This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

目指せスーパーモデル!!ca ca oの評価制度をご紹介

「○○にはスーパーモデルを目指して欲しい」「●●はモデルだね」
ca ca oの人事会議(人材開発会議)では真面目な顔でこんな会話が繰り広げられています。

創業して5年。国内外では高い評価を頂くca ca oですが、社員数は30名弱のスタートアップ企業。1人1人が強い情熱と責任を持ち、1人何役もこなしています。
だからこそ、しっかりと評価し、透明性のある制度を作る。そんな想いのもと、ca ca oのグレード制度は作られています。

初めての職種などチャレンジする期間は「トレーニング」=研修中
業務が責任を持って1人で完遂できるようになったら「プレーヤー」=1人前
みんなの模範になったら「モデル」
その更に上、会社全体の模範が「スーパーモデル」
事業創造できる、最高レベルが「クリエイター」
もちろん感覚値ではなく、しっかりと職種別に各グレードの定義を策定していますが、
社員が各グレードのイメージを持ち、上を目指したいという会話が日常的に生まれるために一見変わったネーミングとなっています。

グレードごとに変わるのは給料だけではなく、研修チャンスがあります。
ca ca oはJourney companyとの名の下、旅に出て様々なインプットをし、センスを磨き、
その結果としてのアウトプットの質を高め続けることを大切にしています。
プレーヤーになったら国内研修、モデルになったら海外研修(パリとコロンビア)の機会があり、
なんとクリエイターになったら研修費は全て会社負担!渡航費や宿泊費だけでなく、現地での体験費用(食事、アートなど)は全て会社負担というのがca ca oのこだわりです。
研修から戻ったメンバーはやっぱりすごく成長していて、よりイキイキとブランドづくりに取り組んでいます。

頑張って成長した分だけ給料も上がるけれど、
何より体験の幅が広がり、インプットの質と量が劇的に増える。その結果アウトプットが更に高まる。
これからの時代、スキルを高めて生活水準をあげること以上に
多くのものにふれ、美意識を磨き、知的水準をあげることこそが人材価値をあげ、生活幸福度をあげると考えています。

10月末にはモデルたちがパリへ♡
パリコレならぬ、パリショコラですが、みんなでアートに触れ、食に触れ、更にパワーアップして戻ってきます!

ジャーニーカンパニー's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more