1
/
5

変化の激しい環境だからこそ、立ち止まって確認した「会社への想い」。ラフールのバレンタインイベントとは

採用広報を担当しているマーケティング部の宮内大輔です!

ラフールは2020年2月14日(金)に、社内イベントの「TGIF※」を開催しました!

「TGIF」はラフールの創業当時から形を変え、残り続けている独自の社内イベントです。

●TGIFとは
英語の「Thank God, It's Friday.」という句の頭字語をとった略語。仕事が終わる金曜日に週末を祝う目的で用いられています。ラフールで3カ月に1度行い、様々な社内イベントを開催(任意参加)。


始まりは、2011年の創業時にお祝いの企画が好きな社長が仲間の誕生日をお祝いしたいという想いで行っていた「誕生日会」や「入社祝い」。

その後、会社規模が拡大してからは、月末最終金曜日にコミュニケーションをとりながら仲間のことをより深く知り、お互いに称え合い励まし合う会として「TGIF」に名前を変えました。

今期に入ってからはより意味のある会に、という目的で3ヶ月に1度の開催となり、会社の成長とともに試行錯誤しながら、TGIF自体もより良いものへと変化してきました。


コンセプト:『ラフール』への想いを伝える。

そんな今回のTGIFのコンセプトは、『ラフール』への想いを伝えて形にする。

今回のTGIFは、本間(マーケティング部オンラインセールス)と宮内(マーケティング部インサイドセールス兼採用広報)の20代若手2名で幹事を務め、この時間で何ができるのかを試行錯誤し、バレンタインデーにちなんだコンテンツを企画し、実施しました。

●バレンタインデーとは
男女で過ごすイメージが強いバレンタインデーですが、元々の起源としては、女性から男性にチョコレートを贈るための日ではなく、男女関係なく家族や友人・恋人にプレゼントを贈り、愛や感謝を伝える日である。

という部分から着想。

全社ミッションである『メンタルヘルスSaaSで名乗りを上げる』に向けて全員で走っている状況の中、普段あまり立ち止まって考えることのない「自分自身が働いている会社」に対しての『愛』『感謝』を伝えるべきだと思い、企画をしました。


当日は、恵比寿の温かい雰囲気の会場で料理に舌鼓を打ちながら、こちらのコンテンツを実施!

ご存知の方もいるかもしれませんが、元々のルールとしては、相手の好きなところを様々な人に考えてもらい100個集めるというもの。TGIFでは「ラフールの好きなところ」を100個集めるという内容に踏襲し、更に下記4ステップに分けてコンテンツを実施しました。

step1【考えて言葉にする】
ラフールの「どんなところが好きなのか」「どんなところに感謝しているのか」を1人2つ考えてカードに書く

step2【自分の想いを伝える】
当日のグループ内で1人ずつ書いたこと、その理由や物語を共有

step3【仲間に共有する】
グループ内で「一番仲間に共有したい!」と思うものを1つ決めて、全員に共有する

step4【形にする】
最後に皆が書いたカードを自分でアルバムに貼り、形に残す

(※社員が50人なので1人2個書くとちょうど100個でした!)

立ち止まって気付いた『会社』『仲間』に対する愛。

ラフールらしい温かさと笑い声に溢れた雰囲気の中、

コンテンツが始まってみると、最初は「どんなところが一番好きなのか」を選ぶことに悩みつつ、ステップ3の全員に共有する場面では、それぞれの想いの籠った「好きなところ」を共有しました。

その一部をご紹介します!


・「未完成なので自分たちで新しいものを作っていけるところ」
ラフールはまだ整っていない段階だからこそ、みんなで考えて、言い合って、ぶつかりながらも、より良いプロダクトや組織を作っていくことができる。上下関係も部署間も関係なく、良いものを作るために、思ったことを素直に発言できる関係性、環境が好き。

・「本当の人間関係を教えてくれるところ」
成績が出ずに精神的に苦しく追い込まれていた時に「俺が面倒見る」と手を差し伸べてくれた先輩がいた。今までの会社だとある程度の距離感を保っていれば人間関係をやり過ごしていけると感じていたが、ラフールに入って、大きな感情の起伏や、人に心から感謝する経験が多く、素敵な会社だなと感じた。

・「会いたいと思える仲間がいるところ」
過去にラフールから社外へ出向している時に、仲間の大切さを強く感じた。皆と離れている時や自分が苦しいときこそ大切な仲間がいるという報酬を感じることができる。そんな仲間がいる環境が大好き。

・「お互いのことを称えあう文化があるところ」
お互いのことを「よ!」と称えあう文化が好き。自分のことだけではなく、それぞれが周りのことも常に意識して、この行動をとれるラフールに入社して良かった。

本当に変化の激しい環境下だからこそ、立ち止まって「自分自身が働いている場所」への感謝を考えて伝えることは意義があり、

・未完成の中で、常に会社全体でチャレンジしている環境だということ(プロジェクトや部署の立ち上げ、プロダクトのリニューアル等)

・良い時だけではなく、悪い時や辛い時に支えてくれるような素敵な仲間がいること

こんなことを改めて感じられる素敵な時間になりました。


幹事としても、若手でありながら全社の大切なイベントの企画にチャレンジできるところ。

当日温かく企画を受け入れ、大いに盛り上がってくれるところ。

そして必ず『感謝』と『称賛』をしてくれるところ。

改めてこの会社の『好きなところ(愛)』を認識できた、バレンタインデーの夜でした。


▼当日の様子



こんな素敵な仲間と『たった一度の人生をかけた旅』に出ませんか?

絶賛!素敵な仲間を採用中です!!

今期ミッション『メンタルヘルスSaaSで名乗りを上げる』

このミッションを必達するべく、素敵な仲間と全社一丸となりながら前進中です!

株式会社ラフール's job postings
6 Likes
6 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more