1
/
5
This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

「もっと知りたい」を大事に過ごしたら、あっという間に社会人2年目になった。

写真はwantedlyの募集用に写真を撮ってもらった時の一コマ。

顔を隠しているのが私で、「見て」って手をすっと出しているのが先輩のちかさん。

なんで顔を隠しているのかというと

カメラマンをしてくれた藤咲さんから「向き合って見て」っていうオーダーで

じっと目を見たら なんだか照れてしまったから。

「照れてる」と言いながら指を指すのではなく

手のひらを使うあたり人の良さがにじみ出ていますし

今見返すとめっちゃ指先揃っててさすがダンサー。


今回は私が働くLink Sportsで営業メンバーを募集しているということもあり、

インターンからの新卒入社でITベンチャーでかつスポーツ業界っていう珍しさもあるかな

と思い久々に投稿してみようと10分前に思い立ったのがきっかけです。


今回はインターン開始から入社まで。

「自分が興味を持ったことについてなんでも知りたい」

要は納得するまでの情報を得ないと気が済まない頑固ものです。


大学1年生のインターンも、そもそも大学選択も「もっと知りたい」が

根本にあって、Link Sportsでインターンを始めたのもまさに「もっと知りたかった」から。

大学1年生からインターンをしたのも

大学3年生になったらインターンをするらしいけど、

大学1年生からインターンしたら年1社でも3回、4回できるってことじゃない??

という単純な動機です。


きっかけは大学の同級生にきいたスポーツデジタルマーケティング部の竹中さんのインターン募集でした。

文章を書くのは苦手、でも苦手だからこれを職業にしている人の話が聞いてみたい

取材に同行して学びたい 取材対象者に会ってみたい

そもそも取材ってどうやってスケジュール決めてどうやって記事にしているんだろう

という「興味」しかありませんでした。


会ってくれることになったけど採用してくれるかはわからない

学連をやっていることはアピールポイントかわからない

でもやりたい。

忙しい中時間を割いてもらうからには

下調べをしないと絶対にダメだ。


そう考えた私は竹中さんが編集長を務めるメディア

「AZrena」の記事をとことん読んだ。

その中で特に自分の想いと重なったり、印象的だった記事について

メモを書いて面談に臨んだ。

なんでもない付箋に箇条書きで書いただけのメモはまだ捨てられません。


竹中さんにOKをもらって、そのあとの小泉さん(社長)と山田さんとの面談では

「ここで何が学べるかは正直100%はわかっていない。でも私にも触れていいものがあればなんでもやりたい」と伝え、

私は大学2年の秋にLink Sportsでインターンをさせてもらえることになった。

(今はメディアのインターンでは社長面談はやらないことがほとんどです。)


インターンとして過ごして

就活の時期になった時、Link Sportsでは新卒の採用枠はなさそうだなと考えていた私に

エンジニアのゆりさんが「Link Sportsはどうなの?」とさっと聞いてくださり

そこからガラッとLink Sportsへの入社の道がひらけた。


就職活動を通して内定をいただいた企業と悩んだ結果、

3年後の自分の可能性とLink Sportsの人の良さで入社を決め、

言葉通り「Link Sportsの仲間に入れてください。」と言った。

(最後の面談には役員3人ともいるというまさかの陣営

 後にも先にも3人全員揃って3対1という構図は聞いたことがない笑)


そして私はLink Sportsの営業として社会人2年目を迎える。



インターンを含めたらLink Sports歴は4年半ですが

歴が長いだけで思い出話にたくさん参加できる以外の何もなく

たくさんの人にお世話になりながらなんとかやっています。

ありがとうございます。大好きです。


何より人が好きで

その人が考えていることが知りたくて

自分の考えもある頑固者だからきちんと納得したくて

サービスに関わるメンバーもサービスの先にいるユーザー、読者のことも大事にしたい。

という欲張りものは

もっとたくさんいいメンバーに出会いたいと思っていますので

みなさんぜひ。


Link Sportsのメンバー紹介が聞きたい場合は個人的にでもお待ちしています笑

あと営業のインターンも募集しています!


広告営業・企画営業
幅広い視点でスポーツ×ITの魅力をともに広めてくれるセールス募集!
▼株式会社Link Sportsについて ビジョンは「すべての人に動くきっかけを」 スポーツをする上での必要不可欠なインフラになることを目指しています。 ▼SERVICES 現在提供しているサービスは下記の通りです。 ■「TeamHub」 “最強スポーツマネジメントツール” (連絡・出欠管理・スコア入力・成績閲覧が一括で出来るチームスポーツに必須なアプリケーション) URL:https://tmhub.jp/ ■「AZrena」 "誰もが知らないスポーツの裏側を伝えるwebメディア"を2016年5月オープン。 「スポーツの市場をより大きくするために、多様な人材がスポーツの世界に足を踏み入れるきっかけを提供したい」という思いから、スポーツ業界の裏側や働く人々、支える人々にフォーカスした読み応えのあるインタビューやコラムを配信中。 URL:https://azrena.com/ ■「B&」 2019年9月にスタートした、スポーツ女子のモチベーターメディア https://www.beautynation.jp/ スポーツを通じて、もっとたくさんの人に笑顔になってもらうことを目指して様々なサービスを生み出しています。 ▼NEWS ・2019年に大型提携を完了しました。 ・2017年11月に1億の資金調達をしました。  https://jp.techcrunch.com/2017/11/22/teahub-fundrasing/ ・2016年8月に6000万の資金調達をしました。  https://jp.techcrunch.com/2016/08/17/linksports/ ▼CEO×CTOが「TeamHub」について語るインタビュー記事 スポーツマネジメントアプリ「TeamHub」は“アスリートのLinkedIn”になれるか? https://www.wantedly.com/companies/qandasports/post_articles/115955 ---------------------------------
(株)Link Sports


スポーツコンテンツの企画編集
複数のスポーツメディアの運営・企画・執筆に携わりたい学生インターン募集!
▼株式会社Link Sportsについて ビジョンは「すべての人に動くきっかけを」 スポーツをする上での必要不可欠なインフラになることを目指しています。 ▼SERVICES 現在提供しているサービスは下記の通りです。 ■「TeamHub」 “最強スポーツマネジメントツール” (連絡・出欠管理・スコア入力・成績閲覧が一括で出来るチームスポーツに必須なアプリケーション) URL:https://tmhub.jp/ ■「AZrena」 "誰もが知らないスポーツの裏側を伝えるwebメディア"を2016年5月オープン。 「スポーツの市場をより大きくするために、多様な人材がスポーツの世界に足を踏み入れるきっかけを提供したい」という思いから、スポーツ業界の裏側や働く人々、支える人々にフォーカスした読み応えのあるインタビューやコラムを配信中。 URL:https://azrena.com/ ■「B&」 2019年9月にスタートした、スポーツ女子のモチベーターメディア https://www.beautynation.jp/ スポーツを通じて、もっとたくさんの人に笑顔になってもらうことを目指して様々なサービスを生み出しています。 ▼NEWS ・2019年に大型提携を完了しました。 ・2017年11月に1億の資金調達をしました。  https://jp.techcrunch.com/2017/11/22/teahub-fundrasing/ ・2016年8月に6000万の資金調達をしました。  https://jp.techcrunch.com/2016/08/17/linksports/ ▼CEO×CTOが「TeamHub」について語るインタビュー記事 スポーツマネジメントアプリ「TeamHub」は“アスリートのLinkedIn”になれるか? https://www.wantedly.com/companies/qandasports/post_articles/115955 ---------------------------------
(株)Link Sports


コンテンツメーカー/編集者
複数のスポーツメディアで読み応えある記事を作りたい編集者・ライター募集!
▼株式会社Link Sportsについて --------------------------------- VISION すべての人に「動くきっかけ」を MISSION ITを通じてすべての人がスポーツに触れる瞬間を作る VALUE 大きなことに挑め スポーツを楽しめ 素直であれ --------------------------------- スポーツ×ITでプロダクト/サービスを展開。アマチュアスポーツに焦点を当てたスポーツチーム専用アプリや2つの自社メディアの開発・運営を中心に、大手通信車の運営するwebサイトのスポーツコンテンツ作成や、アプリやメディアを利用したスポーツメーカーのプロモーションのお手伝いもしています。 ▼SERVICES 現在提供しているサービスは下記の通りです。 「TeamHub」“最強スポーツマネジメントツール” (連絡・出欠管理・スコア入力・成績閲覧が一括で出来るチームスポーツに必須なアプリケーション) URL:https://tmhub.jp/ 「AZrena」“誰もが知らないスポーツの裏側を伝える”webメディア 「スポーツの市場をより大きくするために、多様な人材がスポーツの世界に足を踏み入れるきっかけを提供する」という思いから2016年5月に立ち上がりました。 URL:https://azrena.com/ 「B&」2019年9月にローンチした、スポーツ女子向けのモチベーターメディア https://www.beautynation.jp/ スポーツを通じて、もっとたくさんの人に笑顔になってもらうことを目指して様々なサービスを生み出しています。 ▼NEWS ・2019年に大型提携を完了しました。 ・2017年11月に1億の資金調達をしました。  https://jp.techcrunch.com/2017/11/22/teahub-fundrasing/ ・2016年8月に6000万の資金調達をしました。  https://jp.techcrunch.com/2016/08/17/linksports/
(株)Link Sports


編集アシスタント、ライター
女性アスリートの魅力発信!スポーツ女子メディア編集アシスタント募集
▼株式会社Link Sportsについて ビジョンは「すべての人に動くきっかけを」 スポーツをする上での必要不可欠なインフラになることを目指しています。 ▼SERVICES 現在提供しているサービスは下記の通りです。 ■「TeamHub」 “最強スポーツマネジメントツール” (連絡・出欠管理・スコア入力・成績閲覧が一括で出来るチームスポーツに必須なアプリケーション) URL:https://tmhub.jp/ ■「AZrena」 "誰もが知らないスポーツの裏側を伝えるwebメディア"を2016年5月オープン。 「スポーツの市場をより大きくするために、多様な人材がスポーツの世界に足を踏み入れるきっかけを提供したい」という思いから、スポーツ業界の裏側や働く人々、支える人々にフォーカスした読み応えのあるインタビューやコラムを配信中。 URL:https://azrena.com/ ■「B&」 2019年9月にスタートした、スポーツ女子のモチベーターメディア https://www.beautynation.jp/ 女子アスリートに学ぶ自分らしい生き方をテーマにしたインタビュー記事や、体づくり、栄養、ケア、ファッションなど、スポーツ女子のための情報発信を行なっています。 スポーツを通じて、もっとたくさんの人に笑顔になってもらうことを目指して様々なサービスを生み出しています。 ▼NEWS ・2019年に大型提携を完了しました。 ・2017年11月に1億の資金調達をしました。  https://jp.techcrunch.com/2017/11/22/teahub-fundrasing/ ・2016年8月に6000万の資金調達をしました。  https://jp.techcrunch.com/2016/08/17/linksports/ ▼CEO×CTOが「TeamHub」について語るインタビュー記事 スポーツマネジメントアプリ「TeamHub」は“アスリートのLinkedIn”になれるか? https://www.wantedly.com/companies/qandasports/post_articles/115955 ---------------------------------
(株)Link Sports
(株)Link Sports's job postings
5 Likes
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more