1
/
5
This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

リブリー月報(2019年11月・12月)

こんにちは!スマートに学べる問題集「Libry(リブリー)」の広報 青山です。

早いもので、あっという間に年末になってしまいました。今回のリブリー月報は、11月分と12月分をまとめてお届けしたいと思います!

トピックス

11月・12月も、大きなトピックスがたくさんありました!

① 東京書籍株式会社との協業合意を発表!

小・中・高等学校の教科書発行部数で業界首位の東京書籍株式会社との協業合意を発表しました!2020年春に高校数学の参考書『NEW ACTION LEGEND』シリーズ(数学I+A,II+B,III)と『改訂版ニューアクションβ』シリーズ(数学I+A,II+B,III)のリブリー版を提供開始します。

高校の理系科目の教科書を出版している会社は全国に5社しかないのですが、リブリーはそのうち3社と提携している状態になりました!提携出版社数も全部で7社となり、現在5科目120冊以上の書籍をリブリーでご利用いただけます。


② 営業チームに新しいメンバーがジョイン!

埼玉県の公立中学校で8年間社会科教員として教育現場に立っていたという経験を持つ強力なメンバーが営業チームにジョインしました!詳細プロフィールは、コーポレートサイトをぜひご覧ください!


③ 先生用管理ツール「Libry for Teacher」に新機能追加!

リブリーでの学習状況の確認や宿題の配信・回収・集計が簡単に行える、先生用管理ツール「Libry for Teacher」に、宿題の正誤結果やs-p表をExcel出力できる機能が追加されました。

この機能は先生方のご要望をもとに開発されたもので、学期末に課題提出点の計算をする際など、すでに多くの先生方にご活用いただいています!


④ メディア掲載が増えました!

10月11月と大きなニュースが続いたので、メディア掲載も増えました!教育ICTリサーチブログでは、約1年ぶりにインタビューいただき、現状のサービスのことはもちろん、今後の展開についてなど、全5回で詳しく紹介いただきました。


また、10月に移転した新オフィスについて、オフィス系メディアのみんなのオフィスに、移転の経緯やオフィス空間に込めた想いを豊富な写真とあわせてご紹介いただきました!普段の取材は代表が対応することが多いのですが、今回はオフィス移転をメインで推進したデザイナーの永石もいっしょに対応してくれました。


さらに、11月には渋谷クロスFMのビジネスプログラム「日出づる国のサムライたち」に代表の後藤が出演しました!生放送は初めてでしたが、MCの平田さんのおかげでリラックスして話すことができました。起業のきっかけやサービスに込めた想いなどをお話ししているので、ぜひご視聴ください!


⑤ Libryグッズも増えました!

最後になりましたが、11月・12月は社員用のLibryグッズが増えました!

7Values浸透のためのLibryパーカー、なんでもLibryグッズになるLibryアイロンワッペン、そして、社章!パーカーは、社内公募でデザイン案を集め、最終的にいちばんシンプルな案に落ち着きました。「これらのグッズを身につけて一緒に働きたい!」という方はぜひ以下の募集をご覧くださいませ!

この記事のヘッダー画像にある「圧倒的感謝」は、リブリーの2019年の流行語大賞です。2019年は、社名変更・サービス名変更に始まり、リブリーのスマホ版リリース、対応科目の拡張(生物追加!)、複数の教科書会社との提携、オフィス移転など、本当に多くのニュースがありました。これもひとえに、皆様のお力添えのおかげと、深く感謝しております。2020年も感謝の気持ちを忘れずに、子どもたちがさらに学びやすい環境を創れるよう、もっと多くのアクションを起こしてまいります!引き続き、どうぞよろしくお願いいたします!

株式会社Libry's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more