中で、ブラウザだけで個人のログ情報を記録したり共有したりするというものでした。

桐本:今でこそtoBのイメージが強いログリーですが、ひとつめのプロダクトはtoCだったんですね!

吉永社長:そうなんです。カレンダーを作りたかったというよりも、ログに価値があると当時から考えていたので、個人のログを集めて分析し、イベント情報などをレコメンドしていくということを考えていました。

桐本:なるほど。年表を見る限り、あまりうまくいかなかったのでしょうか…?

吉永社長:会員数が10万人ほどいったものの、マネタイズができず終了してしまいました。

桐本:新規事業の最大の壁、マネタイズ…。loglyカレンダー、少し使ってみたかったです。

さて、創業1年後には早稲田、2年後には築地にオフィスの移転をし、そこから3年ほど「newzia」というサービスに力を入れているように見受けられますね。

吉永社長:「ニュージア」と読むのですが、個人のログの次に目をつけたのが、企業などが発信しているニュースでした。

桐本:ニュージア…どういった由来があるのでしょうか?

吉永社長:news+viaの造語で「ニュースを経由させる」、つまりはニュースをログとして収集し、付加価値のあるサービスを実現していく、というところからきています。

このブランドのもと、ニュースアグリゲーションサービスやトピックスサービスを展開していました。また、「newziaコネクト」もここから誕生しています。

桐本:「LOGLY lift」の前身でもあるサービスですね!

吉永社長:そうそう。メディア企業向けに関連記事を自動化させるレコメンドソリューションです。ログリー初の企業向けサービスで、それなりの数のメディア企業に導入頂くことができ、このサービスで会社も黒字化を達成しました。最終的には「LOGLY lift」に統合されましたが、当時のエッセンスは今でも受け継がれています。

桐本:創業当初から、ログに対するこだわり、ブレてないですね〜。

吉永社長:そもそも、ログリーの名前の由来が「ログ」からきてるからね。

桐本:「リー」は、当時サービス名の語尾として流行ってたというところから持ってきて、いい感じにしたんだとか…(笑)

吉永社長:それもあるね(笑)それ以外に、「ly」ってよく英語の副詞についていることが多いと思うのですが、副詞って日本語では「〜のような」とか「〜的な」などの意味があると思います。なので、ログにlyを付けることで、「ログのような」とか「ログのように」など、サーバのログ以外もログのように扱っていくという意味合いも含まれているんですよ。

事業を伸ばすポイントは「選択と集中」にあった

桐本:ちなみに、「logly DSP」リリースとクローズの背景も少し気になっているのですが…「LOGLY lift」と同タイミングのリリースには、なにか意図があったのでしょうか?

吉永社長:当時はディスプレイ広告の真っ只中だったので、新しい概念のネイティブ広告(当時はネイティブ広告とは呼んでいませんでした)は受け入れられるかまだ分からない、受け入れられたとしても少し先になるだろうと考えていて、既に市場ができているディスプレイ広告も扱うことにしたのです。リターゲティング広告を中心としたオーディエンス広告が全盛期だったのですが、loglyDSPはリターゲティングでなはく、newziaで培った技術を利用してコンテンツマッチ広告を売りにしていました。

桐本:なるほど。DSPの領域でも独自性を出し、差別化を図ろうとしていたのですね。

吉永社長:ところが、リターゲティングにはなかなか勝てず…。さらに後発DSPということもあり、成長できずにいました。

桐本:その中で、「LOGLY lift」は比較的好調なスタートダッシュが切れたと。

吉永社長:そうですね。立ち上がりこそスロースタートであったものの、その目新しさもあって徐々に利用されるようになっていきました。そこで、リソースも限られているわけなので、思い切ってDSPをやめてネイティブ広告に振り切ろうと。そこからは「LOGLY lift」に集中し、今に至るというわけです。

桐本:おそらく、一気に人員拡大できるフェーズではなかったと思いますし、「選択と集中」、この決断が明暗を分けるタイミングだったんだろうなと感じます。

事業成長とは相反して立ちはだかる組織構築という壁

桐本:「LOGLY lift」が無事に事業成長し、リリースより6年後にマザーズ上場。私は上場の約半年前に入社したのですが、社員数もぐっと増えて一気に組織らしさが出てきた時期だったことを覚えています。これまで以上に「組織育成」も強化していかなければならないフェーズだったと思いますが、苦労されたことなどはありましたでしょうか?

吉永社長:事業の成長とは裏腹に組織構築は大変でしたね。私自身も組織を作り上げていくという経験がなかったものですから、採用で人は入って頂けるものの、一体感がでなかったり、統率がうまくいかなかったりと、事業が成長しているがゆえのジレンマを抱えていました。

桐本:私としては、価値観も経験も異なる人間が何十人も集まるわけですから、組織体制の善悪には波があって当然なことだとは思っているのですが、なにか解決の手立てはあったのでしょうか?

吉永社長:まだまだ模索中ではありますが、解決策のひとつとしては、組織そのものを変えるということでした。組織の問題は組織で解決するといいますか、具体的にはマネージャー制度をつくって、権限を委譲し、自分一人で見ない、組織として見ていくというのに切り替えていきました。このあたりの話は膨大になってしまいそうなので、またの機会にでも。

桐本:興味ある方も多いと思うので、ぜひ!ブログ企画のひとつとしてこっそり追加しておきます。

ネイティブ広告プラットフォーム事業に留まらない理由

桐本:組織育成だけでなく、事業拡大も多角的に行われましたよね。

・BtoBデジタルマーケティング支援「クロストレックス株式会社」設立

・ユーザー分析DMP「Juicer」の事業譲受

・CVC「ログリー・インベストメント株式会社」の設立

・ダイレクト課金サービス「codoc」との協業

・日本初の全大会賞金付きeスポーツ大会プラットフォーム「Adictor」

・全国のローンを一括検索できるサービス「uP.」

・[転職アンテナ]運営「moto株式会社」子会社化

こうやって列挙してみると、なかなかいろいろありましたね。ネイティブ広告プラットフォーム事業に軸足を置きつつ、事業の多角化を行っている狙いを教えていただけますでしょうか?

吉永社長:そもそもとして、ログリーの理念は「イノベーションで世界中の人々にワクワクを」というもので、広告に限定した理念ではないのですね。理念の言葉は創業時から幾度かの変遷を経てはいるのですが、基本的な考え方は全く変わっていなくて、テクノロジーで世の中を豊かにしたいというのがベースにあります。

桐本:吉永さんが日頃からよくおっしゃっていることではありますが、印象深いお言葉のひとつです。

吉永社長:だからこそプロダクトやサービスも自分たちのテクノロジーが業界や社会を変えられるのであれば参入していこうと決めています。新規の事業は今までの当社の歴史のようにすべてが上手くわけではないかもしれませんが、チャレンジすることこそが理念実現の一歩だと思っているので、今後も新規事業にはチャレンジしていきます。

「まさか」な事態が起き続けたこの1年とその未来

桐本:この1年はとにかく、新型コロナウィルスの影響もあって本当に怒涛な1年だったかと思います。振り返ってみて、いかがでしたでしょうか?

吉永社長:コロナ禍で在宅勤務中心となり、働き方について見直す1年となりました。当初は試行錯誤の日々でしたが、最近では在宅勤務でもメンバーが安定的に仕事のパフォーマンスを出せることを証明できたと感じています。一方で、コミュニケーションが不足がちになり、新たなことを生み出すという観点ではやはりリアルで会うことの意義を感じた1年でもありました。

桐本:おっしゃるとおり、コミュニケーションがいかに大事かということを目の当たりにした一年でした…だからこそ先日の社員総会は非常に有意義な時間となりましたね。

加えて、吉永さんが考える「1年後にあるべき姿」もぜひ教えていただけますでしょうか?

吉永社長:この1年は会社にとって新たなチャレンジの年になると思っています。事業面においては、広告事業の安定的成長を築くと同時に、新規事業による事業柱の構築を目指していきます。組織面においては、コロナ禍において在宅と出社を併用し、それぞれのメリットを取り入れ、強固な組織にしていきます。

桐本:強固な組織づくりというところにおいて、私も広報として精一杯尽力できるよう、頑張っていきます!!

吉永社長、急な呼び出しにも関わらず、ありがとうございました!

メンバーに「体験」という感謝をプレゼント

さて、歴史の振り返りはこのへんにしておいて…メンバー向けに感謝の思いを込めて用意した創立記念品について、ご紹介をさせてください!

なんと今年は…「自然派おやつのサブスク」、snaq.meさんとのコラボスナックです🍍🍠

(ログリーコラボのオリジナルラベル!かわいい箱に入って届きました)

snaq.meさんは、創業ストーリーの記事などをよく拝見していたこともあり、私自身、ずっと気になっていたんです。

せっかく創立記念品をつくるなら、「試してみたい!」と思っていたブランドやプロダクトとのコラボを実現したいという背景があり、今回、ご依頼をさせていただきました。

現在はフルリモートワークですぐに渡せないため、取り急ぎSlackでメンバーに共有。

Slack上でワイワイしてもらえて、とてもあたたかい気持ちになりました。はやくみんなで感想を言い合いたいですね。

多大なるご協力をいただいたsnaq.meのみなさま、本当にありがとうございました!

最後に

改めて、いつもログリーを支えてくださっているみなさま、本当にありがとうございます。

ログリーは今後も、「イノベーションで世界中の人々にワクワクを」というミッションの元、独自のテクノロジーでイノベーションを生み出し、世界中の人々がワクワクするようなサービスを提供してまいります。

今後とも、ログリーをよろしくお願いいたします。

ログリー株式会社's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more