1
/
5
This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

《インターン生インタビューVol.3》横浜出身/立命館大学在学/能力開拓の為に!

《インターン生 インタビューVol.3》

【所属学生インターン生 プロフィールVol.3】

名前:青木智哉(通称:マイケル、あおとも)

大学学部 / 学年:立命館大学産業社会学部 / 2回生

出身:神奈川県横浜市

趣味 / 特技:ランニング / 長距離

長所 / 短所:積極的 / 面白くなくなったら飽きやすい

好きな言葉:まずは形から!

今まで一番の思い出:修学旅行で2時間交代制の部屋!笑

将来の夢:実家より大きな家を現金一括購入!

【目次】

①生い立ちについて

②何故、立命館大学産業社会学部を選んだのか

③営業インターンに参加しようと思った経緯

④今後のビジョン

①生い立ちについて

横浜で生まれ高校まで横浜に暮らしていました。中高と陸上一筋で過ごしまして、高校2年生の時に神奈川予選を突破し関東大会に出場、全国大会を狙いましたが関東大会は突破することは出来ませんでした。

高校3年生の時は大会直前に怪我をしてしまい神奈川県予選も突破することができず、とても悔しい思いをしました。今年の箱根駅伝には陸上友達も多く出ているので皆さん一緒に観ましょう!!^^

また、高校がパリピな校風だったので日々の学校や行事、卒業式後のミラーボールデビューなど、本当に毎日が楽しかったです!

特に野球部の友達がグランドの水飲み場で、、、すみません!これ以上はここには書けないです。笑

昔から『リッチマン、プアウーマン』が大好きで主演を演じていた小栗旬のような生活をしたい!と思っていました!!

②何故、立命館大学産業社会学部を選んだのか

狙っていたところを落ちたからです!笑

最初は早慶、MARCHを考えていたのですが大学受験を失敗、浪人して望んだ2回目の受験も失敗し、後期で受けたいくつかの大学が受かり、どれにしようか、、「この中なら立命かな」というのが選んだ理由です。

関東から関西へ進学先が大きく変わりましたが、実際に来てみると大学生活はまあまあ楽しいですし、バイト仲間にも恵まれて楽しい毎日を送れています!ただ、一人暮らしをする中で「洗濯」がこんなに面倒だと思っておらず家に帰るのは日々憂鬱です。笑

③インターンに参加しようと思った経緯

将来企業に属して、自分の能力を発揮できる場で働きたいと思ってしましたが、今の自分に何が出来るのか、むしろ何も出来ないのではないか、と思い、まずは営業力を鍛えよう!と思い応募をしました。

まだ就職先も深くは考えられていませんが、祖父や親もSONYの家系なので、 自分もそうなれたらいいな、というのは小さい頃から思っていました。

実際にインターンの面接をした際に営業について教えてもらい、ここのインターンだったら色々な経験ができると思い参加を決意しました!

④今後のビジョン

『リッチマン、プアウーマン』のような生活を送りたいです!

ガチガチの規則ばかりの職場ではなく、オンとオフが別れていて、バリバリ仕事をこなしていきたいです。あと、一生歳を取りたくないです。笑

まだまだ営業をやり始めたばかりなので、まずは社会人としての基礎を固めて、どんな人とも円滑にコミュニケーションが取れるような能力を営業活動を通じて養っていきます!

立命館大学産業社会学部2回生 青木智哉

株式会社ランプ's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more