1
/
5

【社員インタビュー#2】大手酒類メーカー営業から転職、新しい挑戦

こんにちは。広報担当の遠山です。
今回は、ECチームでプロジェクトマネージャーやカスタマ―サポートを担当しているM.Hajiさんにインタビューしました。

<Profile>
入社年月:2017年10月
ECチーム プロジェクトマネージャー/カスタマ―サポート
出身:福岡
趣味:ライブ観戦、カラオケ、美術館巡り
普段良く飲むお酒:日本酒からビール、ワイン醸造酒全般
KURANDで好きなお酒:あの子のほっぺ

ーまず最初に、リカー・イノベーションに入社した経緯を教えてください。

もともと実家も酒屋で、大手酒類メーカーで酒販店、飲食店などへの業務用営業をしていました。酒販業界のおかれた環境が大きく変化しており、これからの酒屋について考えていたときリカー・イノベーションを知って興味をもちました。その後実際に代表と話をして、今までにない酒屋だということを強く感じ、酒類業界においてまだ経験していないことを経験できるのはリカー・イノベーションしかないと思いました。

ー普段どんな業務を担当しているか教えてください。

ECチームでプロジェクトマネージャーやカスタマ―サポートを担当しています。KURANDオンラインストアの管理、酒ガチャや限定販売、売り場企画と運営、カスタマ―サポートの運営管理などを行っています。

ー今の業務以外に担当したことがある業務と、そこから今の業務を担当することになったきっかけを教えてください。

入社時は直営店舗のKURAND SAKE MARKETでの勤務から、新橋店のオープンに伴い1年間店長をしていました。その後お酒のWebメディアのnomoooの営業を経験し、KURANDでオンラインストアをスタートする際に今の業務の担当となり、1年9ヶ月ほどになります。

ー業務の中で一番やりがいのあることはなんですか?

お客様とお問い合わせを通して直接やりとりすることも多いですが、その中のご案内を通して実際に商品の購入につながったり、SNSなどで問い合わせや実施した企画をきかっけに購入したという投稿を拝見したときです。

ー業務の中で大変なことはなんですか?

どの企画も目標を達成できるよう取り組んでいますが、もちろん実施するまで分からない点も多く、状況に応じて販売や企画を調整してすぐに改善し実行する必要があります。企画と企画の間がほとんどないことも多く、限られたスケジュールの中実施していくことは常に大変だと感じています。

ー今までの業務の中で一番苦労したことはなんですか?

飲み歩きや街バルのイベントの運営を、まったく経験がない中行ったことです。限られた時間の中で、参加していただけるお店や企業と交渉し、参加チケットを目標数、事前に販売して成功しなければなりませんでした。右も左も分からない中で、自分一人が頑張っただけではどうにもなりません。いろんな人の力を借りて自分のタスクを進めつつ、かつ全体に指示を出して、イベント進行もしていかなければならないという初めての経験にとても苦労しました。

ー入社する前と、現在でイメージは変わりましたか?変わった場合はどのように変わったかなども教えてください!

「新しい酒屋」というイメージは変わっていないが、新しい酒屋の中身は常に更新されていると感じています。

ーリカー・イノベーションの強みはどこだと思いますか?また、今後の目標ややってみたいと考えていることがあれば教えてください。

新しいことに挑戦する姿勢、環境だと思います。社内でも多くの業務を経験しているので、新しい業務ができるときには今後もチャレンジしていきたいです。

ー最後に、この記事を読んでくださった方にメッセージをお願いします!

私は、酒類業界の出身ですが、社内ではもともとお酒に関係する仕事をしていた経験をしていた人は少数です。私自身、今の業務は一から経験しましたし、ほとんどの社員が一から新しい業務を経験しています。お酒が好きであれば、これまでの経験に関係なくチャレンジできる職場です。お酒を通して、世の中を良くしたい、変えたいと思っている方は大歓迎です。同じ想いを持っている方がジョインしてくれると嬉しいです。

リカー・イノベーション株式会社's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more