This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

事業スピードをあげる為にKMWが利用している"何か"とは

こんにちは、採用担当Sです。
KMWでヘビーユーズをしているツールがあるのですが、ツールを提供している企業の方に聞くと実にKMWらしい利用の仕方らしく(知らなかった!!!)、

『同ツールの利用方法をお伝えする事で、結果的にこれをみてもらった方々はKMWの理解に繋がるのでは?』

と感じた為、筆をとりました。

詳細に関しては、先日代表の染谷が同ツールを提供している企業様からインタビューを受けたのでそちらの記事を確認いただければと思いますが、

社外の知見は経験のトレース、未来を予測することで事業スピードも上がるhttps://note.spready.jp/n/n5076ff4ba871

ここの記事では、上記に書いた通り、
ツールの①導入背景 ②利用方法 ③記事の大事(とSが思っている)な部分の抜粋
をお伝えできればと思います。

最初に、ここであげている"ツール"とは写真にあります通りSpeady(スプレディ)です。知らない方もいると思うので、簡単にご説明。

困ってるんだけど、
誰かいい人いないかな?

こんなセリフを聞いたり聞かれたり、

誰しも一度は経験したことがあるはず。

自分自身は力になれなくても、
知り合いをつなぐだけで
誰かの力になれるはず。

Spready(スプレディー)は
“人のつながり”で困っている人を
助けることができるサービスです。
(Spready HP[https://spready.jp/]より)

①導入背景

ここだけの話ですが、元々は転職潜在層の採用を主目的として利用できればと思っていました。

・実際に事業の目標になるような企業で経験を積まれているような優秀人材に対し、採用とは異なる文脈からアプローチをし接点を設けることが出来そうな点
・ご縁があれば実際にプロジェクトベースで仕事を一緒にさせていただく中で、その方にKMWで就業する未来を感じてもらうような、息の長いアプローチが出来そうな点

上記2点から、転職顕在層ではなくスプレッダー(KMWが要望する人材を紹介をしてくれる方)経由で転職潜在層にアプローチができそうと感じ、導入を決意しました。

②利用方法

利用目的は、実際にお会いした1人目の方からすぐに変更になります。
「いろんな方から事業・サービスについてアドバイスをもらう事で、社内に知見が溜まっていきそうだ」
「そもそも事業成長のために採用をするのだから、採用という形に執着しないでも事業成長ができるのであれば、違う形で利用してもいいのではないか」

そんなところから、
『社内に保有していない知見/経験を社外からトレースする』を目的と定義しなおし、事業創造・業務整理・人脈形成ができるようなアプローチを現在はおこなっています。

【具体例】
● RPG系ゲームプランナー ●
KMWは自社サービス「はたLuck®️」の名前通り、" 働くことを楽しく、仕事をゲームの様に "の様な世界観を創り上げていきたいと思っています。そこに向け、はたLuck®️にゲーム要素を取り入れて利用促進を図っていきたいと思っています。
そんな背景から、実際にRPG系ゲームを作っているプランナーの方にお話を聞き、どの様な仕組み・仕掛けでサービスを作っていくと良いのかアドバイスをもらっています。

上記例の様に、今後KMWが実現していきたい世界観を最短・最速で創り上げていくための知見/経験をSpreadyを通じ、集めています。

③記事の大事な部分の抜粋

ー今年の4月からSpreadyを導入していますが、どういう時に案件募集しようと思うのですか?
悩んでいたり、決断しづらい時ですね。Spreadyを使って話を聞くとスッキリするんです。この半年で、13人の方とお会いしてますが、格段に事業スピードが上がっています。弊社の事業責任者も同席して私
と一緒に話させていただくので、その場で事業の方向性が決まるんです。

KMWではWORK STYLE(仲間との協働を促進するスタイル)の中で、「仕事が早いではなく最速」という項目があります。スピード感をもって事業を推進することを意識するということは会社として浸透しており、それが案件募集の内容に繋がっている様に感じています。

カスタマーサクセスに関しても3人の方に相談。カスタマーサクセスもいろんな本は出てるんですけど、アメリカの事例が多いんです。「日本はそこまでいってないよ!」というのがあって(笑)。だから、実際にカスタマーサクセスを社内で立ち上げた人に、「立ち上げ期にひっかかることはなに?」「プロダクトマーケットフィットした時にどんな組織体制を作らないといけない?」とかリアルな経験談を聞きまくりました。1社では偏ってしまうので、複数の会社でヒアリングすると共通点が出てきて、参考にしました。

1つの事例ではなく複数の話を聞く中で共通項を見つけ出し、自分たちなりの標準化を図っていくプロセスは、サービスを作っていく中でも重要視しています。カスタマーサクセスの組織体制構築のお話に関しても、様々な企業規模で様々なサービスを担当する方にお話をお伺いする中で、「KMWにとって最良な組織体制はどの様なものか」を形成していっています。

ーナレッジ・マーチャントワークスさんは個人で行かれた方もすごい満足度が高いんです。
まず、お会いしたら必ずサービスについて丁寧に説明します。そうすると、共感してくれる人が多くて、深いところまで話せるんです。

KMWはスタートアップで当然知名度もないというのもあるんですが、自分達自身のことをきちんと伝えきるプロセスをとても重要視しています。自己開示してくれない人には心開けないですよね?それと同じだと思っています。
これはKMWでの採用活動でも大切にしている考えで、まずは包み隠さず全てをお伝えし、そこに対して興味関心を本気でもっていただいた方に、色々とお伺いをしていく中でマッチングを図るスタイルをとっています。

①導入背景 ②利用方法 ③記事の大事な部分の抜粋
を書いてまいりましたが、何かKMWらしさを感じ取っていただけるものはありましたでしょうか?

KMWでは、はたLuck®️Platformという店舗のサービスレベルの向上と、働く従業員のエンゲージメントの向上を目的としたプラットフォームを独自開発しており、
今後の構想において多くの方の考えやアイディアを伺い・肌で感じる中で、より価値の高いプラットフォームを最速・最短で構築にしていきたいと思っています。

2017年3年に創業をしたスタートアップである我々KMWが今後世界を本気で変えていくためには、
この想いに共感し、より情熱と戦闘力の高い集団になって行く必要があります。
そうです、“仲間”が必要です。

▼店舗サービス業を革新していく仲間を大募集! / カスタマーサクセス

カスタマーサクセス
カスタマーサクセス 店舗サービス業を革新していく仲間を大募集!
サービス業に特化した弊社独自開発プラットフォーム「はたLuck®️Platform」を通じ、店舗サービスの抱える課題を解決していきます。 2017年3月に生まれたばかりの新しい会社ですが、ミッションに共感した各領域における専門人材がKMWに集まり、店舗サービス業を「コンサル × Retail Tech領域」で革新していくための価値を創造し、提供しています。 ◆はたLuck®️Platformとは(https://kmw.jp/style/) (1)コンサルティング 顧客の高度な課題に対して、根本的な課題解決を行います。チェーンストア理論のパラダイム変革を主軸にしたコンサルティングの提供、“リベラルアーツ” “AI・IoTなどの先端技術” “カスタマーエクスペリエンス”を通じた人材開発プロジェクト「塾シリーズ」(※下記に詳細有)の提供等を行います。 (2)マーケティング 店舗を利用するお客さまから、サービス評価や購買履歴等のデータに対し、アプリを通じて収集し、店舗やブランドのロイヤルカスタマーになっていただくための施策を提供します。お客さまのリピートをいかに向上させ、ライフタイムバリュー(LTV)を長く構築できるか、また、お客さまのアクティブユーザー化に向けた施策立案等、新たなマーケティング方法を提供します。 (3)エンジニアリング 「はたLuck®アプリシリーズ」(※下記に詳細有)の開発を行います。サービス業の生産性向上に特化したアプリ・クラウドサービスの開発・提供、顧客マーケティングアプリや画像認識・AR・VR・MRによるカスタマーエクスペリエンス提供等、店舗サービスの革新を促す技術開発を担います。 (4)データアナリティクス 「はたLuck®」の各種アプリを通じて得られたデータを自然言語処理や機械学習によって分析し、店舗業務の最適化をアシストします。さらに、顧客から得られたデータや店舗内データの相関分析、カメラ画像の分析から、最適なサービスのあり方を提示するなど、データアナリティクスの範囲や分析方法を広げていきます。 ◆具体的サービス例 【幹部候補生向け 選抜型「塾」プログラム】 組織論をベースにしたマネジメント・リーダーシップ・組織変革といった管理職等に必要な研修プログラムを制作し、チェーンストア経営で拡大してきた企業の人材開発面を支援しています。 【店舗・職場開発アプリ「はたLuck®️」】 店舗マネジメントに関わるオール業務(店舗の人・仕事に関わる業務 ex.連絡ノート/シフト調整/日報/動画教育/賞賛風土の醸成/店舗コンディションの可視化)を1IDで支援します。「はたLuck®️」アプリを利用するユーザー(従業員)のデータをシームレスに連携することで、データを集積・活用し「生産性向上」「定着率向上」施策を提供しています。 ◆最後に・・・ KMWの強みは、専門性を磨いた各サービスを連携しあうことで更なる価値を提供できること。また、店舗サービス業に特化・精通することで、「業界ならでは」の背景理解から「あるべき未来の姿」を創造できること。 これがKMWの大きな強みです。 引き続き、KMWの独自開発プラットフォームの機能拡張と利便性向上を通じ、店舗サービス業で働く人々の価値に繋がるアイデアの具現化を通して、店舗サービスが抱える課題を解決し、働く人たちの心が満たされる支援をしていきます。
ナレッジ・マーチャントワークス株式会社

▼未来の幹部候補に事業推進をお任せ / 選考直結×実践型インターン

Sales
働き方の改革で社会貢献を果たしたい学生Wanted!!
ナレッジ・マーチャントワークス株式会社は、2017年3月に設立したRetail-TECHベンチャー企業です。 代表の染谷は、人材大手リクルートと、リンクアンドモチベーションを経験した組織/人材に強いコンサルタントです。 そんな弊社では、コンサルティングサービスの一環として、サービス業の店舗従業員のモチベーション状態や顧客体験(カスタマーエクスペリエンス)の達成度を可視化できるアプリ「はたLuck®️」を開発・運用しています。 →はたLuck®️とは(https://kmw.jp/#service) デジタル化が未だ進んでいない日本のサービス業界で「コンサル × IT」を実現し、働き方の改革を推し進める 弊社のミッションは多くの方から称賛されています。 →誰もが一度は入店したことがある大手企業が取引先8割強 ! ドトールコーヒー、イオングループ、J.フロント リテイリング等業界大手企業と取引中
ナレッジ・マーチャントワークス株式会社
ナレッジ・マーチャントワークス株式会社's job postings
19 Likes
19 Likes

Weekly ranking

Show other rankings