1
/
5

入社して100日、カイロスマーケティングの大好きな文化


みなさん、こんにちは。カイロスマーケティングで人事を担当している佐藤 史織(さとう しおり twitter @ssssato21)です。

カイロスマーケティングのミッション、「マーケティングを、もっと身近に。」に共感して、コーポレートチームに飛びこんできたのが2021年2月。はるか昔に感じます。

最初のお仕事は、こちらの記事を書くことでした。

入社して100日。たったそれだけの期間に、カイロスマーケティングはどんどん進化しました。変化のスピードについていくのに必死で、あっという間でした。飛ぶように過ぎていく日々の中で見つけた、カイロスマーケティングの大好きなところをご紹介します。


すごい勢いで人が増えている

この100日間で約10人ジョインしてくれました。オフィスでこの文章を書いている今、出社しているメンバーを見ると、2月入社、5月入社…と新しいメンバーだらけ。来月も再来月も入社予定の方がいらっしゃる。とにかくすごい勢いで仲間が増えていて、びっくりします。

これができるのは、みなさんの協力があってこそ。チームリーダーも、そして社長も、積極的に時間をとってくれています。リーダーたちからのお話では、こんなに詳しい会社の戦略まで教えてもらえちゃうの?!というくらい、内容の濃いお話を聞けるんです。

各チームでのオンボーディングも、どんどん進化しています。例えば、カスタマーサクセスのチームでは、入社半年のメンバーが今月入社したメンバーのメンターをしています。入社した時期が近いからこそ、入社したてで苦労したことを覚えている。聞く方も聞きやすいと思います。

新しい仲間が増えると、カイロスマーケティングが新しいことに挑戦できるようになります。Coffee Talk(リーダー会議のことをそう呼んでいます)の議事録を読むと、各チームが新しい挑戦をしていることがわかるんです。

「マーケティングを、もっと身近に。」するためには、もっと新しい挑戦が必要で、もっともっと仲間が必要。採用を頑張らなくては…と身が引き締まります。

みなさん、いい人すぎます…!

カイロスマーケティングのみなさん、いい人ばかり。全員がいい人でびっくりです。

入社してから、採用の広報を担当させてもらっています。会社の中の雰囲気を、社外に発信するお仕事。みなさんの協力がないと、進められないお仕事なんです。

インタビューを依頼すると「わたしで良ければぜひ!」と了承していただけます。プロフィール写真を送ってください!とみなさんにお願いすると、笑顔の写真が集まってくるんです。

オフィスでみなさんが働いている雰囲気を届けるために、最近はよく写真を撮っているのですが…カメラ初心者のわたしは構図に苦戦…。うなりながらレンズをのぞいていると、元写真部のメンバーがきてくれて、アドバイスもらえたりします。

いつもみなさんに助けていただいて、とってもありがたいです。

突然の誕生日会

また、「今、写真の撮り時だよ!!」とカスタマーサクセスのリーダーに呼んでもらって、慌ててカメラを担いでかけつけると…

ちょうどロウソクを吹き消しているところでした。5月生まれのメンバーをお祝いだそうです。果物が苦手なメンバーに合わせて、ホールケーキだけでなく、シュークリームやプリンも用意していました。

お祝いも、チームの全員が楽しめるように工夫して準備する。なんて素敵なチーム…と感動しました。

みなさん、なんて勉強熱心なんだ

遊ぶときは遊び、学ぶときは思いっきり学ぶ。カイロスマーケティングには、みんなの学びを応援する「読書支援制度」があります。

読書支援制度の概要
・ できるだけ仕事に関係する書籍であること(学習支援制度の位置づけ)
・ 500字以上の感想文もしくはまとめを書いて購入から1ヶ月以内に社内 Wikiに公開すること(社員全員が読めます)
・ 上記条件を満たしたら、書籍相当額を全額会社が負担する

制度の詳細はこちらの記事をお読みください!

日々、投稿されている読書感想文を読むと、みなさんの努力が伝わってきます。

月に何冊も何冊も読んで、感想文を投稿しているエンジニアも。しかも、感想文の分量がものすごい…成長への強い意志を感じます。また、個人での勉強にとどまらず、勉強会も開かれていて、積極的に学びを共有しています。

一人一人の成長が、そしてチームの成長が、会社の成長のレベルアップにつながっていく。みなさんの学びを応援できる制度、読書支援制度の他にも考えていきたいなと思います。

5分悩んだらすぐに聞く

会社全員が「マーケティングを、もっと身近に。」のために動いています。働いている時間はできる限りここに注ぎたい。

どう仕事を進めよう、難しいと思うことは日々あります。話しかけてもいいのかな、連絡してもいいのかなと躊躇する時間は、もったいない。1人の悩みをみんなで早く解決することで、チームとしてのパフォーマンスが上がる。「いつでも相談してね」と言ってくださる人ばかりなんです。

ちょっと相談したい…と思ったら「〇〇さんちょっといいですか?」とすぐに声をかけます。オフィスでは、ディスカッションしている様子をいたるところで見かけます。リモートワークの方とも、チャットツールを使ってすぐに相談します。

リモートで働いているメンバーの中には、1度も会ったことがない方も…。採用広報からのお願いごとをするために、初めまして…の方にもチャットで連絡。カイロスマーケティングの人だから、きっと温かい人なんだろうと思うので、心理的ハードルはないんです。

カイロスマーケティングには、ほとんど会議がないんです。それでも、滞りなく業務が進んでいます。それは、みなさんが適切な「報・連・相」をしているからなのかなと思います。

さいごに

「マーケティングを、もっと身近に。」同じミッションに向かっている仲間だから、お互いに協力するし、相手に無駄な時間を取らせない、自己研鑽して仲間と共有する。ミッションを共有できているからこそ、気持ちの良いコミュニケーションができるのかなと感じています。

わたしは採用担当として、毎日2,000以上の職務経歴書に目を通しています。「マーケティングを、もっと身近に。」していく仲間と、もっともっと出会いたい。そのために、わたしも挑戦し続けます。

※ 本記事はnoteより転載しています。https://note.com/kairosmarketing/n/ne05e80379a23

カイロスマーケティング株式会社's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more