This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

求める仲間は1つでも誇れるものがある、熱量の高い人! 声優・ライバーキャスティング担当 谷木原さんインタビュー(2)

引き続き株式会社ライバーで「声優」を主軸にしたキャスティングやネット番組のコーディネイトのほか、ネット配信するライバーとあらゆる面でパートナーシップを結び、配信を盛り上げる「ライバーユニット」の業務も担当する谷木原健一さんに話をききます。

谷木原 健一さんインタビュー

――最近はネットで生配信するライバーが注目を集めています。谷木原さんはライバーさんに関わる「ライバーユニット」の業務にも携わっていらっしゃいますよね。仕事内容をおしえていただけますか。

谷木原:簡単にいえば、ライバーユニットとはライバーさんのあらゆる面でのパートナー
です。ライバーは録画がメインのYouTuberと異なり、ゲーム実況やトークなどをライブ配信プラットフォームやアプリを使って配信している人のこと。そんな彼らを全面的にサポートしています。
企業案件の交渉からスケジュール管理、コンテンツ内容の相談までのるし。もちろん、メンタル面の相談にも。
もっと細かくいえばライバーさんの写真をどこかに掲載する場合、通常なら事務所の許可が必要ですが、ウチの場合は本人の判断を優先する…そんな風通しの良い環境を作るのもライバーユニットの仕事だと思っています。



――だから(一緒に歩むことをイメージさせる)「ユニット」なんですね。ところで、これからライブ配信業界はどうなっていくと思いますか?

谷木原:あるネット番組では芸能人よりライバーが出演する方が視聴者の数字が5倍も上がったというデータがあります。こういう状況を観察すると、テレビやラジオがインターネットの媒体に近寄ってくるような気がしますね。
今はタレントとライバーはきちんと住み分けされていますが、いずれは混ざることになるかもしれません。もしかしたらタレントたちにネットの強みを持っていかれるかも…。
その時こそ、生配信で勝負するライバーの力が試されるのかもしれませんね。

――今、ライバーさんが支持される理由は何だと思います?

谷木原:ゲーム実況のライバーさんを例にあげると、まず本人がゲームを愛しているのがライブで伝わってくるからだと思います。
また、ライバーさんは自分が好きなことをやっているから視聴者の要求に応えることができるし、テレビやラジオと違って喋りの表現も窮屈じゃない。その点も人気を集めているのではないでしょうか。

――いずれネットの動画媒体も転換期を迎えるような気がしますね。ちょっと唐突な質問ですが、株式会社ライバーを漢字一文字で表すと何でしょう?

谷木原:うーん…「愛」!これに尽きます(笑)。会社に関わる皆を愛し、仕事を愛するという土壌があるという意味で。
個人的には飯田会長と出会ったことがきっかけで入社しましたが、会長は発掘するのが得意で、僕はそれを深掘りするのが得意なような気がします。つまり相性が良い。
そんな幸せな関係で仕事が出来ているから「愛」という表現につながるのかも。

――愛が土台になっているって、素敵です!では、ライバー社の前身であるテクサ時代から働かれている谷木原さんがシビアに見た、会社の長所と短所をおしえてください。

谷木原:長所は皆が自分の仕事を好きな点。短所はスピードを重視しすぎるあまり、何かが抜け落ちることがある点でしょうか。
ミスを防ぐには効率ばかりを求めるのではなく、もっと慎重に仕事をすすめ、守りを固める必要があると思います。

――それが安心・安全な仕事につながるというワケですね。最後に、谷木原さんが所属するライバーユニットはどんな仲間を求めていますか?

谷木原:理想はネット媒体での配信経験のある人。なぜならライバーさんの立場が理解できるので、サポートする内容も細かく配慮できると思うからです。
けれど、一緒に仕事をしたいのは「趣味で映像編集している」でもいいですから「自分はこれで勝負する!」と、ひとつでも誇れるものがある、熱量の高い人。
そんな人はどんどんアピールしてきてほしいですね。仲間になりましょう!

(インタビュー 了)

株式会社ライバー's job postings
Anonymous
Picture?height=40&width=40
1 Likes
Anonymous
Picture?height=40&width=40
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon