This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

「仕事の報酬は“仕事”」 新たな価値を世の中に届けるためのサイクルのつくりかた

株式会社インティメート・マージャーが提供するIM-DMPというプロダクト。それを用いて、デジタルマーケティング推進のためのコンサルタント業務を中心に行っているのが、データストラテジックプランナーの大塚清貴です。大塚のこれまでの成長の軌跡とプロダクトへの想い、そして新たな目標をお伝えします。

「つくって終わり」そんなサイクルにもどかしさを募らせた前職時代

大塚が社会人になる2014年には、フリークアウト、VOYAGE GROUP、ロックオンなどの上場が相次ぎ、最先端アドテクノロジー企業の人気が出始めた時代でした。

そういった影響も受けた大塚が最初に就職したのは、アドテクの会社でした。入社後、受託開発を行う部署に配属され、アクセス解析ツールの開発案件に参画することになりました。

大塚 「前職時代は、システム開発の上流から下流まで、すべての工程に携わりプロジェクトの一連の流れを経験させてもらいました。
担当していたプロダクトはレガシーなシステムだったため、夜中から朝方にかけての障害対応が頻繁にあり、データベースやサーバー上で作業をする機会が非常に多かったです。おかげでエンジニアとしての基礎的な知識を学ぶことができたと思っています」

しかし、受託開発だったため、自社サービスではないプロダクトに対する物足りなさを感じていました。自分たち想いをかたちにできないことや、納品されたプロダクトがあまり利用されていないと感じることもあり、「価値を提供できているのか」ともどかしい想いを日々募らせるようになっていきました。

大塚 「都度都度、システムのアップデートはしていましたが、自社プロダクトではないため、検収して納品したその先にある利用状況や利用者の満足度を把握しきれず、本当のニーズを追うことができませんでした。
また、流行りの技術や仕組みを使う機会に恵まれず、新しいことへのチャレンジが少なかったこともあり、『価値ある仕事とは何か?』と考えるようになりましたね」

そんな大塚に、転機が訪れます。インティメート・マージャーに転職していた旧知の先輩より声がかかったのです。

最高のプロダクトとの出会いが大塚を変革させた

インティメート・マージャーは前職の社内でも、急成長し始めた会社ということで注目を浴びていました。そんな会社から声がかかり、IM-DMPというプロダクトの詳細を知ってからは、そのプロダクトにかける熱意を魅力的に感じていました。

大塚 「インティメート・マージャーが提供する IM-DMPは非常に魅力的でした。代表の簗島亮次と話をしたときに『データを使って意思決定のできる世界をつくりたい』という想いに強く共感したんです。
また、まだメンバーが少ない段階だから自分に裁量を与えられるという状況は自分が求めている環境でもあり、転職の決め手になりましたね」

膨大なデータを保有するプラットフォーマーである強みや、社内メンバーのアイデアマンと呼べるような人たちの熱量に惹かれ、2016年11月、大塚はインティメート・マージャーに転職することを決めました。それでも、転職して最初の頃は、右も左もわからない状態でした。

大塚 「最初は広告運用の業務に携わりました。そのころは Web広告がメインで、関連する専門用語も深く理解していませんでした。
ですが、先輩社員のバックアップ体制が万全であったり、挑戦的な案件を獲得してくる方がいたため新しい取り組みにメインで携われたりと、仕事の環境は非常に恵まれていたように思います」

前職とは違い、各人のPDCAのサイクルが早く、代表の簗島との会話で決まったことは即行動。スピード感の違いにも戸惑いを覚えつつも、チャレンジをさせてもらえる環境が大塚の成長に大きく結びつきます。

大塚 「本部長の村井浩起と一緒に行動することが中心でした。初めて取り組むことが大半だったので、わかる範囲で進めながら、判断がつかないことや不明点はすぐ尋ねるといったかたちで仕事を進めていました。
質問しやすい雰囲気と、村井が初心者丸出しの質問に対しても嫌な顔することなく丁寧に教えてくれていたのは、自身の成長につながりましたね」

次第にわかってきた「仕事の報酬は“仕事”」という理想のサイクル

昔、大塚は前職の先輩から「仕事の報酬は何か」という問いかけを受けたそうです。

大塚 「その時は、 “お金 ”って回答したんです。先輩にはめちゃくちゃ怒られてしまいましたよ。その先輩は、 “仕事の報酬が仕事 ”といえる状態が理想的だと言っていたんです。
『その状態は、自分の成長や会社の成長に繋がり、ひいては新しいことへのチャレンジ権を得られることに通じる』とも言っていました」

その言葉を受けても、すぐには納得ができませんでした。ですが、大塚はある難易度の高い案件と出会ってから、思い描いていなかったような大きな成長をすることとなりました。

大塚 「とある案件で、デジタルマーケティングの知識だけではなく、その裏側にある技術的な知識を求められるような、営業だけでは答えが出せない取り組みに関わりました。
自身で、提案書の作成から案件の運用・完結までのひと通りの流れを主担当として実践しました。そこで、今まで感じたことがなかったやりがいや、自分自身の価値の高まりを感じることができたんです」

そして大塚はインティメート・マージャーで経験を積み、30歳という節目を迎えるタイミングで先輩の言葉を実感し実現しています。

大塚 「入社当初は、『データを広告配信に使う』といった、決められた型にはめ込んだ取り組みが多かったです。
今では課題解決のためにどうデータを使うか提案したり、 IM-DMPが保有するデータを仕入れるためのメディアリクルーティングを行ったりと、業務領域が広がって、自分の仕事に広がりが生まれ日々の仕事が楽しくなり、やりがいも生まれました。
まさに先輩の言っていた通り『仕事の報酬が “仕事 ”』になりだして、とてもいいサイクルに入ったな、と感じています」

そのいいサイクルに入り、自身の将来の目標といったものが、しっかりと輪郭を成すようになりました。

これからは“個人”から“チーム”へ 新たな価値を届けるために

徐々に現実的になってきた自身の目標を達成するために、個人の貢献からチームの貢献へスイッチしていく必要があるとも考えているようです。自身がインティメート・マージャーに転職してからチームワークの存在を強く感じています。

大塚 「今までは “個人 ”としてスキルを磨き、自分の担当領域を増やして会社に貢献していきたいという考えでした。ですが、今後は会社の成長に合わせて個人だけの価値創出ではなく、 “チーム ”としての価値も創出していきたいと考えています。
チームワークは自分が発想に至らない回答を見せてくれます。そのためのチームづくりの一環として、後進の育成にしっかりと力を入れていきたいです」

2019年現在、インティメート・マージャーは広告業界の領域以外にも大きく展開を目指して活動をしています。そんななかで大塚は自身の目標を実現するために、新業界への進出の中心人物として尽力したいと話します。

大塚 「データを活用した施策の選定などができていない業界は、まだたくさんあると思っています。そういった業界に当社のデータを利活用することで『攻めの業務(集客等)』と『守りの業務(コストカット等)』が同時に行えるといった点は、純粋に会社としての魅力であると考えています。
このように価値あるものを、しっかりと世の中に届けていける仕事をするのが今の目標です。新しい価値をリリースしていくことでもっと世の中をよくする事ができる。そんな仕事は、自分にもっとやりがいを与えてくれるはずです」

新たな仲間を増やすことを目指しながら、今後も新しい価値を創出していくために、大塚は新たなサイクルへと進んでいます。

株式会社インティメート・マージャー's job postings

Weekly ranking

Show other rankings