1
/
5

【社員インタビュー♯31】ツマらないは、キラいです!

LIFE STYLEは、拡大するSaaS領域の新規事業立ち上げをマーケティング・セールスの側面から支援し、これからの日本の未来を描くことを事業としています。

そんな「LIFE STYLE」で働くメンバーのリアルな声をお届けするべく、私、人事推進室の吉岡がインタビューして参りたいと思います!

今回は第33弾、パートナーとベンダーを繋ぐ架け橋となり、新規顧客から既存顧客の対応まで幅広く担当されている【のぶさん】をご紹介します!

お名前と、前職のお仕事内容を教えてください

齋藤 之英(さいとう のぶひで)です。

鉄鋼商社傘下の特約店で、ルート営業を担当していました。

インフラ関係で月に10件程の工事物件があり、月間120~160件の注文・加工・運送手配を行うのですが、関係会社との調整も多く、営業とはいえ書類に追われることが多い仕事でした。
また、受発注金額が高額になる為、数字のチェックは念入りに行う必要があり、制作や運送等の納期にもかなり配慮していました。

LIFE STYLEにジョインした理由を教えてください

「挑戦者を生み出し、挑戦するものとともに」というVisionに共感したこと、
それから、前職や今までのキャリアは関係なく、多様性を受け入れ「ONE TEAMで取り組む」というLIFE STYLEの文化にとても魅力を感じ、2022年1月にジョインしました。

現在は、どんなお仕事をされていますか?

パートナー支援事業のインサイドセールスとカスタマーサクセスを担当しています。

「何を目的に問い合わせをいただけたのか」「課題はどういったことなのか」「サービスのどこに価値を感じていただけているのか」等、顧客の本音を引き出すことを意識しています。

前職は、事務的な仕事が多く、顧客と密にコミュニケーションを取ることが少なかったのですが、LIFE STYLEでは顧客と直接関わる頻度も多く、より深い内容のやり取りをすることが多いので、とても新鮮で働きがいがあります!

仕事をする中で課題を感じることはありますか?

「スケッターズ FOR PARTNERS」というサービスを急拡大させている段階で、業務量も多くマルチタスクや処理スピードが求められる為、業務の効率化や運用フローの構築に、日々試行錯誤しています。

また、中小企業の代表や、サービス/事業の責任者が顧客であることも多い為、説得力と信頼感を生むような話し方・接し方を身につける必要性を感じています。

仕事で、大切にしているスタンスは何ですか?

「まずはやってみる、継続する」ことです。

ツマらないという感情が嫌いなので、すぐに投げ出さず、まずは行動し、自分のやるべきことに愚直に取り組んでいます。
また、インサイドセールス・カスタマーサクセスとして、事業の拡大と顧客満足度の最大化に努めることを常に意識しています。

休日の過ごし方は?

シェアハウスに住んでいるので、住人仲間とほぼ毎日夕食を一緒に食べています。とっても楽しいです!!
シェアハウスを転々としているので、興味があればいつでも声をかけてください!(笑)

LIFE STYLEの好きなところを一つあげると・・・

「事業を通して、日本をデザインする」というMissionに共感しました!
地方活性化に興味があり、将来は地元の群馬県で事業を興し、雇用を作りたいと考えています。

今後の展望を教えてください

上記と重複しますが、地方にも根付かせることができるサービス・事業を立ち上げ、雇用促進と地方活性化を促すことです!

以前、「青少年育成プロジェクト」でボランティアに携わった経験から、コミュニティづくりや地方活性化に興味がある為、ビジネスとして面白いと思ってもらえる企画・運営を実現できる人間になりたいと考えています!

のぶさん!ありがとうございました!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

もっとLIFE STYLEのことについて知りたい!という方、興味を持ってくださいました方は、
各種ページより、ご応募ください!

心より、お待ちしております!!!


LIFE STYLE株式会社's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more