1
/
5

最高技術責任者石川に聞く、リンクエッジで働く理由。

今回はリンクエッジの最高技術責任者である石川さんにお話を聞いてきました!

トップエンジニアの石川さんが、どんな経歴で、どんなビジョンを持っているのか、インタビューを通して丸裸にしていきたいと思います!


ーまずは、石川さんの学生時代について教えてください。

専門学校と大学にダブルスクールという形で通っていまして、専門学校の方でより実務に近いシステム開発の基礎を勉強し、大学の授業では通信教育という形で経営学やコンピュータサイエンスの分野などの授業を受けていました。

基本的には専門学校で技術系の分野、大学では一般教養や経営学の分野を学んでいました。


ー忙しい日々を送っていたのですね。いつ頃からエンジニアになりたいと思ったのですか?

高校時代は電子工学の分野を勉強しており、電子工作やプログラミングをやっていました。

半田付けのような細かい作業は苦手でしたが、プログラミングは楽しかったので、そこを続けられたらいいなと思って専門学校に通い始めました。


ーリンクエッジへ転職する決め手になったことを教えてください。

リンクエッジの求人を見た時に設立して間もないというタイミングで、エンジニアチームの立ち上げメンバーとして経験を積めるということが魅力に感じたのが一つです。

もう一つは、エンジニアチームを立ち上げながら、元々外注でやっていた既存のサービスを同時進行で内製化していくという2つの作業を行う経験はここでしかできないと思ったので、リンクエッジに決めました。


ー石川さんの今の仕事内容を教えてください。

自分で手を動かして開発したり、チームのメンバーをマネジメントしたりしています。

大きく2つのプロジェクトを掛け持ちしていて、一つは既存のLink-Aを移行していくこと、もう一つはASPのシステムをパッケージとして外販する新規事業です。

加えて、自分がメインとなり自社サービスのインフラ周りを業務委託メンバーの方と一緒に構築、管理などを行っています。


ー新規事業は具体的にどんなことをやっているのですか?

アフィリエイトASPシステムを他社向けにOEM販売するためのサービスの開発を新規で行っています。

広告代理店企業などのASP事業の立ち上げであったり、複数ASPの計測データの一元管理などのサポートをするために必要なシステムを、パッケージとして弊社が提供を行います。

現在はそのシステムを新規で開発を行っています。


ーリンクエッジでどんなスキルを得ましたか?

技術周りは、新卒の時はRuby on Railsをメインで開発をやっていましたが、そこを引き続き向上させていくのに加えて、Go言語の技術に触る機会もあり、新しい自分のスキルとして習得できました。

エンジニア以外の分野では、広告関連の技術知識、業界知識なども吸収でき、広告の配信、計測がどのような仕組みで行われているのかというところをイメージできるようになりました。

それ以外にも採用であったり、マネジメントであったりと組織運営に関わる知識やスキルについても吸収することができました。


ーエンジニアでありながら、広告業界の知識を得られるのは貴重な経験ですね。実際に得た知識を活かせた経験はありますか?

システム開発の面では、広告に関する知識を設計に活かして効果的な開発を行えました。他社とのシステム連携の設定などの経験を通じて、もっとこういう仕様にしたら自社も他社も使いやすくなるんじゃないかといったことから、機能がUPDATEされたりなどがありますね。


ーリンクエッジで働いていて、どんな人と出会いましたか?

多種多様なバックグラウンドの人に会えましたね。

営業チームだと大手の商社出身の方もいたり、広告業界でずっと働いていて広告周りの知識がずば抜けている方や、エンジニアだとスクール卒で実務未経験で入ってくる方がいたり、協業で開発を行ったLink-Aの移行のプロジェクトでは経験豊富なベテランのエンジニアと一緒に仕事をする機会があったり。

エンジニアに限らず、いろんな方と出会うことができたなと思います。

いろんなバックグラウンドがあるからこそいろんな考え方に触れる機会があり、勉強になります。


ー様々な人と出会って考え方は変わりましたか?

「とりあえずやってみよう」と考えるようになりました。

エンジニアはリスクを排除する考え方になりがちですが、そうではなく、とりあえずやってみて、やってからこういうことがあったよね、それならこう改善していこう、という風に。

やってみないと反省もできないので、やってみることの大事さを実感し、前向きになったと感じています。

会社としてもいろんなことに手を伸ばしてチャレンジしてみようという考え方は大事にしていて、自分としてもリンクエッジに身を置いてから考え方は変わったかなと思います。


ー現在石川さんは最高技術責任者をされていますが、どんな経緯で今のポジションに至ったのですか?

一時期エンジニアが自分一人になった時、諦めずにいろんなことにチャレンジしつつ、地道に努力しながらやっていったことが評価されたと自分としては思っています。

採用活動に関わったり、技術周りやそれ以外でも他部署と連携しながらチャレンジし続けたことが実ったのかなと。


ー石川さんが仕事をする上で大切にしていることを教えてください。

エンジニア職はどうしても技術周りの難しい話が多くなってしまうんですが、そこを噛み砕いて各メンバーへ説明すること、自分以外の方の目線に立って何も知らない人に伝えることを意識し、言葉選びなどを意識しています。

自分の意図をしっかり相手に伝えることがとても重要で、間違って伝わっていると成果物も変わってきてしまうのでそこはとても重要視しています。

いかに相手に伝えながら、具体的なイメージを持ってもらえるかという論理的思考力が重要だと感じています。


ーこれからの目標を教えてください。

技術周りを引き続きスキルアップしながら、自分の立ち回りの幅を広げていきたいと思っています。

採用活動に参加したり、広告周りの知識を付け、他部署の方と一緒にミーティングしたり、アフェリエイター、広告主に対してエンジニアとして技術課題の解決ができるようになれたらいいなと。

技術周りだけでなく、他のいろんなところにも目を向けてチャレンジしていけたらいいなと思います。

株式会社リンクエッジ's job postings

Weekly ranking

Show other rankings