This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

未経験からエンジニアに転職・就職を活動するための4つのステップとは

こんにちは!KCCSキャリアテック採用担当です。

皆さんは、初めての業界や職種に転職する時、まず何から始めますか?

その業界や仕事の情報を収集したり、求人に応募してみたり、勉強したり など

その仕事に就くための行動は人それぞれ異なるかと思います。

今回は、未経験からエンジニアに転職・就職活動をするためのステップを4つほど

お伝えしたいと思います。

1.エンジニアを目指すきっかけを整理しよう

エンジニアになりたいと思った理由を整理する事でその理由に合う会社選びをするための準備をします。

なりたい理由を思い浮かべたら、その理由のきっかけを考えてみましょう。

きっかけとなった出来事などと紐付けると、イメージしやすいかと思います。

この整理をしておくと会社選びの基準にもなりますし、その後の面接でも役立つので

やっておいて損は無いです。

※現段階でぼんやりとしている方は整理する前に、イベントなどに参加してみるのも良いと思います。

KCCSキャリアテック主催でもミートアップでイベントを行なっておりますので

ぜひ参加してみてくださいね!


2.未経験から応募できるエンジニア求人を探してみよう

IT企業は大手企業〜中小企業まで数え切れないほど多数の企業が存在しています。

1社1社調べるのは膨大な時間を要してしまいますし、未経験から始めるとなると

調べるだけでは理解しきれないことも多々出てくる可能性もあるため、

まずは求人情報をみてみることをお勧めします。

未経験者向けに書かれている求人情報は比較的わかりやすく丁寧に書いてある募集が多いので

情報が収集しやすく、入社後のイメージもつきやすいです。

自分の働くイメージがもてる企業を見つけたらその企業HPも見てみるとより理解がしやすいと思います。


3.実際に応募して面談・面接を受けてみよう

Wantedlyの場合は、カジュアル面談と呼ばれるお互いの情報交換の場が設けられる事が多いです。

会社についての説明や募集している仕事の事などより詳細な情報を得る事ができるはずです。

実際の面接に進むのはその先のステップの場合が多いので、

気になっている事や仕事・会社について知りたい事は遠慮せずに積極的に質問してみると良いでしょう。

面談や面接を受ける際は、企業ごとにビジョンや会社の特色は異なりますので

1社にこだわらずいくつかの企業を訪問することもお勧めです。

面接を受けたいと思った際は、面談時にその後のフローも確認しておくとスムーズです。


4.内定をもらった後に考えること

面接を終え、内定をもらった後は、内定通知と同時に内定承諾期限を伝えられるケースが多いので

期限内に企業に返事をしましょう。もし、内定時に選考途中の企業がありその結果を待つ場合は、

通知をもらった際に企業にその旨もしっかりと伝えましょう。

正直、様々な企業の情報収集をし、面接を受けていると混乱してしまうこともあると思います。

もし、内定が出た企業で悩んでしまった場合、

一番最初に行なった「エンジニア目指したきっかけ」を思い出し、その企業があっているかどうか

立ち戻ってみると自分自身の判断の助けになると思います。

また、内定を出してもらった企業に内定理由を直接聞いてみるもの1つの判断基準として良いと思います。

転職や就職や自分の今後の人生を決める大きな分岐点であり、勉強と違い答えがないゆえに

悩むことや不安な事もたくさんあると思います。

悔いのない転職・就職をするための参考になれば幸いです。


KCCSキャリアテックでは、イベントや面談を通し一緒にキャリアを考えるお手伝いもしておりますので

エンジニアやITに興味がある方やIT業界への転職を考えている方はぜひ一度話を聞きに来てみてくださいね!



KCCSキャリアテック株式会社's job postings
5 Likes
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings