1
/
5
This page is intended for users in Singapore. Go to the page for users in United States.

【内定者インタビュー企画】メディア&ソリューション事業部で働く西本さんに話を聞いてみました!

こんにちは。21卒のインタースペース内定者の谷井です。今回はインタースペースでメディア運営に関わりながら、リクルーターとしても活躍されている西本さんにお話をお伺いしました。

インタースペースでは人事だけではなく、多くの社員がリクルーターとして就活生と直接面談を行って、就職活動へのアドバイスや自社の紹介を行っています。

実際にリクルーターとして活躍されている西本さんがどういう想いで学生と接しているのか、リアルな声をお届けします。

リクルーター制度とは、人事ではない現場社員が新卒採用に参加し、就活生のみなさんの良き相談役として、就職活動を支援する制度です。

変化し続けた働き方

―インタースペースで働かれる前はどのようなお仕事をされていましたか?

大学卒業後は基幹業務系ソフトの導入、開発を行っている企業に入社し、営業コンサルとして働いていました。その後は編集プロダクションへの転職を経てフリーランスとして独立し、コンテンツ制作やディレクション、メディア分析の仕事を3年ほど行っていました。

―フリーランスをやめ、もう一度企業で働こうと思ったのはどうしてでしょうか?

独立経験が長引く中で、自分のマインドが「できることから選ぶ」という方向に偏ってきたことを感じ、それを是正したいと思ったからです。

企業は発注ミスをしたくないのでフリーランスに対し「相手ができそうなこと」を見極めて依頼しますし、フリーランスは企業に対し遂行義務があるので「できる自信があるもの」のみを受注するようになります。このお互いのスタンスは「チャレンジ」からかなり遠いものですよね。

自分の得意領域を見極めて「最速で処理できる案件を高速で回す」というのは個人の“稼ぎ方”としては今でも間違っていないと思います。ただ、“技術的成長”をする機会が失われやすいこの構図に身を置き続けると、いずれ市場価値がなくなるだろうなと危機感を感じていました。

ここから脱しようという思いと、「そろそろ組織で働きたいな」という思いが相まって再度企業に入ろうと思うようになりました。


―その中でインタースペースへの入社を決めたのはなぜですか?

会社に入り直すことを決めた際、「フリーランスとは違う働き方・アウトプットが出せる」「過去の経験を生かし所属会社に貢献することができる」という2軸を重視したいなと考えていました。そのタイミングで声をかけてもらえたのがママスタセレクトの営業兼ディレクターというポジションだったんです。

僕は大学時代に未就学児のお子さんを持つママを支援するNPO法人で働いていたのですが、当時は「疲れたママに仮眠してもらうためにお子さんのお世話を代行する」など、1対1の支援しかできないことにもどかしさを感じていました。

その経験を思い出したときに「Webメディア業界で経験を詰んできた今なら、昔と違い多くのママに対して支援ができるかもしれない」と感じ、入社を決断しました。

―入社後はどのようなお仕事をされていますか?

入社直後はママスタセレクトのタイアップ営業やコンテンツ制作などを行なっていましたが、複数のメディアに関わる時間が増え、入社1年後に横断的にマーケティングを行うメディア戦略室へ配属されました。

現在は、入社直後に所属していた部署の「メディア編集グループ」に戻り、メディア戦略室で担当していた横断的なマーケティングを継続しながら、mofmoKOIMEMOでメディアディレクターとして動いています。

リクルーターとして学生と向き合う

―リクルーターとしてこれまでどのような活動を行なってきましたか?

リクルーターになった2019年夏から、インタースペースを志望している学生との面談や配属前の新入社員とのランチ会などをしてきました。

基本的にはメディア事業への配属を志望している学生との面談になるのですが、他の部署やインタースペース全体についての質問もあるので、人事の方々に情報共有の支援などを受けながら採用活動に携わってきました。

―リクルーターになろうと思った理由はなんですか?

前職で採用に携わらせていただいていたこともあり、リクルーターにはもともと興味がありました。普段の業務領域と異なる立場に関わることができるのは貴重な経験ですし、活動を通して自身の会社に対する理解も深まると思い、リクルーターとして活動することを決めました。

出し惜しみせず、学生のキャリアに正直に寄り添う

―これまで多くの学生と面談されたと思いますが、学生と実際に話すうえで心がけていることはありますか?

一番心がけていることは、正直に話すことです。

採用権限がないからこそ、リクルーターはフラットな状態で学生に寄り添うことができます。入社後のミスマッチは双方にとって不幸となってしまうので、学生、会社の両者が良い判断をできるよう、出し惜しみせずありのままを伝えることを心がけています。

―どうして正直に接することを大切にされているのでしょうか?

重要なのは「インタースペースに入社させること」ではなく、「学生にとって1番良いファーストキャリアを選んでもらうこと」だと思っています。

採用活動に対する考え方や価値観は立場によって異なると思うのですが、学生にとって重要なのは「選んで良かったと思える会社に入る」ということ。この一点だと僕は考えています。

だからこそ、客観的な立場に立ち、インタースペース以外の選択肢も頭の片隅に置きながら学生が自身にとって最善な選択に辿り着けるよう支援することを心がけています。

―リクルーターは自社のいいところを伝えるだけではなく、学生にとって最もいい選択肢がなんなのか考える、学生に寄り添う存在なんですね。

リクルーターの経験から得たもの

―リクルーターの活動を通して得られたものは何かありますか?

今まで関わる機会の少なかった採用という領域を実務を通して深掘ることができました。

学生と実際に話すことはもちろん、採用課題について人事やリクルーター同士で議論したり、社長や各事業部長からどんなスタンスで採用をしているのか聞けたりと貴重な体験ができました。

リクルーターを経験しているのとしていないのでは、業務の中で見えてくる人事領域への目線や解像度が全く違ったと思います。

―その観点は、実際にお仕事にも活かされているものなのでしょうか。

もちろんです。メディアは社外パートナーさんの方とお仕事させていただくことが多いのですが、採用でも重要な「ミスマッチをなくす」という観点でとても役立っています。

この人はなにをモチベーションに仕事をしているのか、どの観点を大切にしているのかなど、相手のスタンスを知ろうとし寄り添う努力をすることでお互いにとってWin-Winな環境をつくることができると考えています。

―まさしくWin-Winを生み出す考え方ですね。

就活生に伝えたいこと

―最後に、就活生に向けてメッセージをお願いします。

個人の意見ですが、ファーストキャリアで大事なのは一緒に働く上司や仲間です。

物理的・市場的な環境が整っていたとしても、人間関係や組織風土が合わなければせっかく選んだ職種や業界自体を嫌いになってしまうかもしれません。それはちょっと悲しいですよね。

だからこそ、実際に社員と話す中でなにか違和感を感じるのであれば、その違和感を大切にして、「自分にとって働きたいと思える環境か」と自問自答してみてください。

―働く環境もちろんですが、共に働く社員をしっかりとみて、自分にとっての最適な選択をして欲しいという素敵なメッセージですね。

インタビューありがとうございました!

インタースペースではリクルーター制度を通して、多くの社員が採用に携わっています。

昨年就職活動を行なっていた私もリクルーター制度を利用した1人ですが、学生1人1人に正直にそして誠実に向き合ってくださり、キャリアに真剣に向き合ってくださっているのを肌で感じました。

まさに、どのような場面でもWin-Winを体現している企業ですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

株式会社インタースペース's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more