1
/
5

自社開発エンジニア。そこに隠された魅力を、包み隠さずお伝えします。

前回は石川さんの経歴についてお伝えしましたが、今回は実際にリンクエッジで働くエンジニアの魅力について焦点を当てて、お話を伺いました。

リンクエッジで働くエンジニアにはどんな魅力があるのか、皆さんにお伝えしていきたいと思います!


ーリンクエッジのエンジニアとしての魅力を教えてください。

少数精鋭でやっているからこそいろんな分野にチャレンジでき、スキルアップできる環境が整っているところですね。

他の会社では分業で分野ごとに分かれていることもあるかと思いますが、弊社はプロダクト単位でチームが分かれており、プロダクトの中で扱っている技術を全体的に身につけることができます。

Webアプリケーションの開発に必要な一通りのスキルや知識を抑えられるのは大きな魅力だと感じています。


ー少数精鋭だからこその魅力なのですね。

そうですね。一人あたりで規模の大きい機能を作ったりするので、リリースされて実際に多くの人に使ってもらっていることも実感しやすいと思います。


ーリンクエッジで働いていてよかったなと思うのはいつですか?

会社としてスピード感が早いなと感じる時ですね。

意見が上がってその翌週にはもう動いていたりするので、スピード感が早いからこそいろんなことにチャレンジする機会も多くて、そこから得られるものも多いのかなと思います。


ーエンジニアの意見も積極的に反映されるのですか?

はい。エンジニアに限らず、いろんなポジションの人が自分の意見を出して会社としていろんな議論をしながらそれを採用していくという仕組みがあるので、意見のしやすさはあるかなと思います。


ーどんなスキルを得ることができますか?

技術周りで言うと主にRuby on RailsとGo言語の能力を身につけることができます。

Ruby on Railsはユーザーが実際に使う管理画面を扱っていて、Go言語では広告を誰がクリックしたかなどの裏側の計測のシステムを扱っています。

技術以外のところでは、広告周りの知識が必要となってくるので、裏側で広告計測をするときにどういう仕組みで動いているのかといった、広告配信の仕組みもスキルとして得ることができます。

また、メンバーの適性、希望次第ではありますが、採用活動に関わったり、他部署と連携しながら開発以外のスキルも得ることができるかなと思います。


ーやりがいを感じるときはいつですか?

1つは自分が作ったメインの機能がいろんな人に使われているのが直に感じやすい環境なので、自分が開発した機能がいろんな人に触ってもらえているのを実感できたときですね。

広告配信周りの事業では、トラフィックが大きくてパフォーマンスを考えながら設計したりするんですけど、大きなトラフィックに対してどう対応していくか、難しい課題に対してどう対応していくか、という困難に立ち向かっていくのもやりがいの1つです。

広告業界は短期間にいろんな変化が起こるのでスピーディーにどう対応していくのか、

どんな機能を作っていくのかを試行錯誤するのはとても楽しいです。


ーズバリ、売上62億円を出す秘訣を教えてください!

少数精鋭だからより重要な仕事を誰がやっていくか、どこに誰をアサインするのかというのを意識しています。

事業の重要度を考慮しながらどの部分を社員としてどう対応するのかを意識できているのが1つですね。

あとはスピード感速く、先に先にアクションすることで様々なことにチャレンジしつつ、いろんな変化を生み出し続けられていることがこの結果になっているのかなと思います。


ー最後に、新しく入ってくる人へのメッセージをお願いします!

私は中途で入りましたが、会社として、実務未経験で入ってくる人や業務委託でベテランの方など、エンジニアの中でもいろんな経歴の人がいるので、すぐに打ち解けることができると思います。実際入社して体感して、こう言う働き方もあるんだ、こういう方もいるんだ、といろいろ参考にできる部分を吸収しながら、私たちと共に働いてくれる人をお待ちしています!

株式会社リンクエッジ's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings