This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

一人で悩むのやーめた。ランサーズのムードメーカー、松橋さんのストーリー

〈プロフィール〉

松橋 岳(まつはし がく)

長野県出身。学生時代にインターンとしてランサーズへ入社。ランサーズエージェント部(現LBS事業部)およびマーケティング部にてディレクションサポートを行う。大学卒業後、日本在住の外国人紹介・派遣を行うベンチャー企業へ入社。主に法人営業を担当。2017年よりランサーズにジョインし、ディレクターとして従事。


両親の突然の解雇

私が大学生3年生の時に、両親ともに勤務していた会社が業務縮小をすることになり、それに伴い突然会社を解雇されてしまいました。その会社は、大手エレクトロニクス企業の製造工場で、地元でも優良な企業として認知されていたこともあり、突然の出来事に驚きを隠せなかったです。

両親は新しい仕事を探したのですが、長野の田舎だと就職できる職種自体も限られていて。やりたい仕事が見つからず転職活動に非常に苦労しておりました。その頃は、家族内の雰囲気も険悪で、実家に帰省すると、ピリピリした雰囲気が漂ってました。

その後、両親は就職はできたものの、これまでのスキルが生きる業務ではない別業界へ転職しました。生きていくために働かないといけないと言いつつも、どこかもどかしさを感じているようでした。そのような両親の姿を見ていたのがきっかけで、〈地方での働き〉に課題感を持ち、「場所に関わらず、やりたいことが実現できる世界を作りたい」「生きるための仕事ではなく、自己実現のために仕事を楽しむ世の中を作りたい」と思うようになりました。

そこから、働き方に関する本を読むようになり、ちきりんさんの『未来の働き方を考えよう』という本に出会いました。組織に所属して働くのではなく、個人として働くこと、クラウドソーシングという業界や、ランサーズという会社を知り、自分の実現したいと思える世の中を作るのはこれだと思い、ランサーズへ応募をしました。


足りない。追いつかない。応えることができない。葛藤の日々

私の仕事は、クライアント企業様(以下、クライアント)から依頼をいただいたプロジェクトを、フリーランスの方と一緒に推進することです。支援の形は決まったものではなく、クライアントのニーズによって支援の形が変わります。

クラウドソーシングというビジネスモデルだからこそ幅広いニーズに応えられるというメリットがある分、多様なプロジェクトに対する多様な企画や進行のディレクションが求められます。柔軟な思考力と行動力がないとプロジェクトを成功させることは難しく、入社から半年くらいまでプロジェクト推進のスキルが中々追いつきませんでした。

クライアントのニーズを答えきれないことも多々あり、ご支援を全力でやりたいと気持ちがあるものの、スキル不足で何もできない葛藤で、自信が全くありませんでした。


一人で悩むのやーめた。そうしたら見えたチームの安心感。

自分一人で悩むことを辞め、悩み具体的に口に出すことでチームのメンバーや上長に発信するようにしました。口に出すことで、周りも察してくれるようになり、手を差し伸べてくれ、そして何よりも、状況や課題を自分の中で整理できるようになりました。

また、全員でやっているという安心感が出てきて、その頃からプロジェクトの向き合い方が、受動的から能動的になってきたように感じています。それもきっかけとなり、ありがたいことに大きなお仕事を受ける機会をいただくことができました。まだまだ苦手なこと、課題は沢山ありますが、メンバーをどのように巻き込んでいくのかが私の中で重要なテーマだと感じています。

これから先も、雇用機会が少ない方へランサーズを通して、働ける機会を提供し続けていきたいです。そのためには、依頼するの業務の幅や量が増えていく必要があると考えます。まだまだ、個人の方に依頼することに抵抗があるクライアントも多く課題も多いですが、私が介在することで、クライアントのオンラインでの依頼を当たり前にしていきたいです。

その中で、両親への親孝行の意味も込めて、いつか両親がランサーズを通して稼げる機会を提供できたらいいなと思います。

ランサーズ株式会社's job postings
20 Likes
20 Likes

Weekly ranking

Show other rankings