1
/
5
This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

働くことを通して幸せ連鎖を創りたい【入社エントリーvol.14】

KMWでは、
「人とテクノロジーによって 店舗サービスの革新を導き 人々のこころが満たされる社会を実現する」
というミッションを掲げ、ミッションに共鳴する仲間を毎月の様に迎え入れています。

入社エントリーでは、
 どの様にこれまでの人生を歩み
 どの様にしてKMWに出逢ったのか
 そしてKMWで何を実現していこうとしているのか
 等を1人1人様々な形式でご紹介していきます。

入社者プロフィール

黒沢 翠 -Kurosawa Midori-

2013年、日本獣医生命科学大学を卒業し株式会社マイナビに新卒入社。ウェディング事業の立ち上げを経験し、法人営業として新規開拓/既存営業に従事。その後、九州支社立ち上げや大手企業を担当する総合企画にてディレクター・商品企画など様々な職種を経験。2021年KMWのカスタマーサクセスとして入社。

ーKMWで達成したいこと(What)

「働くことを通して幸せ連鎖を創りたい」これに尽きます!

前職のウエディングメディアの仕事をしている時にコロナを機に結婚式自体が開催できない状況になり、”非日常の結婚式よりも日常で幸せを感じる重要性”を強く感じました。さらに深堀りをする中で時間について考えるようになり人生の時間において#家族と過ごす時間 よりも多いであろう #働く時間を使って如何に幸せを創るのかが大事だろうと。

会社は個人の#働く時間 が集結して商品やサービスを提供する。個人が #働く時間 を使って幸せに還元できたらもっとよい会社(サービスや商品)ができるんではないか。#働く時間 でポイントが貯まるイメージです..!

そのポイントは
#スキルポイント#家族の笑顔ポイント#買い物ポイント#コミニュケーションポイント etc..

なんでもありです(笑)
そういった幸せ連鎖を#働く時間で創りたいと思ってます。私自身、働くことが好きですし、仕事で出会った人や頂いた言葉を通して日々成長させてもらってます。

#人間力ポイントです(笑)

もっと多くの人に働く楽しさとか・喜びみたいなものを伝えられたらな〜と思ってます!

ーKMWで働く理由(Why)

”圧倒的な思想共感”でした!

単なるDXツールでなく最終的にサービス業へ従事するスタッフへの新たな価値観を作っていきたいと染谷さんからお伺いした時、まさに私がこの状況下で感じていた部分と妙にマッチしました。

※染谷さんに惚れ込んでしまったというもも大きいですが(笑)

お会いする社員の方も人格者ばかりでここで一緒に働くイメージがすっと湧いてきたことで決定づけましたね。現状まだ入社して1週間ですが、無駄な議論がほとんどありません。本当に1人1人がいいサービスにしたいと心から思っているからこそクリティカルな議論ができているんだと思います。

当たり前ですが、他力本願ではなく自分事化して仕事をしていているメンバーしかいないです。

いち早く貢献できるように頑張ります!!

ー経歴・経験(How)

私の人生においてもっとも影響を与えているのは父の言葉ですね。

バドミントンを幼い頃からやっていましたが高校では部活よりも勉学を優先し選択しました。その結果、やはり部活のレベルに満足が行かず環境のせいにして「転校をしたい」と懇願しました。

その時父は「目の前に置かれた状況でパフォーマンスを発揮できない人にそれより良い環境に行っても活躍できると思わない」と私に言ったんです。今までどんなことも許容してくれていたので正直驚きました。

悔しさ・情けなさで感情が溢れ出しましたが、今できることをやるしかないと現状の高校の練習メニューを組み直したり、週の半分を他の高校の練習に参加させて頂いたり..(※これはある意味承諾頂けたのは奇跡ですが。(笑))

最終的には自分の決断を正解にするのは自分自身なんだなあと実感できました。

結果これが人生の軸になっているように思います!
やりたい世界観・成し遂げたいことを設定したらあとはその軸をぶらさず何ができるかだけを考える当たり前ですがブレそうになるとあの時の父の顔を思い出します(笑)

ーKMWでのこれから(How)

KMWではカスタマーサクセスのアカウントとして各企業様の課題を元に『はたLuck』を活用いただくことによる課題解決手法をご提案致します。

やりたい世界観の実現のためにはまずは手前から解決していかなければと思っております。

最終的にはやはり『はたLuck』を通してサービス業で働く人々へ幸せの連鎖を提供していきたいです!

様々なプロフェッショナルが集まるサービス業。眉をひそめないで聞いていただきたいのですが、あえて職人と呼ばせていただきますが、職人は職人であるべきだと思ってます。サービス業には職人が職人であるための課題がたくさんあるように思います。

これを解決すべく目の前の環境から目をそらさず頑張ります!

ナレッジ・マーチャントワークス株式会社's job postings
13 Likes
13 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more