1
/
5
This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

【内定者インタビュー企画】ストアフロント 営業企画グループで働く西村さんに話を聞いてみました!

こんにちは!21卒内定者の都澤です。

今回は私が就活中にお世話になったリクルーターであり、インタースペースの子会社株式会社ストアフロント 営業企画グループで働かれている西村さんにインタビューさせていただきました!

西村さんは、僕と同じ大学出身で地元も一緒という共通点があり、就活時期に大変お世話になりました。

そんな西村さんに、リクルーターとしての想いや大切にしていることなどをお伺いしました!

リクルーター制度とは、人事ではない現場社員が新卒採用に参加し、就活生のみなさんの良き相談役として、就職活動を支援する制度です。

Win-Winへの共感と同時にこの輪を促進、拡大していきたい

ーまずは、西村さんの経歴について教えてください!

2018年に株式会社インタースペースへ新卒として入社しました。現在は、株式会社ストアフロント営業企画グループで働かせていただき、リクルーターも担わせていただいています。

ー新卒でなぜインタースペースへの入社を決意されたのですか?

そもそも就活の軸として、「多種多様な業界と関われる」「取り扱っている商材が無形商材」「裁量権の大きさ」「ベンチャー思考」という4つの軸がありました。この軸で会社探しをしているときに、インタースペースに出会ったんです。

入社を決めた理由は大きく3つあります。

1つ目に、「Win-Winという理念への共感」です。Win-Winという価値観は、簡単なようでとても難しいことだと思います。そのような中で「Win-Winをつくり、未来をつくる」という理念を掲げ、事業を行っていることにものすごく魅力を感じました。

2つ目に、理念の浸透です。お会いした社員のみなさん全員、ミッションと一貫したエピソードを話してくださり、浸透度の高さを感じたことが印象に残っています。

就職活動を通してたくさんの企業との出会いがありましたが、そのなかでも特に浸透度が高いと感じ、会社の強さだと思いました。

3つ目に、社員の方のあたたかさです。僕のことをサポートしてくれた人事とリクルーターの方とのやりとりを見ていて、部署が違ってもすごく仲が良かったことが印象的でした。話を聞いていてものすごくあたたかさを感じました。

―丁寧にありがとうございます。僕も同じように理念や社員のみなさんの魅力にすごく惹かれ、入社を決意しました!では、そのような入社経緯を持つ中で現在はどのような業務を担われているのですか?

株式会社ストアフロント営業企画グループでクライアントの新規営業と広告運用を担っています。新規営業としては、店舗型アフィリエイトサービスを携帯ショップや美容室に向けて行なっています。

クライアントの広告運用では、収益を最大化するためのマーケティング戦略を行なっています。

ー業務を行ううえでどのようなところにやりがいを感じますか?

新規営業のやりがいは、クライアントに価値を感じていただき契約できたときですね。クライアントの広告運用に関しては、自身が考察したものとクライアントのニーズが合致したときです。

自身がたてた戦略が成功し、クライアントの利益・インタースペースの利益になることで自信にもつながっています。

リクルーターを経て、学生と共に成長する

ーここからは、リクルーターというテーマについていくつか質問させていただきたいのですが、西村さんがリクルーターを引き受けたのはなぜだったのでしょうか?

リクルーターをやりたいと思った理由は、就活当初のビジョンが関係しています。僕は、将来教師になりたいと考えていました。

「良い教師とはなにか?」を考えた際に、学生の求めることを適切に教えることができる教師になりたいと思ったんです。

社会人を経験した教師ってなかなかいないじゃないですか。学生たちの夢や教育を本気で考えようと思ったときに、社会人経験がある教師であれば具体例を用いた適切なアドバイスができるのではないかと思いました。

インタースペースに入社したことでマーケティング能力を鍛えられているので、同時にリクルーターを担うことでマネジメント能力を身につけようと考えたのがきっかけです。

ーリクルーター活動のやりがいや魅力はどこに感じますか?

大きくは2つです。

1つ目に、多くの学生と触れ合うことができるので、フレッシュな意見や新たな発見に触れることができます。自身も働くうえで初心に帰ることができるので、僕も成長させていただいています!

2つ目に、採用は全社で行うものなので他部署との交流が増えるんです。ですので、部署を超えたコミュニケーションが取れます。個人としても、会社としても組織力を高めることができています。

ー実際にリクルーター活動をやってみて感じることはありますか?また、どういう想いをもって取り組まれていますか?

まず、リクルーター活動をやってみて感じることは、出会う学生にとっては僕個人が会社のイメージになってしまうので、大きな責任があるなと感じています。

そのため、「正直に学生と向き合うということ」また、その学生が「インタースペースに本当にマッチしているか」を常に念頭においています。

ミスマッチが起きてしまう=Win-Winではない状態なので、学生のビジョンや価値観に向きあうようにしています。

また、社会人になったからこそ感じるのですが、新卒が会社に与えてくれる影響ってとても強いんです。だからこそ、就活生の夢や価値観を尊重しつつ、マッチングする学生にはぜひインタースペースで共に戦っていきたいという想いをもって向き合ってきました。

ーリクルーターをするうえで大事にしていることはありますか?

まず、絶対に「否定しない」ということです。就活に正解はないと思いますし、就活生が想っていることや描いていることとのすり合わせが自身の役割だと思っています。

また、「アドバイスしない」ということも大事にしています。

学生の頃ってやっぱりアドバイスをされるとその通りに行なってしまうことが多いと思うんですよね。だからこそ、僕は自分からはアドバイスはあまりしないようにしています。

ーなるほど。でも、自分でも自分のことがわからないという学生や悩んでいる学生も多いと思うのですが、そういう学生と向き合う場合はどういう風に接しているのですか?

少し厳しい意見かもしれませんが、「自分のことが分からない=自分に向き合っていない」だと思うんですよね。ですので、自分がわからないという方に対しては自己分析が進むように質問攻めをしています。(笑)

ーそこまで学生に向き合っているのは西村さんのなかで何か大事にしている価値観が関係しているんですか?

これは、ずっと大事にしている考えなのですが、「頼られたときには120%で返したい」と思っています。

ーだから、私にもすごく真摯に向き合ってくれていたんですね。本当にその節はありがとうございました!

目の前のことに全力で取り組み、良い影響を与え続ける

―西村さんの今後の目標・取り組みについて聞いてもいいですか?

自分と関わった人に対して、良い影響を与え続けられる人物になっていきたいです。また、自分と関わった人も周りにいい影響を与えられる人物になれるよう、その輪を促進させていきたいですね。

そのためにも、出会う学生1人1人に向き合うことで、プラスの要素を少しでも与えられるように取り組んでいきたいです。

また、私は逆算できる人間ではないので目の前のことに全力で取り組んでいきたいと思っています。そして、チャンスがきたときに掴める準備は常にしておきたいです。

ー最後にこの記事を読んでくれている学生にメッセージをもらってもいいですか?

簡潔に伝えたいことを述べると、就活は、自分との闘いです。他の人と比べず、自身と本気で向き合うことから逃げないで欲しいと思います。

インタビューありがとうございました!

リクルーターとしての想いや大切にしている価値観などコアな部分に触れることができ、魅力的なお話をたくさん聞くことができました。

この記事を読んでいただいているみなさんにインタースペースの魅力、西村さんの魅力が伝わっていたら幸いです!

株式会社インタースペース's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings